固定回線のイマドキ事情解説!

1人当たりの平均データ通信量が急増中!ここ3年で3倍に!

国内でのインターネット利用時に使用する「データ通信料」がここ3年で3倍に増えているのを皆さんご存知ですか?その要因として考えられるのは以下の3つ。

スマートフォン、タブレットの普及

ネットを活用した機械の増加(Iotなど)

アプリゲームや動画・SNSなどの大容量
コンテンツの拡大・普及

このように、データ通信量が増えても利用する装置を増やすことができないため装置はパンク状態に・・・!NTTが決めた基準を超えない限り、混雑しているだけでは増設は一切されないようです。その結果、利用者(利用料)が増える夜間帯の速度低下や、全体通しての通信速度が遅くなっている原因につながっている可能性があります。

携帯セット割・光コラボの開始で加入者数が増加中!!

推測・予測 参照:https://www.m2ri.jp/news/detail.html?id=243

2015年3月以降、それまで光回線を利用していなかったユーザーが光回線に続々と加入し契約者数が増加。その要因として考えられるのは以下の2つ。

光コラボレーションの提供開始(ドコモ光など)

光コラボレーションの開始に伴い
携帯料金からの割引が可能に

NTTと直接契約し、NTTからサービスを受ける

NTTの光 + A社ならではのサービスをつけて
A社が提供(回線はNTT)

回線はNTTと一緒なため、速度や安定性もそのままです。

NTTの回線を、プロバイダなどの各事業者が借り受け独自のサービスなどを付加して各社の"ブランド"として販売するモデルのことです。プロバイダと回線が別々の契約が必要だった今までとは違い一本化されたサービスでもあります。(例:ドコモ光・SoftBankAir光・BIGLOBE光など)

今まで

現状

上の図のように、利用者が増えても利用できる装置の数が変わらないという仕組みのため、装置内が利用者であふれ、飽和状態に・・・。そのため速度低下の症状として現れている可能性があります。

実は知らない人が多い?光回線が自分専用ではない!

12部屋のマンションの場合ここでも12分岐されるため、最終的に実質3.25Mbpsに・・・。

「固定回線=自分だけの専用回線」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?実は上のイメージ図のように仕組み上分岐が複数あり、それらが影響している可能性もあるようです。まず建物に引き込む前の段階で「最大32分岐」しており、1Gbpsに対応していても32分岐していることで単純計算で1戸39Mbps割り当てになるといったイメージになります。

※あくまでも理論上の計算に基づく

ホームタイプ(戸建て)の場合

32分岐された後に宅内へ引き込みするため、最大1Gbpsに対応している回線でも単純計算で1戸39Mbps割り当てになるイメージです。そのため速度が思いのほか出ないといった可能性があります。

マンションタイプ(集合住宅)の場合

建物内の1つの装置へ引き込まれてから各部屋へ分配されているため、部屋数が多い建物やネット利用者が多いマンションの場合は装置内が混雑し、速度低下につながる可能性があります。また、同じマンション内にヘビーユーザーがいると、自分はそれほど利用しなくても影響をダイレクトに受けることになります。

※集合住宅内に12部屋あることを仮定した場合の数値になります。

参照:https://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20171130_01.html

2023年1月31日をもってNTTが提供する「ADSL」の提供が終了します!そのため現在ADSLを利用されてる方は他回線への乗り換えが必要に。今のうちから乗り換えを検討されることをおすすめいたします!

結果発表

固定回線の通信速度は自分以外の利用状況の影響を受ける可能性有 結果発表

WiMAXの通信速度は自分以外の利用状況や環境の影響を受けない 結果発表

固定回線の仕組みはご理解いただけたかと思います。こういった仕組みで通信速度低下に繋がってる可能性があるのではないでしょう?その点WiMAXは仕組みが異なるため、自分以外の人のデータ利用量や装置の影響を受けて速度が遅くなることはありません!これを踏まえて、これからの時代は断然WiMAXをオススメします!

お乗換えでお悩みの方は
お気軽にご相談ください!

お客様のご利用予定に合わせ
最適なプランをご提案させていただきます!

Webからのお申込み・お問合せ

Webお申込みで初期費用0円キャンペーン実施中!

お電話でのお申込み・お問合せ

オペレーターに電話で相談する

おすすめトピック!

さらにBroad WiMAX のお得で魅力的な情報をご紹介!

特集一覧を見る

かんたんお申込み・お問合せ窓口

Webからのお申込み・お問合せ

Webお申込みで初期費用0円キャンペーン実施中!

お電話でのお申込み・お問合せ

オペレーターに電話で相談する

Broad WiMAXは英語のコールセンターがございます。詳しくはコチラ

* 月額料金とは別に初期費用が発生いたします。

※1 2017年6月 自社調べ

※2 下り最大758Mbps・上り最大112.5Mbpsは、ハイスピードプラスエリアモードご利用時の下り最大速度です。
東名阪の一部エリアで提供中。下り最大300Mbps対応エリアは対象外です。
表記の速度はシステム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により異なります。実際の通信速度は通信環境や混雑状況に応じて低下します。

※3 当日発送は平日13時までの受付分となります。
日曜・祝日は配送を行っておりません。土曜日に即日発送ご希望の場合はお電話にてご確認お願い致します。
お申込内容により本人確認書類のご提出が必要でございます。確認出来次第の配送となりますのでご了承ください。
申込の混雑具合・審査・在庫の状況により、即日発送ができない場合もございます。予めご了承ください。
商品の営業所止め・転送を犯罪抑止のため、不可とさせていただいております。

※4 料金プランに関わらず、混雑回避のための速度制限(3日間で10GB以上利用時)があります。

[ 通信制限がかかった場合 ]

通信制限に関してはこちらよりご確認ください。

※5 2015年 オリコン日本顧客満足度ランキング モバイルデータ通信部門 総合1位。

※6 UQコミュニケーションズ(株)およびMVNO各社がUQ WiMAXを利用して提供するBWAサービスの契約数。