WiMAXのプラスエリアモードとは?追加料金はかかる?無料で使えるプロバイダーはここ!

免責事項
情報の更新を心がけておりますが、最新情報と異なる可能性がございます。最新情報は各サイトにてご確認ください。このページはアフィリエイトにより収益を得る場合があります。広告を含む商品・サービスには「PR」と表示します。

2021年4月にスタートしたWiMAX +5Gでは、有料オプションとして「プラスエリアモード」を提供しています。圏外になりがちな場所でも通信できる可能性が高まる便利な機能です。

編集部

プラスエリアモードは、月に1度でも利用すると月額料金に追加で1,100円が発生するので慎重に使っていきたい機能です

しかし、いざというときのために知っておくと非常に役立ちます!

そこで本記事では、プラスエリアモードとはそもそも何か、どうやって設定するのか、プラスエリアモードの使えるオススメのWiMAXはどれかを解説します。

目次

WiMAX +5Gのプラスエリアモードとは

WiMAX +5Gのプランで利用できる有料オプション「プラスエリアモード」。利用料はプロバイダーごとに異なりますが、月額1,100円(税込)です。

これをオンにすると通信エリアが拡張され、標準モードでは圏外だった場所でも通信可能になる確率が上がります。

プラスエリアモードで通信できるエリアは、au回線の「プラチナバンド(700~800MHz帯)」です。障害物に強いプラチナバンドの電波は、屋内や建物の陰といった圏外になりがちな場所にも届きやすいと言われています。

そのため、スタンダードモードでは電波が届きにくい場所で通信したい方にはぴったりの機能です。

スタンダードモードとの違いは?

「スタンダードモード」はWiMAX +5Gの標準モードです。有料のプラスエリアモードとは違い、追加料金を払うことなく利用できます

スタンダードモードとプラスエリアモードの主な違いを表にまとめました。

スタンダードモード通信エリアWiMAX2+/au 4G LTE/au 5G
月間データ容量制限なし(※1)
プラスエリアモード通信エリアau 4G LTE/au 5G(※2)
月間データ容量15GB

スタンダードモードは月間データ容量無制限(※1)ですが、プラスエリアモードには月間30GBの容量制限があります。この容量を超過すると、当月末まで通信制限がかかるので気を付けてください。

制限時の通信速度は送受信最大128Kbps(※3)です。メッセージの送受信は可能ですが、動画を視聴したりオンラインゲームをプレイしたりするのは難しいでしょう。Webサイトの閲覧も表示するページによっては厳しい可能性があります。

とはいえ、通信制限がかかるのはプラスエリアモードだけです。スタンダードモードに切り替えれば、通常通りの通信速度に戻ります。安心して使ってくださいね。

(※1) ネットワーク混雑回避のため、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、ネットワークが混雑する時間帯に通信速度を制限する場合があります。
(※2) 700~800MHzの高速通信帯で利用可能。
(※3) 記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。

ハイスピードプラスエリアモードとは別物

「プラスエリアモード」をネット検索すると、「ハイスピードプラスエリアモード」に関するサイトがたくさんヒットしますよね。

この2つは名前こそよく似ていますが別物です。そもそも両モードは対応している料金プランから異なります。

WiMAXの通信環境をつながりやすくするという機能では同じですが、WiMAX +5Gプランでの名称が「プラスエリアモード」。

5Gではない、WiMAX2+プランでの名称が「ハイプラスエリアモード」となります。

プラスエリアモード ハイスピードプラスエリアモード
概要 au 5G対応(※1)のWiMAX +5Gの有料オプション au 5G非対応のWiMAX 2+の有料オプション
対応する料金プラン ギガ放題プラス ギガ放題
通信エリア au 4G LTE/au 5G(※2) au 4G LTE
月間データ容量 15GB 7GB
月間データ容量超過時に標準モードが制限されるか 制限されない 月末まで制限される(※3)

プラスエリアモードとハイスピードプラスエリアモードでは、難しい比較をするまでもなく、明らかにプラスエリアモードの方が優れていますよね。

なお、現在の主流プランはWiMAX +5Gのギガ放題プラスプランです。一部のプロバイダーでは、すでにWiMAX 2+のギガ放題プランの新規受付を終了しています。

(※1) 現在、5G提供エリアは一部に限定されております。
(※2) 700~800MHzの高速通信帯で利用可能。
(※3) 送受信最大128kbpsに制限されます。

WiMAXのプラスエリアモードへの切り替え方法

WiMAXのプラスエリアモードへの切り替え方法

プラスエリアモードへの切り替えは簡単です。使用中のWiFiルーターの通信モードを変更すれば、すぐに切り替わります。プロバイダーに特別な申請をする必要もありません。

プラスエリアモードへの切り替えができるホームルーターやポケットWiFiは次の通りです。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi Speed Wi-Fi 5G X11 Speed Wi-Fi HOME 5G L12 ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11
区分 ポケットWiFi ポケットWiFi ホームルーター ホームルーター
メーカー SAMSUNG NEC NEC ZTE
寸法(幅×高さ×厚さ) 約W147×H76×D10.9㎜ 約W136×H68×D14.8㎜ 約101×179×99㎜ 約W70×H182×D124㎜
重量 約203g 約174g 約446g 約599g
充電時間 TypeC 共通ACアダプタ01 約160分 非公開
バッテリー容量 5,000mAh 4,000mAh
バッテリー使用時間 連続通信時間 : 約1,000分(初期設定時)
連続待受時間 : 約790時間(初期設定時)
連続通信時間:約490分(初期設定時)
連続待受時間:約400時間(初期設定時)
ディスプレイ TFT タッチ5.3 インチ 2.4インチLCD QVGA(320×240ドット)
最大接続数 10台 16台 40台 30台

ポケットWiFiルーター Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの切り替え方法

Galaxy 5G Mobile Wi-Fiは、全面がタッチパネルとなりスマホのような使用感のポケットWiFiです。Galaxy 5G Mobile Wi-Fiのスタンダードモードとプラスエリアモードを切り替え方法を紹介します。

1,ホーム画面から通信モードをタップする

引用元:uqwimax

2,通信モードをタップする

引用元:uqwimax

3,プラスエリア(+A)をタップし、注意事項を確認したらOKを押す

引用元:uqwimax

スタンダードモードに戻す際も同様の手順で行います。

ポケットWiFiルーター Speed Wi-Fi 5G X11の切り替え方法

Speed Wi-Fi 5G X11は、ボタンと画面が付いたポケットWiFiでGalaxy 5G Mobile Wi-Fiに比べて軽さくて小さいのが魅力です。Speed Wi-Fi 5G X11のスタンダードモードとプラスエリアモードを切り替え方法を紹介します。

1,ホーム画面で▲か▼ボタンを押す

2,クイックメニューを選択し、●(電源・決定ボタン)を押す

3,通信モードを選択し、●(電源・決定ボタン)を押す

4,+Aモードを選択し、●(電源・決定ボタン)を押す

最後に、通信モード切り替えに関する確認画面で「はい」を選べば、通信モードが切り替わります。

スタンダードモードに戻す操作もほぼ同じです。「通信モード」の画面で「スタンダードモード」を選べば切り替わります。

ホームルーター Speed Wi-Fi HOME 5G L12の切り替え方法

Speed Wi-Fi HOME 5G L12は、工事不要でコンセントにつなぐだけで使える5G対応ホームルーターです。

プラスエリアモード本体背面にある「Mode」ボタンを2秒以上長押しして指を離せば、約5秒後にプラスエリアモードに切り替わります。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12の正面のModeランプが緑点灯ならスタンダードモードですが、オレンジ点灯ならプラスエリアモードに切り替わっています。

スタンダードモードに戻すときの操作も同様です。

ホームルーター ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11の切り替え方法

ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11は工事不要の高速通信が可能なホームルーターです。

本体背面にある「Mode」ボタンを2秒以上長押しすることでプラスエリアモードに切り替わります。スタンダードモードに戻すときの操作も同様です。

現在のモードを確認するには、本体正面のMODE/UPDATEランプの色を見ましょう。

緑点灯ならスタンダードモード、オレンジ点灯ならプラスエリアモードに変更されています。

プラスエリアモードを利用する際の注意点は?

プラスエリアモードを利用する際の注意点として次の3つが挙げられます。

  • 誤動作でも月に1度でもオンにすると料金がかかる
  • プラスエリアモードの通信制限は当月末まで続く
  • オプション料金がかかる

それぞれ解説していきます。

誤動作でも月に1度でもオンにすると料金がかかる

プラスエリアモードは月に1度でもオンにすると料金が発生してしまうため、誤操作には十分注意してください。

Speed Wi-Fi 5G X11では、プラスエリアモードの利用を制限することができます。

Webブラウザで「http://192.168.179.1/」(クイック設定 Web画面)にアクセスし、管理者パスワードでログイン。「ネットワーク設定」の「基本設定」を開き、「基本設定」欄にある「プラスエリアモード規制」を「ON」にしましょう。

これで誤操作によるプラスエリアモードの利用を防ぐことができます。

プラスエリアモードの通信制限は当月末まで続く

プラスエリアモードを使った通信量が30G/月を超えると、通信制限がかかります。(通常モード使用時の通信量はカウントされません。)

通信制限は当月末まで続き翌月1日に順次解除されます。残念ながら、この日を待つ以外に制限を解除する方法はありません。

スマートフォン向けの料金プランの場合、データ容量を追加購入することで通信制限を解除できることもありますが、WiMAXでは不可です。月が切り替わるのを待ちましょう。

しかし、スタンダードモードは制限の対象外ですから、通常通りの速度で通信できます。少し不便になってしまうかもしれませんが、プラスエリアモードの制限後はスタンダードモードを利用してください。

オプション料金がかかる

プラスエリアモードの利用は、基本的に月額1,100円かかります。

毎月利用すると、1,100円×12か月=13,200円と1年間で見ると13,200円は大きな出費になります。

プラスエリアモードを利用する予定がある場合は一部無料で利用できるプロバイダーを選ぶといいでしょう。

プラスエリアモードが使えるおすすめWiMAXプロバイダー6選

以下6つのプロバイダーでは、特別な手続き不要でプラスエリアモードを利用できます。

通信環境が快適になるWiMAXのプラスエリアモード。
一時的に速度が欲しい時や山間部などではこのオプションが使えると便利ですよね。

2024年2月現在、プラスエリアモードが使えるWiMAXは、BroadWiMAXがおすすめですよ! 学割も適用できるので新生活でWiFiを探している人にもピッタリ!

それぞれのプロバイダの特徴をまとめたのでひとつずつ解説していきまますね。

①学割&他社からの乗り換え費用も補填できる!Broad WiMAX

TOPページはこちら
契約年数 2年
月額料金 1ヶ月目:1,397円
2ヶ月目以降:3,773円
事務手数料 3,300円
端末代金なし
2年間の実質月額4,461円~
2年間の総額111,534円~
支払い方法クレジットカード・口座振替
違約金0~24ヵ月目:4,818円
25カ月目以降:0円

月額料金も業界最安級(※1)のBroad WiMAX
毎月の通信費をできるだけ節約したい方には打ってつけのプロバイダーです。

また、Broad WiMAXは、クレジットカード払いと口座振替の両方に対応している数少ないWiMAXプロバイダです。

クレジットカードを持っていない方や、WiMAXの支払いにクレジットカードを使いたくない方にもぴったりのプロバイダーですよ。

ただし、お得なキャンペーンを適用するためには、クレジットカード払いの選択が必須なのでそこだけ注意です。

口座振替で契約できるプロバイダは非常に少ないから魅力的だよ!

出費をより安く抑えたい方には、クレジットカード払いをおすすめします。

(※1) 各通信事業者の公式サイトに掲載されているWiMAX +5Gサービス15社の月額基本料の比較において。(2024年2月時点、自社調べ)

\当サイト経由でのお申込みで16,000円キャッシュバック/

「BroadWiMAX」はこちら

「BroadWiMAX」キャンペーンサイトはこちら>>

②キャッシュバックがお得なGMOとくとくBB

契約年数2年(3年目以降は契約期間の縛りなし)
縛りなし
2年契約プラン月額料金0か月目:1,089円
1~12か月目:3,784円
13~35か月目以降:4334円 36か月目以降:5,104円
契約縛りなしプラン月額料金1~24か月目:3,553円
25~35か月目:4,103円
36か月目以降:4,708円
事務手数料3,300円
端末代金21,780円(605円 × 36回払い)
2年間の実質月額4,161円~
2年間の総額104,025円~
支払い方法クレジットカードのみ
違約金なし

GMOとくとくBBは、初期費用をできるだけ安く抑えたい方に向いているプロバイダーですね。

また、タイミングによってはキャッシュバックキャンペーンも実施しています。キャンペーン期間中は数万円が現金還元されるため、非常にお得です。ただし、受け取り方が特殊である点には注意してください。

利用開始後、11ヶ月後に届くGMOとくとくBBからのメールを確実にチェックし、1ヶ月以内にキャッシュバックの受け取り申請をする必要があります。

\プラスエリアモードも端末代も0円/

「GMOとくとくBB WiMAX」はこちら

「GMOとくとくBB WiMAX」キャンペーンサイトはこちら>>

③ZEUS WiMAX

契約年数 スタンダードプラン:2年
フリープラン:縛りなし
スタンダードプラン月額料金 1~2か月目:1,480円
3~36か月目:3,106円
37か月目以降:3,278円
フリープラン月額料金 3,828円
事務手数料 3,300円
端末代金なし
2年間の実質月額4,161円~
2年間の総額104,025円~
支払い方法クレジットカード・atone 翌月払い
違約金あり

ZEUS WiMAXは、3年のスタンダードプランと契約年数の縛りがないフリープランを選べるプロバイダーです。そのため、引っ越しが多いかたや、とりあえずWiMAXを使ってみたい方にはぴったりのプロバイダーです。

また、キャッシュバックキャンペーンで端末代が無料になり、ポケットWiFiルーターとホームルーター系4種類から選べるのもうれしいポイント。

ホームルーターとポケットWiFiの2台持ちプランもあるため、家で外出先でも利用したい方はZEUS WiMAXを選ぶといいでしょう。

\縛りなしフリープランが優秀/

「ZEUS WiMAX」はこちら

「ZEUS WiMAX」公式サイトはこちら>>

あわせて読みたい
ゼウスWiMAXの評判はなぜ悪い?高額キャッシュバックの裏に隠されたデメリットとは? ※2023年9月現在 ゼウスWiMAXは端末在庫切れに伴い、申し込み受付停止中です※ 「ゼウスWiMAXってどんなプランを提供するサービスどうなんだろ…」 そうお悩みではありま...

④5G CONNECT

契約年数 2年
月額料金 1~22か月目:4,500円 23か月目以降:5,252円
事務手数料 4,400円
端末代金なし
2年間の実質月額4,016円~
2年間の総額100,400円~
支払い方法クレジットカード
違約金あり

5G CONNECTは、プラスエリアモード0円のほか、契約期間の縛りがなく、いつでも違約金が0円な点が魅力です。

また、30日間無料で利用のおためしができるので、WiMAXを初めて利用する方におすすめです。

5GCONNECTは、具体的にどれくらいのデータ容量を消費した際に速度制限にかかるのかは明記されていませんが、完全無制限のサービスでない点には注意が必要です。

\30日間お試し可能/

「5G CONNECT」はこちら

「5G CONNECT」公式サイトはこちら>>

あわせて読みたい
5G CONNECTの評判は良くない?口コミからわかったメリットとデメリットを解説! 「5G CONNECTってどんな評判のポケットWiFiなの?」「5G CONNECTを使うか他のポケットWiFiを使うか迷ってる」 上記の疑問やお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょう...

⑤Vision WiMAX

Vision WiMAXもGMOとくとくBBと同じく、端末代0円のプロバイダーです。

ただし、他社よりも月額料金が高めである点には注意してください。3年契約プランの月額料金を他社と比較すると、業界最安級(※)のBroad WiMAXが3,663円であるのに対し、Vision WiMAXは5,038円です。

プロバイダー月額料金(税込)
Broad WiMAX1ヶ月目:1,397円
2ヶ月目以降:3,773円
Vision WiMAX1ヶ月目:2,398円
2~24ヶ月目:4,400円
25ヶ月目以降:5,049円

端末代0円は魅力的ですが、トータルの支出額はBroad WiMAXの方が安くなります。

(※) 各通信事業者の公式サイトに掲載されているWiMAX +5Gサービス15社の月額基本料の比較において。(2023年4月時点、自社調べ)

「Vision WiMAX」はこちら

「Vision WiMAX」キャンペーンサイトはこちら>>

⑥カシモWiMAX

株式会社MEモバイルが運営しているカシモWiMAX。MEモバイルはWiMAX事業の他に、中古スマホを取り扱うMVNOサービス「カシモ」を展開している企業です。

そんなカシモWiMAXでは、全国15,000ヶ所のWiFiスポットが使い放題になる有料オプション「カシモWi-Fi by エコネクト」を提供しています。普段はホームルーターを使っているものの、自宅外での通信が一時的に多くなりそうなときにおすすめのサービスです。

「カシモWiMAX」はこちら

「カシモWiMAX」キャンペーンサイトはこちら>>

あわせて読みたい
カシモWiMAXの評判って良い?悪い?口コミでわかる料金・速度の実態を調査! カシモWiMAXはWiMAXが契約できるプロバイダのひとつです。 しかし、本当にカシモWiMAXが一番お得なのか?という点でいうと、全20社の販売代理店の中で5番目の安さでした...

BroadWiMAXはプラスエリアモード以外のキャンペーンも豊富!

上の章では、プラスエリアモードを使える6つのプロバイダーをご紹介しましたが、最もおすすめなのはBroadWiMAXです。

現在、BroadWiMAXでは、以下のキャンペーンを行っています。

  • 【当サイト限定】16,000円キャッシュバック!
    ※当サイトを経由してお申し込みの場合
  • 学割・引っ越しキャンペーン 
    ※0カ月目月額無料、1~6カ月目550円(税込)割引
  • 他社からの乗り換え時にかかる違約金を最大40,000円まで補填

現在、他社モバイルWi-Fiを契約していて、より快適な通信環境を手に入れたい方はぜひ「乗り換えキャンペーン」を使ってBroadWiMAXへ乗り換えてください。

WiMAXプラスエリアモードを使えますし、当サイト経由でのお申込みなら16,000円キャッシュバックもあります。

\キャンペーン豊富/

「BroadWiMAX」はこちら

「BroadWiMAX」キャンペーンサイトはこちら>>

WiMAX +5Gのプラスエリアモードを使いこなそう!

WiMAX +5Gのギガ放題プラスプランでは、スタンダードモードでもau 4G LTEとau 5Gによる通信が可能です。そのため、実際にはプラスエリアモードをオンにする場面は少ないかもしれません。

しかし、筆者自身WiMAXを使用していてプラスエリアモードに助かっている場面もあります。

設定も難しくないので使用するギガ量に注意しつつうまく活用していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次