WiFi , インターネット

【目的別】自宅向けWiFiのおすすめは?選ぶときのポイントもご紹介

【目的別】自宅向けWiFiのおすすめは?
本記事は2022年05月11日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

自宅で仕事をしたり、学校の授業を受けたりすることになり、自宅にWiFi環境を整えることを検討している方も多いでしょう。

自宅にWiFi環境があれば、データ通信量を気にすることなく、動画視聴やオンラインゲームを楽しむこともできます。そこで本記事では、おすすめのWiFiサービスをご紹介していきます。

本記事は2022年5月11日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

自宅で使うWiFiを選ぶときの比較ポイント

ご自身に適したWiFiはどのようなものかを知るために、以下に挙げる3つの点を比較するようにしましょう。

●契約期間に支払うトータル金額

本当にお得なサービスを選ぶには、月額料金だけでなく、契約期間中に支払うトータル料金で比較することが大切です。必要となる費用には月額料金のほかに、事務手数料・工事費(光回線)・ルーター代、オプション料金などがあります

必要な費用から、各種割引などを差し引くことでトータル料金が計算できます。

●特典などの充実度と適用条件

割引やキャッシュバックなどの特典があるサービスだと、トータル金額を安く抑えてお得に使えます。特典の充実度や適用条件を確認しましょう。

また、高額のキャッシュバックがあるものの、受け取れるのは所定の手続きをした場合のみなど、条件がある場合があります。適用条件を確認し、忘れずに条件を満たすことが大切です。

●通信したい環境や端末台数、必要な通信量

使用するWiFiを選ぶときには、以下の点を確認しましょう

  • 自宅だけで通信できれば良いのか、外出先でも通信するのか
  • パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機・家電など、通信したい端末の台数は何台か
  • メールやWebの閲覧程度の使用か、1日に何時間も動画視聴をしたり、オンラインゲームをしたりするのか
  • 10GBなどデータ通信量に制限があるプランにするか、無制限にするか。

通信したい環境や通信したい端末の台数、必要な通信を見極めることで、選ぶWiFiの種類や契約するプランが変わってきます。

WiFiを繋ぐ3つの方法を目的別に紹介

WiFiをつなぐ3つの方法

おすすめのインターネット回線は、WiFiに何を求めているかによって異なります。目的別にどのようなインターネット回線が向いているかをご紹介します。

●①高速通信を安定させたいなら「光回線+WiFi無線ルーター」

すでに住んでいるマンションなどで光回線を契約している人や、データ量無制限で安定した高速通信ができる環境を整えたい方におすすめなのは、光回線をWiFi無線ルーターでつなぐ方法です。

光ケーブルを使った有線接続のため、データ無制限で大容量。通信速度も速く、通信が安定しているのが特徴です。

光回線を選ぶ際、通信速度を重視する人は新しい通信回線である「IPv6」に対応しているかも確認すると良いでしょう。

ただし、光回線を利用する場合は、契約後に光ケーブルを自宅内に引き入れる工事をしなければいけない可能性があります。これには期間を要するので、すぐにWiFi環境を整えたい方は早めに契約を済ませなければなりません。

●②早く使い始めたいなら「ホームルーター」

なるべく早く使用開始したい方や、工事ができない賃貸物件などに住んでいる方におすすめなのは、無線通信技術規格「WiMAX」や「LTE」などの回線を使用するホームルーターです。

ルーターをコンセントに挿すことでインターネットへ接続できるため、工事の必要がありません。

ホームルーターは20台〜60台を同時に接続できるものが多いです。ただし、契約住所でのみ使用可能なものもあります。その場合は外出先や旅行に持って行くことはできません。また、無線接続のため、光回線と比較すると通信速度は不安定です。

●③場所を選ばず使いたいなら「モバイルルーター」

自宅だけでなく外出先でも使用したい方や、1人で使う方におすすめなのは、「WiMAX」や「LTE」などの回線を使用するモバイルルーターです。

持ち運びができ、工事不要。モバイルルーターさえあれば、使用可能なエリア内であればいつでもどこでもインターネットに接続でき、光回線と比較すると料金も安いのが特徴です。

サービスによっては短期間のレンタルも可能です。ただし、ルーターの充電が必要で、複数の端末をつなぐと速度が不安定になるというデメリットがあります。また、速度制限や通信量制限があるサービスが多いです。

自宅におすすめのインターネット回線「光回線」

光回線を選ぶときは、使用しているモバイル回線とセット割になるサービスを選ぶとお得に使えます。

●auユーザーなら「auひかり」

使用回線独自回線
提供エリア戸建て:東海・関西・沖縄を除く日本全国
マンション:沖縄を除く日本全国
最大速度下り最大1Gbps(※)
契約期間3年
月額料金(税込)戸建て:6,160円〜
マンション:4,730円〜
初期費用3,300円
工事費(税込)戸建て:41,250円
マンション:33,000円
特典・継続使用で初期費用相当額を月額料金から割引
・他社解約時の違約金を最大3万円分還元
・auスマートバリューで auスマートフォンなどの料金が永年割引

対応エリアが限定されていますが、独自回線を使用しているため、混雑しやすい夜間などの時間帯でも安定して通信しやすいのが特徴です。

(※) 本サービスはベストエフォート型サービスです。

●ドコモユーザーなら「ドコモ光」

使用回線フレッツ光
提供エリア日本全国
最大速度下り最大1Gbps(※)
契約期間2年
月額料金(税込)戸建て:5,720円〜
マンション:4,400円〜
初期費用(税込)3,300円
工事費(税込)戸建て:19,800円
マンション:16,500円
特典・新規契約者は工事費完全無料
・ドコモ光セット割
・ドコモ光更新ありがとうポイント3,000ポイント

家族内(同一「ファミリー割引」グループ内)に、「ドコモ光」を契約している人がいれば、スマートフォン1回線ごとに永年最大1,100円(税込)割引が受けられます。また、「IPv6」に対応しているため、高速で安定した通信が期待できますよ。

(※) 技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。通信速度はインターネットの利用環境や回線の混雑状況、マンションの場合は該当建物の伝送方式などによって、大幅に低下する場合があります。

●ソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザーなら「NURO光」

使用回線独自回線
提供エリア北海道・関東1都6県・東海4県・関西2府3県・岡山県・広島県・九州2県
最大速度下り最大2Gbps(※)
契約期間2年
月額料金(税込)5,200円
初期費用(税込)3,300円
工事費(税込)44,000円
特典・もれなく43,000円キャッシュバック
 ※キャンペーンにより工事費実質無料
・おうち割光セット

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら「おうち割光セット」で永年毎月最大1,100円割引を受けられます。※割引金額は契約サービスにより異なります。

提供エリアは限られていますが、最大通信速度2Gbpsという圧倒的な高速通信が可能な光回線です。

(※) ネットワークから宅内終端装置までの最大速度です。機器使用時の通信速度は通信環境と規格により異なります。なお、記載の最大速度は、技術規格上の最大値であり実使用速度を示すものではありません。

自宅におすすめのインターネット回線「ホームルーター」

ここからは、おすすめのホームルーターを2つご紹介します。通信速度や接続可能台数などのポイントで、ご自身に合ったホームルーターを見極めると良いでしょう。

●WiMAX

使用回線WiMAX2+、au 4G LTE/5G(※1)
提供エリア日本全国
月額料金プロバイダーにより異なる
通信速度下り最大2.7Gbps(※2)
同時接続可能台数20~40台

WiMAXのホームルーターは、5G対応プランであればデータ量無制限で使用できます。また、人口カバー率99.9%(※3)のau 4G LTEも利用可能。

機種もスペックが高く、「理論値」だけでなく、実際の通信速度「実測値」も速いため、速度重視の方におすすめです。

▼ 実際にWiMAXの通信速度を計測してみました
【2022年最新】WiMAXの速度制限について解説!WiMAXの実際の速度やおすすめのプランを紹介

WiMAXを提供しているプロバイダーはたくさんありますが、どのプロバイダーでもスペックは変わりません。ただし、プロバイダーにより料金や特典は異なるため、比較検討の必要があります。

なお、5G対応プランの「スタンダードモード(標準モード)」には、以前まで「3日間で15GB以上のデータ通信をすると通信制限がかかる」というルールがありましたが、これは2022年2月1日に撤廃されました。現在、スタンダードモードは容量無制限(※4)で利用できます。

(※1) 現在、5G提供エリアは限定されています。
(※2) 記載の速度は5G通信時の技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。
(※3) 国勢調査に用いられる約500m区画において、50%以上の場所で通信可能なエリアを基に算出。(2020年12月末時点、KDDI調べ)
(※4) ネットワーク混雑回避のため、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、ネットワークが混雑する時間帯に通信速度を制限する場合があります。

●SoftBank Air

使用回線・5G:n77(3.7GHz,3.4GHz)(※1)
・4G:AXGP(2.5GHz)、TDD-LTE(3.5GHz)
・4G LTE:FDD-LTE(2.1GHz)
提供エリア日本全国
※詳細はHPで確認
月額料金(税込)1ヶ月目~24ヶ月目:4,180円
25ヶ月目以降:5,368円
通信速度下り最大2.1Gbps(※2)
同時接続可能台数128台

SoftBank Airのホームルーターは、同時接続可能台数が多いため、インターネットを使う人数や端末数が多い家庭におすすめです。また、データ量の上限もありません(※3)。

(※1) 現在、5Gエリアは限定されています。詳しくはSoftBank Airの5Gサービス提供住所リストをご確認ください。
(※2) 記載の速度は5G通信時の技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。
(※3) サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

自宅におすすめのインターネット回線「モバイルルーター」

続いて、おすすめのモバイルルーターを2つご紹介します。通信速度や月額料金などを比較して選ぶと良いでしょう。

●WiMAX

使用回線WiMAX2+、au 4G LTE/5G(※1)
通信速度下り最大2.7Gbps(※2)
月額料金プロバイダーにより異なる

WiMAXの5G対応プランなら、データ量は無制限(※3)です。また、人口カバー率99.9%(※4)のau 4G LTEを使える点もメリットのひとつ。さらに、有料オプションの「プラスエリアモード」を使えば、山間部などの電波がつながりにくい場所でもつながる可能性がアップします。

ただし、プロバイダーにより料金や特典は異なるため、比較検討しましょう。

(※1) 現在、5G提供エリアは限定されています。
(※2) 記載の速度は5G通信時の技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。
(※3) ネットワーク混雑回避のため、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、ネットワークが混雑する時間帯に通信速度を制限する場合があります。
(※4) 国勢調査に用いられる約500m区画において、50%以上の場所で通信可能なエリアを基に算出。(2020年12月末時点、KDDI調べ)

●Y!mobile

使用回線5G(※1)、FDD-LTE、AXGP、TDD-LTE
通信速度下り最大2.4Gbps(※2)
月額料金(税込)Pocket WiFiプラン2(ベーシック) :4,065.6円
アドバンスオプション(※3)加入時:4,818円

月額4,065.6円で、4Gや5Gの高速データ通信を7GBまで使用できます。7GBを超えると最大通信速度128kbpsになりますが、「アドバンスオプション」に加入すると7GBを超えても高速データ通信が楽しめるようになります。年間契約に定めのないプランなので、ワーケーションや出張など短期間での使用にも適しています。

(※1) 千葉県柏市増尾の一部エリアで提供中です。
(※2) 5G通信、USBケーブル接続時の最大通信速度です。無線LAN接続時は下り最大884Mbps。なお、ベストエフォート方式に基づくネットワーク設定を考慮した技術規格上の速度のため、回線の混雑状況や通信環境などによって、通信速度が低下または通信できなくなる場合があります。
(※3) 通信方式「TDD-LTE」・「AXGP」の提供エリアで利用できます。詳細は製品ごとのエリアマップをご確認ください。

WiMAXでお探しなら「Broad WiMAX」がおすすめ

光回線の回線工事が難しい場合や、ソフトバンクユーザー以外の方には、WiMAXのホームルーターやモバイルWiFiルーターが適しています。

ただし、WiMAXの月額料金や契約期間、キャンペーンなどはプロバイダーごとに差があるので気を付けてください。もし、WiMAXを利用するのであれば、プロバイダーはBroad WiMAXが一押しです。

Broad WiMAXでは5G対応プラン(※1)として、「ギガ放題プラスプラン」と「ギガ放題プラスDXプラン」の2つを提供しています。

プラン名ギガ放題プラスプランギガ放題プラスDXプラン
初期費用(税込)20,743円
事務手数料(税込)3,300円
月額料金(税込)初月~2ヶ月目:2,999円
3ヶ月目~24ヶ月目:4,634円
25ヶ月目~:5,313円
初月~2ヶ月目:2,090円
3ヶ月目~36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目~:4,708円
端末料金(税込)一括:21,780円
分割:605円×36ヶ月
違約金(税込)初月~:10,450円
更新月のみ:0円
初月~12ヶ月目:20,900円
13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円
25ヶ月目~:10,450円
更新月のみ:0円
契約期間2年3年
支払い方法クレジットカード・口座振替・請求書(法人の場合)
キャンペーン乗り換えキャンペーン
2台同時申込キャンペーン
プラスエリアモード無料

どちらも通信品質は同じですが、契約期間と月額料金は異なります。注意してくださいね。

どちらのプランを選ぶべきか迷ってしまった場合は、3年契約のギガ放題プラスDXプランがおすすめです。業界最安級(※2)の月額料金でWiMAXを使えますよ。

(※1) 現在、5G提供エリアは限定されています。
(※2) 各通信事業者のHPで公表されているWiMAX +5Gサービス15社の月額基本料の比較において。自社調べ(2022年4月時点)。

●Broad WiMAXのおすすめWiFiルーター機種

ホームルーターはSpeed Wi-Fi HOME 5G L12、モバイルWiFiルーターはSpeed Wi-Fi 5G X11がおすすめです。

どちらもBroad WiMAXの5G対応プラン(※1)で利用できます。下り最大通信速度は2.7Gbps(※2)!リモート会議やオンライン授業など、様々な用途に使えます。

モバイルWiFiルーターのSpeed Wi-Fi 5G X11なら、自宅外へ持ち出すことも可能です。4,000mAhのバッテリーを搭載しているため、外出先でもインターネットをたっぷり楽しめることでしょう。

自宅内で家族とWiFiを共有するためにBroad WiMAXを契約する方には、ホームルーターのSpeed Wi-Fi HOME 5G L12が適しています。最大40台までの通信機器を接続できるので、IoT家電が多い家庭にもぴったりです。

(※1) 現在、5G提供エリアは限定されています。
(※2) 記載の速度は5G通信時の技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。

●Broad WiMAXのお得なキャンペーン

Broad WiMAXでは様々なキャンペーンを実施していますが、ここではその中でも特にお得な3つをご紹介します。

  • 乗り換えキャンペーン:他社から乗り換える場合、最大19,000円の違約金が後日還元される
  • 2台同時申込キャンペーン:2台同時に申し込むと、5,000円が後日キャッシュバックされる
  • プラスエリアモードが無料:屋内、山間部、地下など電波が届きにくい場所でも通信が繋がりやすくなるサービスを、通常月額1,100円(税込)のところ無料に

それぞれ適用条件が異なります。必ず以下のBroad WiMAX公式サイトで詳細をご確認ください。

BroadWiMAXのお申込みはこちらから

自宅や自身の状況に合ったWiFi選びを

自宅で使うWiFiは、何を重視するかによって選ぶインターネット回線が異なります。安定した高速通信を求める方なら、光ケーブルで有線接続する光回線が良いでしょう。
自宅だけでなく外出先でも使用できる方が良いという方にはモバイルルーターがおすすめです。工事不要、そして費用を抑えられるという点も魅力です。

また、自宅内で家族とWiFiを共有したいものの、光回線の回線工事が難しい場合などは、ホームルーターが適しているでしょう。

自宅で使うWiFiを決める際は、まずご自身がどのようなインターネット環境を望んでいるのかを見極めることで、最適なインターネット回線を選ぶことができます。

The following two tabs change content below.
WiMAXサービスに関して、ご不明な点があれば下記Broad WiMAX受付窓口へどうぞ
電話相談受付
オペレーターに電話で相談する
Webフォームなら24時間受付中