無料のポケット型WiFiはある?月額0円や端末無料のおすすめ比較や選び方、注意点も!

免責事項
情報の更新を心がけておりますが、最新情報と異なる可能性がございます。最新情報は各サイトにてご確認ください。このページはアフィリエイトにより収益を得る場合があります。広告を含む商品・サービスには「PR」と表示します。

外出時も持ち運んで場所を選ばずにインターネットができるポケット型WiFiを無料で利用できないかと考えている方に、格安で契約できるおすすめのサービスを紹介します。

まず理解しておきたいポイントとして、無料で使えるポケット型WiFiやインターネットサービスには、主に以下の方法があります。

編集部

無料で使えるポケット型WiFiはどれがあなたに1番あっているのか、おすすめできる人もそれぞれ解説します!

無料並みに安いポケット型WiFiを選ぶ方法や、無料でお試し利用ができるポケット型WiFiもまとめたのでコストを抑えて利用したい方はぜひ参考にしてください。

目次

ポケット型WiFiを月額無料で利用する方法は主に以下の3つ

ポケット型WiFiを月額無料で利用するための選択肢としては、主に以下の3つの方法があります。

上記のうち、どの方法を選ぶのがベストなのかまずはフローチャートを用意しましたのでご自分の状況にあわせて確認してみましょう。

まずはポケット型WiFiの端末をすでにお持ちかどうかによって、選ぶべき方法が大きく異なります。

編集部

ポケット型WiFiの端末をお持ちでない場合は、使いたい期間が短期か長期かによってもベストな選択肢が異なります!

ポケット型WiFiの端末をお持ちではない場合、Broad WiMAX通信 編集部がとくにおすすめしたいのは、利用期間にあわせてポケット型WiFiを安くレンタルする方法です。

また、利用する期間がとくに決まっておらず、長期的に好きなタイミングだけ使いたいなら端末を購入するチャージ式ポケット型WiFiもおすすめです。

もし、お持ちのポケット型WiFiを活用したい場合は、SIMフリーに対応しているかもチェックしておきましょう。

SIMフリーとは?

ポケット型WiFiでインターネット通信をするために、契約した回線のSIMカードを挿入します。
ドコモ・ソフトバンク・au・楽天モバイルなど、どのキャリア回線のSIMカードにも対応しており、契約先を限定されずに使える状態を「SIMフリー」と呼びます。

SIMフリーのポケット型WiFiをお持ちなら、月額無料のデータ専用SIMを契約すると安く使えますよ。

では、ポケット型WiFiを月額無料で利用する3つの方法についてそれぞれのメリットやデメリット、おすすめできる人をくわしく解説していきましょう。

①1日単位のポケット型WiFiをレンタルする

1日~2週間程度の短期間だけポケット型WiFiを使いたいなら、月額料金ではなく1日単位で料金を支払うレンタルサービスを利用するのがおすすめです。

短期間だけポケット型WiFiを利用したい方に向けて、データ容量とセットになった端末を日額計算でレンタルしています。

基本的に1日単位で利用できるポケット型WiFiでかかる費用は、以下のとおりです。

1日単位のポケット型WiFiで必要な費用
  • レンタル日数分の利用料金(端末代・データ利用料込み)
  • 事務手数料(0円~3,300円)
  • 往復送料(1,000円前後)

1日単位のポケット型WiFiのメリット・デメリット

1日単位で借りられるポケット型WiFiのメリットとデメリットをまとめました。

メリットデメリット
・必要な日数だけ料金を支払えて無駄がない
・受取や返却がかんたんな場合が多い
・端末の選択肢が多い会社もある
・海外でも利用可能なサービスも選べる
・2週間以上の利用は料金が割高になる
・返却を忘れると高額な費用が請求される

1日単位でポケット型WiFiをレンタルできるサービスの中には1日330円から利用でき、不要になれば付属のレターパックに入れて郵便ポストに投函するだけで返却が完了する会社もあります。

端末を空港や店舗などで受け取れる場合もあるので、旅先でレンタルできるのも便利です。

編集部

旅行や引越し中など数日間だけポケット型WiFiが必要なタイミングに気軽にレンタルできますね!

また、好きな端末や回線が選べたり、海外でも利用可能なポケット型WiFiを契約できたりする会社もあるので、希望や利用目的にあわせて検討しましょう。

1日単位のレンタルポケット型WiFiのデメリットとしては、日数計算なので1ヶ月以上の長期利用は料金が割高になる可能性があります。

もし、1ヶ月以上使う場合には契約期間の縛りなしで利用できて、端末も無料レンタル可能な月額払いのポケット型WiFiがおすすめです。

1日単位のポケット型WiFiがおすすめな人

月額無料のポケット型WiFiと契約したい場合、1日単位で端末をレンタルするのがおすすめなのは以下の人です。

1日単位のポケット型WiFiがおすすめな人
  • 数日単位でポケット型WiFiを使いたい人
  • お試しで希望の機種を使ってみたい人
  • 受取や返却をかんたんに済ませたい人

数日間だけポケット型WiFiを利用するなら、経済的にも日数計算のサービスがおすすめです。

また、レンタルできる端末の選択肢が多かったり、最新機種が選べたりする会社もあるので、購入前に実機を試してみたいという方にも使い勝手がいいでしょう。

受取や返却も場所を指定したり手間なく返せたり工夫されているので、時間がない方もさっとレンタルできてさっと解約できるのがポイントです。

②チャージ式のポケット型WiFiを購入する

端末をお持ちではない方で、どれくらいの期間使うかわからない方はチャージ式のポケット型WiFiもおすすめです。

チャージ式ポケット型WiFiはまず端末とデータがセットになった商品を購入し、あとはデータ容量がなくなるまで好きなタイミングでインターネットを接続できます。

もし、最初に契約したデータ容量を使いきってしまっても端末はあるので、さらにデータをチャージして利用できます。

チャージ式ポケット型WiFiで必要な費用
  • 端末購入代金+初回データ容量(20,000円前後)
  • データ容量チャージ料(1GBあたり600円前後)

チャージ式のポケット型WiFiのメリット・デメリット

端末とデータ容量がセットになった買い切り型のチャージ式ポケット型WiFiのメリットとデメリットは、以下のとおりです。

メリットデメリット
・端末にデータがチャージされた状態で
届くのですぐ使える
・事務手数料や固定のコストがかからない
・端末購入代金が高額
・データには有効期限がある
・さらに安く購入できるポケット型WiFiがある

チャージ式ポケット型WiFiを購入すれば、初期費用のみでランニングコストもかからず必要な時だけ利用できます。

端末さえ購入すれば別途データ専用SIMなどを購入もせずに、すぐにインターネット接続ができるのも大きなメリットです。

編集部

レンタルではないので返却時期や契約期間も気にせず、自分の端末として所有できるのは気持ち的にも安心ですよね!

ただし、1ヶ月単位で契約できるポケット型WiFiの中には端末を無料でもらえる会社があったり、SIMフリーのポケット型WiFiが通販サイトでは5,000円前後で購入できたりします。

また、データ容量には有効期限があり、期限内に使いきれない場合は消滅してしまうので注意が必要です。

チャージ式のポケット型WiFiがおすすめな人

チャージ式のポケット型WiFiは、主に以下の方にぴったりのサービスです。

1日単位のポケット型WiFiがおすすめな人
  • ポケット型WiFiの端末を持っていない人
  • レンタルではなく自分のポケット型WiFiが欲しい人
  • 端末と別でデータ容量を契約するのが面倒な人

ポケット型WiFiをお持ちではなく、レンタルではなく自分専用の端末を手に入れたい方は端末とデータがセットのチャージ式ポケット型WiFiがおすすめです。

自分で端末のみ購入してデータ専用SIMを別途契約することもできますが、契約の手間がかかったり購入したデータの利用設定をしなければいけなかったりします。

チャージ式ポケット型WiFiならあらかじめデータがセットされた状態で受け取れるので、手続きや設定の手間を省きたい方や面倒な作業は避けたい方にも向いていますよ。

③月額無料のデータ専用SIMを契約する

もし、ご自分でポケット型WiFiの端末をお持ちなら、データ専用SIMを契約することでインターネット接続が可能です。

データ専用SIMとは?

電話番号を持たずインターネット通信のみを目的としたSIM契約です。ポケット型WiFiやスマートフォンなどの端末に契約したSIMカードを挿入することで、データ通信ができます。

音声通話付きSIM(電話番号あり)ではないので、音声通話はできません。

データ専用SIMを契約できる会社はいくつかありますが、大手携帯電話キャリアのauが提供する格安プラン「povo2.0」なら月額基本料が無料です。

引用:povo2.0
編集部

povo2.0は1GB(7日間)390円から、必要なデータ容量を契約できます!

また、月額無料とまではいきませんが低料金で契約できるデータ専用SIMもいくつかあります。

契約先データ専用SIMのおすすめプラン料金
povo2.01GB(7日間)~390円~/1回
HISモバイル自由自在290プラン( 100MB)~198円~/月額
mineoお試し200MBコース300円/月額
NUROモバイルお試しプラン0.2GB330円/月額

月額無料で使えるデータ専用SIMのメリット・デメリット

月額無料で使えるデータ専用SIMのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

メリットデメリット
・手持ちのポケット型WiFiが使えて
初期費用を抑えられる
・利用料金が安い
・必要なデータ容量や速度を選べる
・自分で端末を用意しなくてはいけない
・データを使いきると利用できない

月額無料で使えるデータ専用SIMの1番のメリットは、すでに持っているポケット型WiFiがそのまま使えるので端末代金がかからず、初期費用が抑えられる点です。

必要なデータ容量や速度のデータ専用SIMを契約するだけなので、コストが安いのは魅力です。

逆に自分でポケット型WiFiを用意しなくてはいけないので、端末をお持ちではない方にはおすすめできません。

月額無料で使えるデータ専用SIMがおすすめな人

月額無料で使えるデータ専用SIMの利用がおすすめなのは、以下に当てはまる人です。

月額無料で使えるデータ専用SIMがおすすめな人
  • 手持ちのポケット型WiFiがある人
  • 使う分だけ無駄なく契約したい人
  • 少ないデータ容量で十分な人

ポケット型WiFiの端末をお持ちの方は、データ専用SIMだけ契約すると安くインターネットができて便利です。

編集部

ただし、お持ちの端末がSIMフリーに対応しているかを確認しておきましょう!

また、データ専用SIMは必要なデータ容量を選んで契約したり、低速で無制限に使えたりとさまざまなプランが用意されています。

あまり速度は必要ないけどデータ容量を気にせず使いたかったり、あまり利用頻度は多くないが安定した速度で利用したかったり、ニーズにあわせたプランを選びたい方にもおすすめです。

【月額無料】短期間レンタルできるポケット型WiFiおすすめ2選

短期間の利用を希望する方は、1日単位のポケット型WiFiを必要な日数だけレンタルすると月額料金もなく経済的です。

短期間のレンタルにおすすめのポケット型WiFiを2社、ご紹介します。

安さに特化したサービスと好きな機種が選べるサービス、どちらが自分にあっているか考えてながら読んでみてください。

1日330円~と安い!どんなときもWiFi for レンタル

引用:どんなときもWiFi for レンタル

1日単位で安くポケット型WiFiをレンタルしたいなら、どんなときもWiFi for レンタルがおすすめです。

どんなときもWiFi for レンタルは1日330円からポケット型WiFiが利用でき、そのほかに必ずかかる費用は往復送料の1,100円だけです。

どんなときもWiFi for レンタルは端末の選択肢はありませんが、データ容量は必要に応じて2つのパターンから選べます。

1日3GBプラン大容量プラン
送料往復送料:1,100円往復送料:1,100円
端末代金0円
※レンタル
0円
※レンタル
データ容量1日3GB1日5GB
利用料金1日330円
(月上限6,600円)
1か月4,950円
(32日以降は1日160円)
1日440円
(月上限8,800円)
1か月6,600円
(32日以降は1日213円)
利用する回線クラウドSIM
(ドコモ・ソフトバンク・au)
クラウドSIM
(ドコモ・ソフトバンク・au)
速度制限1日3GB超過で翌日0時まで
128kbpsに制限
1日5GB超過で翌日0時まで
128kbpsに制限
受取方法宅配便宅配便
返却方法レターパックでポスト投函レターパックでポスト投函
その他オプションレンタル安心保証:1日44円レンタル安心保証:1日44円
支払方法クレジットカードクレジットカード
※価格は税込

どんなときもWiFi for レンタルで貸し出している端末はクラウドSIMに対応したD1です。

引用:どんなときもWiFi for レンタル

クラウドSIMはドコモ・au・ソフトバンクといった携帯電話キャリアのLTE回線を、利用するエリアにあわせて切り替えて接続できます。

日本全国広いエリアで場所を選ばずインターネットがつなげられて、最大5台までの機器を接続できます。

編集部

液晶画面もなく、約151gと軽量化されたシンプルな機種なので持ち運びも気軽にできます!

どんなときもWiFi for レンタルはWebサイトから24時間いつでも申し込みができ、平日の12時までに手続きすれば最短当日に端末が発送されます。

受け取りは佐川急便で指定した住所に届き、返却も同梱のレターパックに端末などを入れてポストに投函するだけなので便利ですよ。

また、どんなときもWiFi for レンタルはレンタル日をあらかじめ設定せずに利用できるのも特徴です。

編集部

いつまで使うかわからないという方も、決まった日に慌てて返却する必要がないので安心ですね!

どんなときもWiFi for レンタルは日額計算のデイリータイプのほか、1か月単位で料金が発生するマンスリータイプでも契約できるので、必要に応じて申し込んでみましょう。

どんなときもWiFi for レンタルがおすすめできるポイント
  • 1日330円~とレンタル料金が安い
  • クラウドSIM対応端末で広いエリアでつながりやすい
  • 返送用のレターパック同梱で往復送料1,100円のみとわかりやすい
  • レンタル日数は事前に決めなくてOK

豊富な機種から選びたいなら!NETAGE

引用:NETAGE

お好みの機種や回線を選んでポケット型WiFiを短期レンタルしたいなら、NETAGEがおすすめです。

NETAGEは5G対応のポケット型WiFiや海外でも利用可能な機種など、さまざまな端末から選んで契約できるのが魅力です。

NETAGE
送料発送料:550円
返却料:550円
(ポスト投函の場合)
端末代金0円
※レンタル
データ容量5GB~無制限
(端末によって異なる)
利用料金1日495円~
(端末によって異なる)
利用する回線・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・ワイモバイル
・WiMAX
・楽天モバイル
・クラウドSIM
(端末によって異なる)
速度制限端末によって異なる
受取方法・宅配便
・店頭
・バイク便
返却方法・レターパックでポスト投函
・宅配便
その他オプション安心補償:1日44円
WEBROOT セキュリティ:31日440円
支払方法・クレジットカード
・請求書(法人契約のみ)
※価格は税込

NETAGEではレンタルする端末によって、利用料金や回線、データ容量などが異なります。

編集部

データ容量は小容量の5GBから大容量の無制限プランまで幅広いので、端末とあわせて自分にあったものを選びましょう!

2023年11月時点でNETAGEでラインアップしている端末を、回線ごとに表でまとめました。

利用する回線レンタルできる機種
ドコモFS040W(30GB/月):1日715円
FS050W(無制限):1日1,320円★5G対応
FS030W(5GB/月):1か月2,750円
auFS030W(無制限/月):1日660円
X01(50GB/月):1か月11,000円★5G対応
W07(7GB/月):1か月4,620円
FS030W(6GB/月):1か月2,950円
ソフトバンクFS040W(無制限):1日495円
501HW(無制限):1日550円
802ZT(無制限):1日737円
601HW/603HW(無制限):1日715円
W07(無制限):1日1,650円
FS030W(5GB/月):1か月1,980円
FS030W(50GB/月):1か月5,280円
501HW(50GB/月):1か月5,940円
601HW/603HW(50GB/月):1か月7,700円
802ZT(100GB/月):1か月8,800円
802ZT(50GB/月):1か月7,425円
ワイモバイル305ZT(7GB/月):1か月1,980円
WiMAXW06(無制限/月):1日495円
W07(無制限/月):1日638円
X11(無制限):1日715円★5G対応
L12(無制限):1日715円★5G対応
L13(無制限):1日1,200円★5G対応
楽天モバイルFS040W(7GB/月):1か月1,980円
クラウドSIM5G AIR-2(無制限/月):1日850円★5G対応、海外可能
5G AIR-2(100GB/月):1日1,200円★5G対応、海外可能
AIR-1(100GB/月):1か月5,980円★海外可能
AIR-1(100GB/月):1か月3,960円★海外可能
NA01(100GB/月):1か月5,500円★海外可能
NA01(50GB/月):1か月5,000円★海外可能
参照:NETAGE

NETAGEでは平日17時、土曜は12時までに申し込めば、最短翌日に端末を届けてくれます。

端末が不要になれば同梱の返送用封筒に入れて、ポスト投函するだけで解約できますよ。

編集部

NETAGEでは東京都中央区築地の店舗で直接端末を受け取ることも可能です!

利用したい機種や回線にこだわりがある方やすぐにポケット型WiFiをレンタルしたい方に、NETAGEはおすすめできるサービスです。

NETAGEがおすすめできるポイント
  • レンタル機種の選択肢が幅広い
  • 5G対応の最新機種がレンタルできる
  • 海外向けのポケット型WiFiがレンタルできる
  • 実店舗で当日レンタルも可能

【端末無料】長期利用なら契約期間なしのポケット型WiFiおすすめ4選

1ヶ月以上の長期間ポケット型WiFiをレンタルするなら、月額料金はかかりますが端末代は無料のサービスがおすすめです。

契約期間の縛りがなく、好きなタイミングで解約しても違約金が発生しないポケット型WiFiで最安級の契約先を紹介します。

月額制のポケット型WiFiは契約するデータ容量によって、料金相場が異なります。

小容量なほど利用料金が安くなるので、データ容量ごとにおすすめの契約先を解説します。

編集部

のちほど、【無料で利用できるポケット型WiFiを選ぶポイント】の項目で1GBあたりのデータ容量で利用できる目安も紹介しています!

【小容量】Chat WiFi

引用:Chat WiFi

月間20GB~50GBの間で利用できるポケット型WiFiでおすすめなのがChat WiFiです。

月間20GB月間50GB
事務手数料2,200円2,200円
送料0円0円
端末代金0円
※レンタル
0円
※レンタル
データ容量月間20GB月間50GB
利用料金1か月2.600円1か月2.980円
利用する回線クラウドSIM
(ドコモ・ソフトバンク・au)
クラウドSIM
(ドコモ・ソフトバンク・au)
速度制限月間20GB超過で月末まで
128kbpsに制限
月間50GB超過で月末まで
128kbpsに制限
受取方法宅配便宅配便
返却方法レターパック等で契約者が返送レターパック等で契約者が返送
その他オプションChat補償:月額550円
Chatセキュリティー:月額550円
Chatバックアップ:月額550円
Chat補償:月額550円
Chatセキュリティー:月額550円
Chatバックアップ:月額550円
支払方法クレジットカードクレジットカード
※価格は税込

Chat WiFiは契約期間の縛りなしで利用でき、契約期間ありのプランにしても最低利用期間が1年間なのでそれ以降は違約金がかかりません。

Chat WiFiは月額料金の安さが魅力で、契約期間なしで利用できる月間20GBと月間50GBのポケット型WiFiで最安値です。

編集部

それぞれのデータ容量で主要ポケット型WiFiと比較しました!

【月間20GBの縛りなしポケット型WiFi比較】

契約先1年利用した
場合の実質月額料金
初期費用月額料金
Chat WiFi2,812円2,200円
+550円
2,600円
クラウドWiFi2,834円3,300円2,580円
MONSTER MOBILE2,894円3,300円2,640円
※価格は税込

【月間50GBの縛りなしポケット型WiFi比較】

契約先1年利用した
場合の実質月額料金
初期費用月額料金
Chat WiFi3,192円2,200円
+550円
2,980円
クラウドWiFi3,234円3,300円2,980円
MONSTER MOBILE3,444円3,300円3,190円
ゼウスWiFi4,082円3,300円3,828円
※価格は税込

実質月額料金とは初期費用に月額料金を契約期間分足して契約期間で割った1か月あたりの料金です。

Chat WiFiは初回時の費用として事務手数料と申し込み時に必須オプションとなるChat補償(月額550円)がかかりますが、それでも実質月額料金は同じデータ容量のサービスより安いです。

編集部

申し込み時必須のChat補償は、不要なら翌月以降解約しても問題ありません!

Chat WiFiは事務手数料が3,300円ですが、現在キャンペーンとして1,100円の割引が自動適用され、2,200円になります。

お得に小容量のポケット型WiFiがレンタルできるChat WiFiをぜひ、チェックしてみてください。

Chat WiFiがおすすめできるポイント
  • 月間20GB~50GBの縛りなしポケット型WiFiで最安値
  • クラウドSIM対応端末で広いエリアでつながりやすい
  • 事務手数料割引キャンペーンも自動適用

【中容量】それがだいじWiFi

引用:それがだいじWiFi

月間100GBまでの中容量が必要な方には、それがだいじWiFiをおすすめします。

それがだいじWiFiは月間100GBのポケット型WiFiを2年契約で利用できますが、月額143円の「縛りなしオプション」を追加することでいつ解約しても違約金がかかりません。

それがだいじWiFi
事務手数料3,300円
送料0円
端末代金0円
※レンタル
データ容量月間100GB
利用料金1か月3,410円
(3,267円+縛りなしオプション143円)
利用する回線クラウドSIM
(ドコモ・ソフトバンク・au)
速度制限月間100GB超過で月末まで
128kbpsに制限
受取方法宅配便
返却方法レターパック等で契約者が返送
その他オプションWi-Fi安心サービス:月額440円
支払方法クレジットカード
※価格は税込

それがだいじWiFiは縛りなしオプションを追加しても月額3,400円と安く利用できるので、月間100GBのポケット型WiFiと比べてもお得なのがメリットです。

【月間100GBの縛りなしポケット型WiFi比較】

契約先1年利用した
場合の実質月額料金
初期費用月額料金
それがだいじWiFi3,664円3,300円3,410円
AIR-WiFi3,862円3,300円3,608円
クラウドWiFi3,972円3,300円3,718円
MONSTER MOBILE4,192円3,300円3,938円
ゼウスWiFi4,962円3,300円4,708円
※価格は税込

それがだいじWiFiは月間100GBを超えると月末まで速度制限がかかりますが、2GB=550円からデータチャージもできるので万が一の際も安心です。

ちなみに、それがだいじWiFiを縛りなしオプション追加せずに申し込むと、30日間のお試しキャンペーンも利用できます。

それがだいじWiFiの30日間お試しキャンペーン期間中に5GB以下のデータ消費量のタイミングで申し出れば、返却処理手数料1,100円と端末リセット処理費用2,200円以外の料金はかかりません。

編集部

2年間利用できそうなら、契約期間ありで申し込んでお試しキャンペーンを活用するのもひとつの方法です!

それがだいじWiFiがおすすめできるポイント
  • 月間100GBまでの縛りなしポケット型WiFiで最安値
  • 海外でも利用が可能
  • データが足りなくなってもチャージできる
  • 30日間月額料金無料でお試しできる


【大容量】5G CONNECT

引用:5G CONNECT

大容量のデータ通信をしたいなら、実質無制限のWiMAXが無料レンタルできる5G CONNECTがおすすめです。

WiMAXは月間データ容量の上限がなく、3日間で15GBなどの細かい上限も撤廃されているので、使い方を気にせずたっぷりインターネット接続ができます。

また、独自のWiMAX回線とau回線どちらも5G通信に対応しており、機器のスペックによって最大2.2Gbps~の高速通信が楽しめるのもポイントです。

編集部

大容量の通信をしたい方や速度を重視したい方に、5G CONNECTはおすすめです!

5G CONNECT
事務手数料4,400円
送料0円
端末代金0円
※レンタル
データ容量実質無制限
利用料金1か月4,950円~
利用する回線WiMAX・au
速度制限プラスエリアモ―ド月間15GB利用
で月末まで128kbpsに制限
※通常モードは基本的に制限なし
受取方法宅配便
返却方法レターパック等で契約者が返送
その他オプション故障/紛失補償オプション:月額660円
支払方法クレジットカード
※価格は税込

WiMAXを契約できるプロバイダはいくつかありますが、基本的に端末は買取となります。

WiMAXの端末代金はプロバイダによって異なりますが、21,780円~31,680円と高額で一時期だけ利用するにはコストがかかりすぎます。

5G CONNECTなら5G対応の型落ち機種で月額4.950円~、2023年発売の最新機種でも月額5,250円~レンタルできるので気軽に契約できます。

編集部

型落ち機種も最新機種も、5G通信ができるのは同じです!

さらに、5G CONNECTでは30日間お試しモニターを実施しており、利用開始から30日以内でなおかつデータ使用量が20GB以下の場合に返却処理手数料1,100円のみでキャンセルできます。

ひとまず使ってみてエリアや速度に満足できなければ解約できるので、お試しで申し込んでみてもいいでしょう。

5G CONNECTがおすすめできるポイント
  • 5G対応!高速のWiMAXが無料レンタルできる
  • 実質無制限で月額4,950円~と安い
  • 利用開始から30日以内は無料キャンセルできる
  • 最低利用期間3か月後はいつ解約しても違約金なし

ただし、5G CONNECTを契約する場合は以下の点に注意してください。

5G CONNECTの注意点
  • 3か月以内の短期解約は違約金4,500円がかかる
  • プラスエリアモ―ドの利用は月間15GB(新機種は月間30GB)まで

5G CONNECTでは30日以内のキャンセルを受け付けていますが、31日目を過ぎると端末到着から3か月以内は最低利用期間となり、解約には違約金4,500円が発生します。

5G CONNECTを3か月以上利用できるか考えたうえで申し込み、もし短期解約したいなら30日以内に手続きを行いましょう。

また、WiMAXはつながりにくいエリアでauのプラチナバンド帯を使った接続ができるプラスエリアモ―ドも利用できますが、Galaxy 5G Mobile Wi-Fiをレンタルした場合は月間15GB(Speed Wi-Fi 5G X12は月間30GB)以上使用すると最大1Mbpsの速度に制限されるので気を付けてください。

編集部

プラスエリアモ―ドではない接続の場合は、速度制限がかからず高速で利用できるのでご安心を!

【無制限】Rakuten WiFi Pocket

引用:楽天モバイル

完全に無制限のポケット型WiFiを安く利用したいなら楽天モバイルを検討しましょう。

楽天モバイルのオリジナルポケット型WiFi「Rakuten WiFi Pocket」は、レンタルではなく端末買取型です。

しかし、現在楽天モバイルではキャンペーンとしてRakuten WiFi Pocketの端末代金を1円に値下げしています。

引用:楽天モバイル
編集部

Rakuten WiFi Pocketなら端末を自分のものにできるから、レンタルのように解約時に返却する必要がありません!

Rakuten WiFi Pocket
事務手数料0円
送料0円
端末代金1円
データ容量3GB・20GB・無制限
利用料金3GB:1,078円
20GB:2,178円
無制限:3,278円
利用する回線楽天・au
速度制限基本的に制限なし
受取方法宅配便
返却方法不要
その他オプションスマホ交換保証プラス:月額715円
あんしん操作サポート:月額550円
支払方法クレジットカード
※価格は税込

Rakuten WiFi Pocketを1円で購入するには、楽天モバイルの「Rakuten 最強プラン」の申し込みが必要です。

Rakuten WiFi Pocket 1円キャンペーンの適用条件
  • 「Rakuten最強プラン」へ新規・他社からの乗り換え(MNP)・楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランからプラン変更で申し込む
  • 「Rakuten最強プラン」申し込みと同時にRakuten WiFi Pocketを購入する
  • 1円での購入は1人1台のみ

「Rakuten 最強プラン」は1か月に使用したデータ容量にあわせて料金が発生する段階定額プランなので、あまりインターネットを使わなかった月も無駄がありません。

引用:楽天モバイル

無制限でデータ容量を使っても月額3,278円で、それ以上はかからないので安心してポケット型WiFiを利用できます。

さらに、楽天モバイルでは契約時にかかる事務手数料や解約時の違約金も無料なのでとことん価格を抑えて契約できますよ。

Rakuten WiFi Pocketがおすすめできるポイント
  • ポケット型WiFi端末を1円で購入できる
  • 無制限で使っても月額3,278円
  • 事務手数料が0円と安い

【無料でお試し】契約前に無料体験できるポケット型WiFiおすすめ3選

ポケット型WiFiを契約する前などに無料で一定期間お試し利用できるサービスも存在します。

ただし、お試し期間があるポケット型WiFiは契約期間の縛りありプランで申し込むのが条件の会社も多いです。

短期解約を目的とするのなら1日単位のレンタルポケット型WiFiがおすすめですが、長期的な契約を前提として一旦無料で使ってみたいならお試しサービスを活用しましょう。

【14日間無料お試し】MONSTER MOBILE

引用:MONSTER MOBILE

クラウドSIMを使ったポケット型WiFiがレンタルできるMONSTER MOBILEでは、14日間のお試し期間を設けています。

MONSTER MOBILEのお試しキャンペーン
お試し期間機器発送日から14日間
お試し利用でかかる費用発送送料:1,100円
端末返却送料:実費
お試し利用で無料になる費用・事務手数料
・月額利用料
・解約手数料
※価格は税込

MONSTER MOBILEは2年契約で月間データ容量を20GB・50GB・100GBが選べます。

端末のレンタル料金は無料で、クラウドSIMを使ったサービスなので携帯電話キャリアのLTE回線を使って広いエリアで使えます。

MONSTER MOBILE
事務手数料3,300円
端末代金0円
※レンタル
データ容量月間20GB・50GB・100GB
契約期間2年
利用料金20GB:1,980円
50GB:2,530円
100GB:2,948円
利用する回線クラウドSIM
(ドコモ・ソフトバンク・au)
速度制限月間データ容量超過で月末まで
256kbpsに制限
受取方法宅配便
返却方法レターパック等で契約者が返送
その他オプション端末補償オプション:月額385円
支払方法クレジットカード
違約金20GB:1,980円
50GB:2,530円
100GB:2,948円
※月額料金1か月分
※価格は税込

データ容量が足りなくなった時は、500MB=250円からチャージできるのもポイントです。

編集部

月間データ容量を超えると最大128kbpsの超低速に制限されるポケット型WiFiが多い中で、MONSTER MOBILEは最大256kbpsと少し速いのもメリットです!

MONSTER MOBILEがおすすめできるポイント
  • 20GBで月額1,980円~と安い
  • クラウドSIM対応端末で広いエリアでつながりやすい
  • 月間データ容量超過後は最大256kbps&データチャージも可能
  • 14日以内の解約で無料キャンセル可能

MONSTER MOBILEの無料お試しを利用する際の注意点


MONSTER MOBILEのお試しキャンペーンを利用する際には、以下の点に気を付けましょう。

MONSTER MOBILEの注意点
  • MONSTER MOBILEを2年契約で申し込む必要がある
  • MONSTER MOBILEを利用したことがある人はお試し利用不可
  • お試し期間の14日以内に解約の申告と機器の返却を行わなくてはいけない
  • お試し期間中にデータ使用量が2GBを超えていた場合は無料キャンセル不可
  • 端末返送時の送料は契約者負担

MONSTER MOBILEを2年契約で初めて申し込む場合にのみ、お試しキャンペーンが利用できます。

編集部

お試しキャンペーンが利用できるのは個人契約のみで、法人契約は対象外ですよ!

また、お試し期間内に2GB以上のデータを使用していた場合は無料キャンセルの対象にならないので注意しましょう。

MONSTER MOBILEのお試し期間中にキャンセルをしたい時は、以下の窓口に申告します。

MONSTER MOBILEの解約申請窓口

もしMONSTER MOBILEを利用してみてとくに使用感など不満がなければ、14日間経過後もそのまま使い続けることで2年間の契約がスタートします。

【15日間無料お試し】Try WiMAX

引用:Try WiMAX

5G対応の高速ポケット型WiFiが契約できるWiMAXは端末をプロバイダから購入するのがほとんどで、端末代金も高額です。

端末を購入してからエリアや速度で満足できなくても返品ができないので、WiMAXの回線や端末の提供元であるUQ WiMAXでは15日間の無料お試し体験「Try WiMAXを利用できます。

Try WiMAXの概要
お試し期間機器発送日から15日間
お試し利用でかかる費用0円
お試し利用で無料になる費用・事務手数料
・月額利用料
・解約手数料
※価格は税込

Try WiMAXは返却期限を守りさえすれば、利用料はもちろん返送費用など一切の料金がかかりません。

WiMAXで購入できる最新機種の中から選んでお試し利用できるので、購入前に使用感を知りたい方にぴったりのサービスです。

また、Try WiMAXで利用した機器をそのまま契約することもなく、いずれにしても一旦返却しなくてはいけないのでUQ WiMAXで必ず申し込む必要もありません。

編集部

WiMAXは契約先(プロバイダ)で端末や速度、エリアは基本的に変わりません!ただし、月額料金やキャンペーンなどはプロバイダによって異なるので、契約する際は比較したうえでお得な窓口から申し込みましょう!

Try WiMAXの無料お試しを利用する際の注意点


Try WiMAXは費用をかけずに完全無料でWiMAXの最新機種をお試しできますが、以下の注意点も理解しておいてください。

Try WiMAXの注意点
  • 180日以内にTry WiMAXを利用した人は利用不可
  • 15日目までに端末がUQWiMAXに返却されている必要がある
  • Try WiMAXの申し込み時にクレジットカード情報の登録が必要
  • Try WiMAXの申し込み時にSMS受信可能な電話番号かキャリアメールアドレスが必要

Try WiMAXは半年以内にサービスを利用していなければ、一度お試し利用した方でも再び申し込めます。

編集部

WiMAXは随時提供エリアの拡充を行っているので、以前はエリア外だった場合でももう一度Try WiMAXでお試ししたら快適に使えることもありますよ!

ただし、Try WiMAXのお試し期間である15日間は端末発送日と端末返却日を含めた日数です。

端末が発送されて自宅に届くまでの日数と、端末をUQ WiMAXへ返送して届くまでの日数を考慮すると、実質のお試し期間は余裕を持って1週間ほどと考えておきましょう。

また、Try WiMAXの申し込み時には一旦クレジットカード情報の登録をしなくてはいけません。

編集部

もし端末の返却が遅れるなど費用が発生したときの保険として、クレジットカード情報の登録が必要になります!

連絡先としてSMS(ショートメッセージ)が受信できる携帯電話番号かキャリアメールアドレスも必要なので、お持ちではない方は利用できません。

WiMAXを申し込むならBroad WiMAXがおすすめ

引用:Broad WiMAX

もしTry WiMAXを利用してWiMAXのエリアや速度が十分であれば、キャンペーンが豊富なBroad WiMAXから改めて申し込むのがおすすめです。


ギガ放題コスパDXプランギガ放題縛りなしDXプラン
初期費用20,743円
→キャンペーンで無料!
20,743円
→キャンペーンで無料!
事務手数料3,300円3,300円
端末料金一括:31,680円
分割:880円×36ヶ月
一括:31,680円
分割:880円×36ヶ月
データ容量実質無制限実質無制限
契約期間2年縛りなし
月額料金初月:1,397円
1~36ヶ月目:3,773円
37ヶ月目以降:4,818円
初月:1,397円
1~36ヶ月目:3,960円
37ヶ月目以降:4,950円
利用する回線WiMAX・auWiMAX・au
速度制限プラスエリアモ―ド月間30GB利用
で月末まで128kbpsに制限
※通常モードは基本的に制限なし
プラスエリアモ―ド月間30GB利用
で月末まで128kbpsに制限
※通常モードは基本的に制限なし
受取方法宅配便宅配便
返却方法不要不要
その他オプション安心サポートプラス:月額605円
My Broadサポート:月額998円
安心サポートプラス:月額605円
My Broadサポート:月額998円
支払方法・クレジットカード
・口座振替
・クレジットカード
・口座振替
違約金0~24ヶ月目:4,818円
25ヶ月目以降:0円
0円
※価格は税込

Broad WiMAXは2年契約ですが契約期間なしでも申し込みができ、どちらのプランも以下のキャンペーンが受けられます。

Broad WiMAXで実施中のキャンペーン
  • 16,000円キャッシュバック
    または最大40,000円違約金負担キャッシュバック
  • 学割・引っ越しキャンペーン
  • 月額割引キャンペーン
  • Web申し込みで初期費用0円
  • いつでも解約サポート
  • auスマートバリュー(auとのセット割)
  • 自宅セット割(UQモバイルとのセット割)

Broad WiMAXは契約者全員が対象の月額料金からの割引とキャッシュバックが適用されるので、UQ WiMAXから申し込むよりお得に利用できます。

Try WiMAXでWiMAXの使い勝手の良さや高速通信を確かめた後は、ぜひキャンペーンが充実したBroad WiMAXから契約してみてください。

【30日間無料お試し】THE WiFi

THE WiFi
引用:THE WiFi

月間100GBのポケット型WiFiを月額3,828円でレンタルできるTHE WiFiは、30日間と長期間のお試しができます。

THE WiFiのお試しキャンペーン
お試し期間申し込み日から30日間
お試し利用でかかる費用0円
※端末返却送料については記載なし
お試し利用で無料になる費用・事務手数料
・月額利用料
・解約手数料
※価格は税込

THE WiFiでは30日以内にキャンセルする場合、事務手数料や月額料金なども一切かからず、特に必要な費用の記載もありません。

また、THE WiFiで30日お試しキャンペーンを利用して解約する時点で、データ使用量が30GB未満であれば無料になるのもうれしいポイントです。

編集部

お試し期間でも無料キャンセル対象のデータ容量の上限を超えると違約金などがかかってしまうこともあるので、30GBまでならキャンペーンが利用できるTHE WiFiは安心です!

THE WiFiは2年契約ですが、30日間お試しキャンペーン以外にも3か月間の月額料金が無料になるお得な特典が用意されています。

また、THE WiFiを4か月以上継続利用したタイミングで、利用料金の支払いに使えるTHE WiFiポイントが5,000円分付与されます。

THE WiFi
事務手数料3,300円
端末代金0円
※レンタル
データ容量月間100GB
契約期間2年
利用料金0~2か月目:0円
3か月目~:3,828円
利用する回線クラウドSIM
(ドコモ・ソフトバンク・au)
速度制限月間データ容量超過で月末まで
128kbpsに制限
受取方法宅配便
返却方法記載なし
その他オプション安心サポート:月額330円
安心サポートワイド:月額550円
スマートおたすけサポート:月額440円
支払方法・クレジットカード(個人のみ)
・口座振替(法人のみ)
違約金1~24か月目:10,780円
25か月目~:0円
※価格は税込

データ容量が足りなくなった時は、10GB=2,200円からチャージできるのでポケット型WiFiの利用頻度が高い方も安心して使えます。

THE WiFiはクラウドSIM対応のポケット型WiFiで海外でも同じ端末をそのまま使えるので、まずは30日間お試し体験をして自分にあっているかチェックしてみてください。

THE WiFiがおすすめできるポイント
  • 最初の3か月間は月額料金が0円
  • 開通4か月後には5,000円分のポイント還元も受けられる
  • クラウドSIM対応端末で広いエリアでつながりやすい
  • 月間データ容量超過後はデータチャージも可能
  • 30日以内の解約で無料キャンセル可能

THE WiFiの無料お試しを利用する際の注意点


THE WiFiのお試しキャンペーンを利用する際には、以下の点に気を付けましょう。

THE WiFiの注意点
  • THE WiFiを2年契約で申し込む必要がある
  • お試し期間の30日以内に解約の申告を行わなくてはいけない
  • お試し期間中にデータ使用量が30GBを超えていた場合は無料キャンセル不可

THE WiFiを無料でキャンセルする場合は申込みから30日以内に、以下の窓口に申告してください。

THE WiFiの解約申請窓口
  • モバイルWiFiサポートセンター(電話:0570-783-633、10時~18時)

公式サイトにはキャンセル後の端末返送方法についての記載がないので、解約申請時にオペレーターへの確認も忘れずに行いましょう。

【月額無料】端末購入型のチャージ式ポケット型WiFiおすすめ3選


ポケット型WiFiの端末とデータ容量がセットになったチャージ式ポケット型WiFiを購入すれば、月額料金なども不要でインターネットが好きなタイミングに使えます。

チャージ式ポケット型WiFiでおすすめの安い契約先を紹介します。

チャージ式のポケット型WiFiを利用するにあたっての注意点として、購入したデータには有効期限があることを覚えておきましょう。

上記のおすすめの契約先について購入する際の費用やデータの有効期限、追加でデータをチャージする際の方法についてくわしく解説していきます。

【1GBあたり578円~】おてがるWi-Fi

引用:おてがるWi-Fi

おてがるWi-Fiはあらかじめ100GBのデータ容量がついた端末を購入するチャージ式ポケット型WiFiです。

おてがるWi-Fi
事務手数料0円
端末代金19,800円
(100GBのデータ込み)
データ容量100GB~
データ有効期限購入日から1年間
追加チャージ料金10GB:1,180円
20GB:2,280円
30GB:2,980円
50GB:3,680円
100GB:5,780円
利用する回線クラウドSIM
(ドコモ・ソフトバンク・au)
速度制限チャージしたデータ容量超過で使用不可
受取方法宅配便
返却方法不要
その他オプション海外接続用データチャージ
支払方法クレジットカード
※価格は税込

おてがるWi-FiはクラウドSIMを使って国内外で利用可能な端末が購入できます。

あらかじめ100GBのデータチャージがされているので、端末が到着すれば手続きもなしにスマホやパソコンとWi-Fi接続して使えますよ。

編集部

有効期限は購入日から1年間なので、メモしておくなどするといいでしょう!

データ容量がなくなった時はおてがるWi-Fiの公式サイトから追加のデータ容量を購入し、端末のIMEI番号を入力すれば最短で当日にチャージされます。

たとえば、100GBをチャージした場合の料金は5,780円なので、1GBあたりにすると578円と安いです。

追加したデータ容量も有効期限は1年間なので、忘れずに使いきりましょう。

おてがるWi-Fiがおすすめできるポイント
  • クラウドSIM対応端末+100GBで19,800円と安い
  • データチャージも1GBあたり578円~
  • 海外向けのデータチャージも購入可能

【1GBあたり648円~】ギガセットWiFi

引用:ギガセットWi-Fi

ギガセットWi-Fiは液晶画面月のスタイリッシュな機種が購入できるチャージ式ポケット型WiFiです。

ギガセットWi-Fi
事務手数料0円
端末代金20,480円~
(10GBのデータ込み)
23,184円
(100GBのデータ込み)
データ容量10GB~100GB
データ有効期限購入日から365日間
追加チャージ料金10GB:1,980円
30GB:3,980円
50GB:4,980円
100GB:6,480円
利用する回線クラウドSIM
(ドコモ・ソフトバンク・au・楽天)
速度制限チャージしたデータ容量超過で使用不可
受取方法宅配便
返却方法不要
その他オプション海外接続用データチャージ
支払方法・クレジットカード決済
・コンビニ払い
・銀行振込
・Paidy(あと払い)
・ApplePay(iOSのみ)
・GooglePay
・PayPal決済
・ペイジー決済
・PayPay
・atone 翌月払い(コンビニ/口座振替)
※価格は税込

ギガセットWi-Fiの端末とセットになっているデータ容量は、10GBから100GBまで選んで購入できるのもポイントです。

ギガセットWi-Fiもデータの有効期限は365日(1年間)なので、自分にあったデータ容量を選びましょう。

また、ギガセットWi-Fiは支払い方法の選択肢が多く、クレジットカードをお持ちでない方も気軽に購入できるのも特徴です。

編集部

スマホ決済やコンビニでの支払いにも対応しているので、便利ですね!

データチャージは専用ページから24時間365日いつでも追加でき、決済が完了すれば最短で30分以内に端末へ反映されます。

追加のデータは10GBから申し込めますが、たとえば100GBを追加した場合は6,480円なので1GBあたり648円です。

海外向けのデータチャージも行えるので、ギガセットWi-Fiは利用者が必要な分だけ選んで柔軟にカスタムできるチャージ式ポケット型WiFiといえます。

ギガセットWi-Fiがおすすめできるポイント
  • 端末購入時にセットするデータ容量が選べる
  • 口座振替やスマホ決済にも対応
  • データチャージは1GBあたり648円~
  • 海外向けのデータチャージも購入可能

【1GBあたり648円~】ネオチャージWiFi

引用:ネオチャージWi-Fi

バッテリー持ちを重視してポケット型WiFiを選ぶなら大容量4,000mAh搭載モデルが買えるネオチャージWi-Fiを検討しましょう。

ネオチャージWi-Fi
事務手数料0円
端末代金25,000円
(100GBのデータ込み)
データ容量100GB
データ有効期限購入日から365日間
追加チャージ料金30GB:3,280円
60GB:4,980円
100GB:6,480円
利用する回線クラウドSIM
(ドコモ・ソフトバンク・au)
速度制限チャージしたデータ容量超過で使用不可
受取方法宅配便
返却方法不要
その他オプションなし
支払方法・クレジットカード決済
・キャリア決済
・銀行振込
・コンビニ決済
・ペイジー決済
※価格は税込

ネオチャージWi-Fiでは100GBのデータ容量がセットされた「FREEBOT SE01」という機種が25,000円で購入できます。

追加チャージも30GBで3,280円~とリーズナブルなので、必要に応じて購入しましょう。

編集部

ネオチャージWi-Fiもデータの有効期限は1年間で、公式サイトから簡単に追加できます!

支払い方法はクレジットカード払いだけでなく、口座振替やコンビニ払い、ドコモ・ソフトバンク・auの携帯電話料金とあわせて払えるキャリア決済も利用可能です。

ただし、海外では同じ端末を使ってインターネットができないので、国内でのみ利用する方にネオチャージWi-Fiはおすすめです。

ネオチャージWi-Fiがおすすめできるポイント
  • バッテリー持ちの良い機種が購入できる
  • 口座振替やキャリア決済にも対応
  • データチャージは1GBあたり648円~

【番外】無料でWi-Fiつなぎ放題!タウンWiFiもおすすめ

引用:タウンWiFi

ポケット型WiFiを使ったインターネット接続方法ではありませんが、スマホを外出先でたっぷり使うのが目的で検討しているのであれば「タウンWiFiはいかがでしょうか?

タウンWiFiとは?

GMOタウンWiFi株式会社が運営するフリーWi-Fi接続アプリです。日本全国にあるフリーWi-Fiスポットに自動接続し、利用に応じてポイントが貯まります。利用料金は無料です。

日本全国の大型ショッピングセンターや飲食店などに設置されているフリーWi-Fiは無料でインターネットができて便利ですが、ログインや登録をしなくてはいけないので面倒に感じる方も多いでしょう。

タウンWiFiはアプリをスマホに入れておくだけで、全国のフリーWi-Fiに自動的にアクセスし、インターネット接続をしてくれます。

さらに、タウンWiFiの利用頻度にあわせてWiFiポイントが自動的に貯まっていき、貯めたポイントは他社ポイントなどにも交換できますよ。

引用:タウンWiFi

タウンWiFiのアプリを提供しているのは大手プロバイダ「GMOとくとくBB」などを運営するGMOインターネットグループの関連会社なので、安心して利用できます。

タウンWiFiを無料で使う手順

タウンWiFiのアプリをスマホにインストールして利用する方法を、iPhoneとAndroid別にまとめました。

iPhoneでのタウンWiFi利用方法
  1. Apple StoreからタウンWiFiのアプリをインストールする
  2. フリーWi-FiスポットでiPhoneの【設定】を開き、フリーWi-Fiを選択して接続する
  3. 次回以降はログイン不要でタウンWiFiが自動的にフリーWi-Fiに接続してくれる
AndroidでのタウンWiFi利用方法
  1. Google PlayストアからタウンWiFiのアプリをインストールする
  2. スマホの設定から位置情報へのアクセスを許可する
  3. フリーWi-Fiスポットに行くだけでタウンWiFiが自動的にフリーWi-Fiに接続してくれる

iPhoneもAndroidもフリーWi-FiスポットでWi-Fi接続に成功したら、アプリからの通知でお知らせしてくれます。

基本的にアプリを開かなくても、一度訪れたフリーWi-Fiスポットは自動的に接続してくれるので便利に使えますよ。

アプリのインストールもこちらから!

無料で利用できるポケット型WiFiを選ぶポイント

月額料金が無料だったり、端末が無料で利用できたりするポケット型WiFiを選ぶうえで、後悔せずに自分にあったサービスを見極めるポイントを解説します。

上記のポイントを理解したうえでポケット型WiFiを選べば、状況や目的にあった使いやすいサービスが見つかります。

逆にしっかりと検討したうえで選ばないとポケット型WiFiを安く契約するつもりが、必要なデータ容量や速度が足りず割高になってしまう可能性もあるのでぜひ目を通しておいてください。

どれくらいの期間利用したいか

無料で使えるポケット型WiFiのおすすめの契約先は、どれくらいの期間利用するかによって大きく異なります。

短期のみ利用するなら1日単位で契約できるレンタルポケット型WiFiや、手持ちのポケット型WiFiに安いデータ専用SIMを挿入するのがおすすめです。

もし、数か月以上の長期に渡り利用する場合は1ヶ月単位で端末が無料レンタルできるポケット型WiFiがおすすめですよ。

編集部

たとえば、短期と長期で1日単位のポケット型WiFiと1か月単位のポケット型WiFiで費用がどれくらい変化するか表で比較してみましょう!

1日単位のポケット型WiFi
(どんなときもWiFi for レンタル・1日3GB)
1か月単位のポケット型WiFi
(Chat WiFi・50GB)
初期費用往復送料:1,100円事務手数料:2,200円
1泊2日660円2,980円
7泊8日2,640円2,980円
14泊15日4,950円2,980円
30泊31日6,600円2,980円
60泊61日13,200円5,960円
90泊91日19,800円8,940円

たとえば、1週間(7泊8日)だけポケット型WiFiを利用したいなら、初期費用を含めるとどんなときもWiFi for レンタルは3,740円(1,100円+2,640円)、Chat WiFiは5,180円(2,200円+2,980円)です。

一方、2週間(14泊15日)の場合は初期費用を含めるとどんなときもWiFi for レンタルは6,050円(1,100円+4,950円)、Chat WiFiは5,180円(2,200円+2,980円)で安さが逆転します。

編集部

ポケット型WiFiの契約先でどちらが安いかはどれくらいの期間使うかによって決まるので、まずは利用日数を把握しておきましょう!

また、どれくらい利用するかわからない時や、ポケット型WiFiを使う時期と使わない時期があるという場合は、チャージ式のポケット型WiFiもおすすめです。

チャージ式ポケット型WiFiなら端末もデータ容量もあらかじめ購入しているので、月額料金も発生せず使いたいタイミングだけ利用できます。

ただし購入したデータ容量には1年間などの有効期限が設けられている場合もあるので、いつまで使えるかはしっかり確認しておきましょう。

必要なデータ容量が契約できるか

ポケット型WiFiを安く無駄なく契約するためには、自分にとって必要なデータ容量も理解しておかなくてはいけません。

編集部

ポケット型WiFiは小容量なら安く、大容量なら高くなるのが基本です!

あまりたくさんのデータ容量を必要としていないのに大容量プランを契約するとその分料金が高くなりますし、逆にインターネットを使う頻度が多いのに小容量プランを契約するとすぐに上限に達して使い物になりません。

消費するデータ容量はインターネットの利用目的によっても異なるので、以下の表を目安にプランを検討しましょう。

利用目的1GBで使える目安
インターネット閲覧約250回
メール送受信約2,000通
LINEでの音声通話約20時間
LINEでのビデオ通話約2時間
アプリゲーム
(位置情報あり)
約10時間
X(Twitter)の閲覧約6時間15分
Instagramの閲覧約2時間
TikTokの閲覧約30分
YouTubeの視聴
(720p)
約1時間
Netflixの視聴約30分
参照:イモトのWiFi|利用可能なデータ通信量

インターネット検索やメール送受信程度なら、1GBから5GBほどの小容量で十分です。

もし、SNSの閲覧や高画質での動画視聴を行うなら大容量のデータ容量が利用できるプランがおすすめです。

インターネットを使いたい場所でつながるか

ポケット型WiFiはスマホと同様に端末で契約した回線の電波を受信して、インターネットを接続します。

スマホが圏外の場所でインターネットや電話がつながらないのと同様に、ポケット型WiFiも提供エリアではない場所では使えません。

ポケット型WiFiの契約先で利用できる回線を事前に確認し、自宅や職場、学校などよく行く場所で利用できるか調べておきましょう。

編集部

ポケット型WiFiで使われている電波は基本的に、携帯電話キャリアのLTE回線です!

自社の独自回線を利用するWiMAXは、WiMAX回線とau回線のどちらも利用できるのでそれぞれの提供エリアを確認してください。

利用する回線エリア検索ページ
ドコモエリアを確認する
auエリアを確認する
ソフトバンクエリアを確認する
楽天エリアを確認する
WiMAXエリアを確認する

また、海外でもポケット型WiFiを使いたい場合は国外で利用可能なサービスを選びましょう。

契約するポケット型WiFiによって対応している渡航国が異なる場合もあるので、海外利用可能なサービスでも国ごとに調べるのがおすすめです。

返却やデータチャージなどの手続きは簡単か

ポケット型WiFiの端末をレンタルする場合、受取や返却がかんたんかを調べておきましょう。

たとえば、短期間レンタルできるポケット型WiFiは同梱のレターパックに端末を入れてポストに投函するだけで返却できたり、コンビニや空港で受取や返却ができるサービスもあります。

また、チャージ式ポケット型WiFiを利用する場合は、再びデータをチャージする際の手順なども確認しておくといいでしょう。

無料で利用できるポケット型WiFiに関するよくある質問

無料で利用できるポケット型WiFiについて、よくある質問をまとめました。

無料のポケット型WiFiを探している方やポケット型WiFiの契約に不安・疑問を抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ポケット型WiFiは無料で使える?

ポケット型WiFiを無料で使う方法は主に3パターンあります。

また、数か月だけ利用するのであれば月額料金はかかりますが、端末無料で契約期間の縛りなしにレンタルできるポケット型WiFiもおすすめです。

記事内ではそれぞれにおすすめの契約先を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

結局ポケット型WiFiを無料で使うならどれがおすすめ?

ポケット型WiFiを無料で利用したいのであれば、利用する期間によって以下の2つがとくにおすすめです。

短期間使うなら1日単位のレンタルポケット型WiFiがおすすめ
1ヶ月単位で使うなら端末無料のポケット型WiFiがおすすめ

数日間だけ使いたいなら、月額料金が無料でレンタル日数だけの無駄なく支払う1日単位のレンタルポケット型WiFiがコストを抑えられます。

また、数か月間だけ使うなら端末が無料レンタルでき、好きなタイミングで解約できる契約期間の縛りなしのポケット型WiFiが使い勝手良く利用できますよ。

ポケット型WiFiは通常いくらかかる?

ポケット型WiFiの料金相場は利用できるデータ容量や回線、契約先によっても大きく異なりますが目安は以下のとおりです。

ポケット型WiFiの料金相場
  • 事務手数料:3,300円前後
  • 端末代金:0円~約35,000円
  • 月額料金:約500円~8,000円

ポケット型WiFiを利用する場合のコストは、基本的に小容量で低速なら安く、大容量で速度を求めるなら高額になりやすいです。

ご自身の利用目的や重視したい点によって、コスパのよいポケット型WiFiを選びましょう。

記事内の【無料で利用できるポケット型WiFiを選ぶポイント】の項目も参考にしながら、複数の契約先を比較したうえで決定してください。

ポケット型WiFiの無料お試しは本当にタダ?

ポケット型WiFiを無料でお試しできるサービスはいくつかありますが、主に2つのパターンにわかれます。

ポケット型WiFiの無料お試しサービスの種類
  • 契約前の使用感を確かめるために無料で端末を貸し出すサービス
  • 契約したうえで使ってみて不満があれば無料で解約できるサービス

たとえば、UQ WiMAXが実施している「Try WiMAX」のような契約前の使用感を確かめるために無料で端末を貸し出すサービスは端末の返却期限を守れば料金が一切かかりません。

しかし、契約したうえで使ってみて不満があれば無料で解約できるサービスは月額料金や端末代金などは無料になったり返金されたりしますが、返却手数料や送料、事務手数料などは契約者負担の会社もあります。

契約する前に無料でお試ししてみたいのか、契約を前提に回線状況や速度が不安でお試ししたいのかによって利用するサービスを検討しましょう。

海外で使える無料のポケット型WiFiはある?

ポケット型WiFiは利用する端末やサービスによって、そのまま海外でも利用可能です。

1日単位でレンタルできるポケット型WiFiサービスでは海外用の端末も貸し出している場合があり、渡航する直前に空港で借りて帰国後に空港で返却できる会社もあります。

またSIMカードのみ契約できるauの格安プラン「povo」も海外用のSIMが契約可能です。

編集部

ポケット型WiFi端末がSIMフリー対応で海外でも利用可能な機種なら、海外用のSIMを挿入しても問題ありません。

端末が無料の月額制ポケット型WiFiも海外でそのまま使える会社があるので、国内外の移動が多い方は契約先を選ぶ基準のひとつとして考えてみてください。

まとめ

今回は無料で使えるポケット型WiFiについて、おすすめのサービスや契約先を紹介しました。

結論として、無料で利用できるポケット型WiFiを選ぶ際はまず端末を持っているかどうか、次にどれくらいの期間利用するかで決めましょう。

【発注した画像を挿入予定】

また、必要とするデータ容量や利用するエリアによっても選ぶべきポケット型WiFiが異なります。

記事では無料で使えるポケット型WiFiを選ぶポイントもくわしく紹介しているので、参考にしたうえで自分にぴったりのサービスを安く契約してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次