2015.07.31WiMAX , サービス

エリア拡大中のWiMAX!でもエリア外だったら?エリア改善要望の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代ではスマートフォンやタブレット端末の進化が著しく進んでいます。伴って、インターネットに接続する手段も重要になってきました。通信の手段の1つとして、高速通信が可能なWiMAXを利用している方も多いでしょう。
2015年4月末時点で公表されているデータでは、WiMAXは都市部のほとんどのエリアに対応し、地方にも範囲を拡大し続けています。しかし、自分が住んでいる地域がWiMAXのエリア外であった場合、どのような対策を講じればよいのでしょうか。
今回は、WiMAXのエリア外であった場合に役立つ「エリア改善要望」の方法についてご紹介します。

「エリア改善要望」とは?

「エリア改善要望」とは?WiMAXを提供しているUQコミュニケーションズでは、WiMAXやWiMAX2+のエリア拡大や、エリア内の電波状況について、利用者の意見を募集するページを設けています。HPに集まった情報はエリアごとに集計され、今後のエリア展開や品質改善の参考にされます
もし、特定のWiMAX非対応エリアから多くのエリア改善要望が出された場合、エリア拡張時に、その場所の優先度が上がる可能性が高いです。同様に、エリア内の電波状況が悪い場合でも、要望が集まれば品質改善が行われる可能性があります。「WiMAX非対応エリアに住んでいる」「対応エリアだが電波が弱い」という方は諦めずに改善要望を出しましょう。

【ステップ1】対応エリアを確認する

【ステップ1】対応エリアを確認するまだWiMAXに加入されていない場合は、まずは公式ホームページで、今お住まいの地域がWiMAX対応エリアかどうかを確認しましょう。今お住まいの地域が対応エリアか調べるには、WiMAX公式ホームページのトップにある、「エリア」または「サービスエリア」を選択することで確認できます。WiMAXだけではなく、WiMAX2+などの対応エリアも確認できるため、加入を考えているサービスに合わせてチェックしてください。
「エリアを確認した結果、非対応エリアだった」、または「対応エリアだが、電波が悪い」という方は、エリア改善要望を出しましょう。エリア改善要望は、公式ホームページの「サービスエリア」の項目から「お客様の声を聞く」を選択し、最後に「お聞かせください WiMAXのエリアについて」のアイコンをクリックすると移動することができます。

【ステップ2】要望の内容を選択する

【ステップ2】要望の内容を選択するまずは「要望の内容」を選びます。要望の内容を大きく分けると、「サービスエリアの拡大」「サービスエリア内の品質改善」「WiMAXのエリア」「WiMAX2+のエリア」です。
自分が改善を希望するサービスをしっかりと把握し、間違った内容を送ってしまわないように注意しましょう。

【ステップ3】改善を希望する場所の住所を入力する

次に、「サービスエリアの拡大、または品質改善を希望する場所」の住所を入力してください。詳細に入力した方が、今後のエリア拡大や品質改善の参考にされる可能性が高くなります。改善要望を出す際は、できれば建物名や階数といった細かなところまで、しっかり入力するようにしましょう。

【ステップ4】電波の品質改善要望の場合はさらに詳しい情報を入力する

要望がサービスエリア内の品質改善であった場合、さらに詳しく情報を入力することになります。ネットが繫がらなかった日付や、使っていた機種、ルーターに表示されたアンテナの状況など、必須の入力項目を入力してください。スムーズに改善要望を出せるよう、送信前に情報を整理しておきましょう。

おわりに

WiMAXの「エリア改善要望」の方法をご紹介しました。WiMAXは契約形態によっては月のデータ通信量に上限が設けられていません。そのため、スマートフォンやタブレット端末で頻繁にインターネットを利用する方におすすめのサービスです。現在お住まいの地域が非対応エリアの場合はこの記事を参考にして、諦めずに改善要望を出してください。

The following two tabs change content below.
Broad WiMAX通信編集部

Broad WiMAX通信編集部

WiMAXやスマホなどのモバイル情報を発信するBroad WiMAX通信のなかの人です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WiMAXサービスに関して、ご不明な点があれば下記Broad WiMAX受付窓口へどうぞ
相談受付フリーダイヤル
0120-299-963
受付時間:平日/10:00~22:00 土日祝/10:00~22:00
Webフォームなら24時間受付中