WiFi

無線LANとは?WiFiとの違いなどをわかりやすく解説!

無線LANとは?
本記事は2022年03月04日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

無線LANがどのようなもので、どうやったら使えるのか、疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

無線LANを使ってインターネットを使用したいと考えているなら、基本的な知識や、導入方法、WiFiとの違いなどについては一通り確認をしておきたいところです。

そこで本記事では、無線LANとは何か、WiFiと違いはあるのか、どのようにして導入すれば良いのかなど、気になるポイントについて解説します。1つずつチェックしてきましょう。

本記事は2022年3月4日に作成されました。現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

無線LANとは

まずは、無線LANとは何かについて確認していきましょう。

無線LANは、無線で接続されたLANのことです。LANは「Local Area Network(ローカルエリアネットワーク)」の略で、敷地内や建物内など一定の限定されたエリア内で接続できるネットワークを指しています。無線で接続するLANが「無線LAN」、有線で接続するLANが「有線LAN」です。

ルーターがインターネットに接続し、ルーターを中心に各端末をLANで結ぶことで、各端末でインターネットが使用できることになります。

「無線LAN」と「WiFi」に違いはある?

続いて、「無線LAN」と「WiFi」の違いについて確認していきましょう。

「無線LAN」と「WiFi」は同じ言葉として使われることが多いですが、厳密に言うとWiFiは無線LAN規格の1つです。WiFi以外にも、Bluetoothなども定義上は無線LANに含まれます。

このように無線LANにはいくつか種類がありますが、「WiFi」という共通規格が無線LANの世界的標準となっているため、現在では無線LANというと「WiFi」という認識になっています。

無線LANを設置するにはどうしたらいい?

無線LANでインターネットを使いたいなら、光回線やWiMAXを契約しましょう。少しでも高速に通信したい方は光回線、手軽に十分な速度のインターネットを導入したい方はWiMAXがそれぞれおすすめです。

光回線、WiMAXを導入する流れをそれぞれ解説します。

●光回線を導入する流れ

光回線を自宅に導入したい場合は、まずは公式サイトから申し込みをして、回線工事の日程調整まで手続きを進めていきましょう。

立ち会いが必要な屋内工事は予約制です。自分の都合の良い時間を押さえるためには、早めに予約を取る必要があります。特に3~4月の繁忙期はかなり予約が混み合い、予約が取れるのが1~2ヶ月先になることもあるので注意が必要です。

なお、賃貸など、すでに光回線が導入済の場合は工事不要です。部屋にLANケーブルを挿し込むための光コンセントがあるかを確認してみましょう。

回線工事が済んだら、インターネットに接続するための初期設定をします。光コンセント、ONU (またはホームゲートウェイ)、WiFiルーターをそれぞれ接続して配線します。

あとは端末側で初期設定をすればインターネットに接続できます。契約先の公式サイトなどで手順を確認のうえ、設定を進めていきましょう。

●WiMAXを導入する流れ

申し込みの前に、自宅や生活圏がWiMAXのサービスエリア内であるかを、まずは確認しておきましょう。

WiMAXはどこと契約しても、エリアはUQ WiMAXに準じています。UQ WiMAXのエリア確認のページから、確認をしておきましょう。

▼UQ WiMAXのエリア確認のページ

https://www.uqwimax.jp/wimax/area/map/default/

エリアの確認ができたら、契約したいプロバイダーの公式サイトから申し込みを開始しましょう。使用する端末、料金プラン、オプションなどを選択のうえ、本人情報を入力して申し込み手続きは完了です。

後日、自宅に端末などの商品一式が届きます。あとは、WiMAXのルーターに端末を接続するための初期設定をすれば、すぐにインターネットを使用できます。

インターネット回線は工事不要のWiMAXがおすすめ

手軽にインターネットを使い始めたいなら、工事不要のWiMAXがおすすめです。

光回線は工事の日程調整や立ち会いのために何かと時間と手間がかかります。WiMAXならこうした面倒な工事は不要です。工事費もかからないので、費用としても節約できます。

WiMAXを契約するなら、業界最安級(※1)の「Broad WiMAX」がおすすめです。

Broad WiMAXならデータ通信量の制限なし(※2)のプランが契約できるだけでなく、WiMAXを始めるための初期費用・端末代はキャンペーンで大幅に割引されます。費用をできるだけ抑えて、WiMAXを始めることが可能です。

(※1)各通信事業者のHPで公表されているWiMAX +5Gサービス15社の月額基本料の比較において。自社調べ(2022年2月時点)。
(※2)ネットワーク混雑回避のため、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、ネットワークが混雑する時間帯に通信速度を制限する場合があります。

Broad WiMAXのおすすめWiFiルーター

Broad WiMAXのおすすめWiFiルーター

Broad WiMAXではモバイルWiFiルーター、ホームルーターそれぞれの取り扱いがあります。外でもWiFiを使用するならモバイルWiFiルーター、家でしかWiFiを使用しないならホームルーターがそれぞれ適しています。

Broad WiMAXのWiFiルーターをチェックしていきましょう。

■Galaxy 5G mobile Wi-Fi

Broad WiMAX では、5G対応モバイルWiFiルーターとして、「Galaxy 5G mobile Wi-Fi」の取り扱っています。5G対応のプラン「ギガ放題プラス」「ギガ放題プラスDX」で使用可能です。ギガ放題プラスDXプランの月額料金は最大3ヶ月2,090円(税込)。そして3ヶ月目以降は3,894円(税込)、37ヶ月目以降は4,708円(税込)です。

5G接続時には最大2.2Gbps(※)の高速通信をサポート。5.3インチの大画面のタッチパネル、5,000mAhの大容量バッテリーなど今までのモバイルWiFiルーターにないようなスペックの高さも魅力となっています。

ただし5Gの対応エリアは限られているので、事前に確認をしましょう。

(※) 記載の速度は5G通信時の技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。また、5G提供エリアは限定されています。

■Speed Wi-Fi HOME 5G L11

ホームルーターのおすすめは、5Gに対応した機種「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」です。

速度は下り最大2.7Gbps(※)で、自宅が5Gエリアなら超高速の通信が可能です。使用するにはギガ放題プラスプランの契約が必要になります。

5Gは使用できるエリアが限られていますが、対応エリアであれば高速通信が可能になり、4K動画やオンラインゲームも楽しめるようになります。自宅で5Gの高速通信を使用したい方は、ぜひ検討してみてください。

(※) 記載の速度は5G通信時の技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。また、5G提供エリアは限定されています。

無線LANの設置を検討中なら工事不要のWiMAX

「無線LAN」は、無線接続による限定されたエリア内でのネットワークのことです。

言葉の定義上は、WiFiは無線LANの通信規格の1つということになりますが、一般的には無線LANとWiFiは同じ意味と認識されていることが多いです。

無線LANを導入するためには、光回線やWiMAXを契約してインターネットに繋げる環境を整える必要があります。手軽にインターネットを使いたいのであれば、工事不要のWiMAXがおすすめです。 ぜひ無線LANの基本を押さえて、快適にインターネットを使っていきましょう。

The following two tabs change content below.
WiMAXサービスに関して、ご不明な点があれば下記Broad WiMAX受付窓口へどうぞ
電話相談受付
オペレーターに電話で相談する
Webフォームなら24時間受付中