2015.06.22WiMAX , サービス

WiMAXとスマホ・タブレットのテザリングを徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、端末をインターネットに接続する機会が増えました。端末をインターネットに接続する手段として比較的手軽なものが「テザリング」です。ここでは、「テザリング」と「WiMAX」を徹底比較し、違いなどを検証します。

【比較その1】利用できるエリアは?

【比較その1】利用できるエリアは?日本の都市部であれば、ほとんどがWiMAXの対応地域です。ただし、山間地域や都市部からかなり離れた場所では、対応エリア外となってしまう場合もあります。
一方テザリングは、LTE回線や3G回線が入る場所ならどこでも利用可能です。ただし、テザリングの通信速度は使用している回線に依存するため、3G回線しか入らない地域では通信速度が極端に落ちてしまうでしょう。

【比較その2】インターネットに接続できる時間は?

【比較その2】インターネットに接続できる時間は?外出先でインターネットを利用する機会が多い方にとっては、「外出先で、どれくらいの時間、インターネットに接続できるのか」が重要な問題です。
例えばWiMAXのルーターは、ものによっては12時間の連続通信が可能です。このような製品を使用すると、普段外出先でインターネット利用する分には全く問題を感じずに済むでしょう。
テザリングを使用するとかなりのスピードでスマホの電池が消費されます。「動画などを再生していたら、2時間程度でバッテリーが切れてしまった」との声も聞かれます。テザリングは長時間の利用には向きません。

【比較その3】速度が制限されることがある?

【比較その3】速度が制限されることがある?モバイル通信サービスの中には、月のデータ通信量が一定ラインを超えると通信速度の制限が行われるものがあります。動画を見たり、容量の大きいアプリをダウンロードしたりする方は、データ通信量の上限をチェックしておくことをおすすめします。
WiMAXの場合、月のデータ通信量の上限はありません。そのため、月にどれだけ動画を見たり、容量の大きなアプリをダウンロードしたりしても、通信速度制限が行われることはありません。
テザリングの場合は、通信量の上限が通信キャリアによって決っている場合が多いでしょう。月に3GB、もしくは7GBのデータ通信量を超えると、大抵は通信速度制限が行われます。特に動画を見る機会が多い方は、通信速度制限に引っ掛かりやすくなるため注意してください。

【比較その4】利用するために毎月かかる費用は?

WiMAXの利用料金は契約形態によってさまざまですが、大体、毎月3,600円から4,300円前後です。テザリングは、大抵スマートフォンの回線を契約した際のオプションとして選択することができます。オプションとしての料金は500円前後の場合が多いようです。
比較すると、毎月掛かる費用は、テザリングのほうが少額で済むことがわかります。しかし、テザリングの速度制限を解除する際は追加料金を支払う必要があるため、一概に「こちらのほうが安い」と言うことはできません。

おわりに

「端末をインターネットに接続する手段」として、「WiMAX」と「テザリング」の2つを比較し、違いを見てきました。WiMAXは、月に掛かる費用は高めですが、データ通信量による速度制限がなく、外出先でも長時間インターネットを楽しむことができます。そのため、「動画を見たり、アプリをたくさんダウンロードしたりしたい」「いつでも外出先でインターネットを楽しみたい」というヘビーユーザーには、WiMAXが合っているといえます。
対して、テザリングは月にかかる費用は安いものの、データ通信量による速度制限が存在し、外出先では短時間しか利用できません。そのため、「あまりインターネットは使わないが、とりあえずインターネットへの接続手段は確保しておきたい」というユーザーに適しているといえるでしょう。インターネット利用頻度などを考え、自分のスタイルに合った手段を選んでください。

The following two tabs change content below.
Broad WiMAX通信編集部

Broad WiMAX通信編集部

WiMAXやスマホなどのモバイル情報を発信するBroad WiMAX通信のなかの人です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WiMAXサービスに関して、ご不明な点があれば下記Broad WiMAX受付窓口へどうぞ
相談受付フリーダイヤル
0120-299-963
受付時間:平日/10:00~22:00 土日祝/10:00~22:00
Webフォームなら24時間受付中