インターネット

インターネットの契約方法を知りたい!必要なものや手順を紹介

ノートパソコンの前で悩んでいる女性

「インターネット回線ってどうやって契約すれば良いの?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

特に初めての契約となると、契約の手順や、プロバイダーの選び方など分からないことが多く、何から始めて良いのか迷ってしまうかもしれません。インターネット契約のための基本はぜひ申し込み前に確認しておきましょう。

本記事では、インターネットの契約方法やインターネット回線を選ぶときのポイントなどについて、詳しく解説します。これから契約を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

本記事は2022年4月12日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

戸建てのインターネット契約に必要なものと手順

光回線でインターネットに接続するためには、以下の2つが必要です。

  • 回線事業者
  • プロバイダー

回線事業者は、インターネット回線を提供する事業者です。インターネットに接続するまでの道路を提供しているというとイメージしやすいでしょう。

一方で、プロバイダーは、回線事業者の提供する回線を実際にインターネットに接続する役割を果たしています。そのため、回線事業者とプロバイダーの両方が揃って、はじめてインターネットを使用できます。

ただ、実際のところはプロバイダーと光回線がセットになっていることが多く、別々で契約する必要はないことが多いです。

それでもセットのプロバイダーを選択できることはあるため、いざ契約の時に「プロバイダーって何だっけ?」と迷わないためにも、それぞれの違いをぜひ押さえておきましょう。

また、インターネットを契約する手順は以下の通りです。

  • 契約先のプロバイダーに申し込み
  • 回線工事を実施(光回線のみ)
  • 設定をして使用開始

まずは契約先を選んで、Webサイトから申し込みをします。月額料金、通信速度、キャンペーンなどを比較しながら契約先を選んでいきましょう。

申し込みまで完了したら、光回線の場合には回線工事が必要です。日程調整をして、当日に立会いをして工事を進めていきます。なお、WiMAXなどのモバイル回線の場合は、回線工事は不要です。

最後にインターネットに接続するための初期設定をします。契約先の公式サイトなどで手順を確認のうえ、必要な設定を進めていきましょう。初期設定まで完了すれば、無事にインターネットを開始できます。

●そもそもインターネット回線とは?

そもそも「インターネット回線」とは、インターネットに接続するための回線のことを指します。

インターネット回線には、光ファイバーを利用する回線や電話線を使用した回線、無線で繋がる回線など様々な種類があります。

自分がどのインターネット回線を契約するか、予め決めておきましょう。

インターネット回線にはどんな種類がある?

OKポーズをしている女性

インターネット回線としては、光回線、モバイル回線、ADSL、CATVの4種類があります。

自分に合う回線を契約するために、ぜひ特徴の違いを押さえておきましょう。

●光回線

光ファイバーを通じて通信するインターネット回線です。固定回線としては現在ではほとんどのユーザーが、光回線を使用しています。

光信号での通信のため、電気信号で通信するADSLやCATVと比べると、はるかに高速な通信が可能です。回線工事のための手間と費用がかかりますが、通信速度が出やすく接続も安定しています。

なお、回線工事の費用は、基本的にマンション・アパートよりも戸建ての方が高額です。

●モバイル回線

WiMAXなどのプロバイダーが取り扱っている「モバイルWiFiルーター」や「ホームルーター」といった機器は、WiMAX 2+回線や携帯電話回線などのモバイル回線を使ってインターネットに接続しています。

光回線のような回線工事の必要がなく、機器の到着後すぐにインターネットを使えるようになる点が特徴です。中でも、WiMAXのプロバイダーのひとつであるBroad WiMAXでは、機器を最短即日発送(※)しています。できるだけ早くインターネット環境を整えたい方におすすめですよ。

また、持ち運びが可能なモバイルWiFiルーターなら、外出先で使うこともできます。これは固定回線にはない、モバイル回線ならではの魅力的なポイントです。

最近では5G対応のモバイルWiFiルーターやホームルーターも登場し、光回線に匹敵する速度での通信もできるようになっています。

(※) 当日発送は平日13時までの受付分となります。日曜・祝日は配送を行っておりません。土曜日に即日発送ご希望の場合はお電話にてご確認お願い致します。また、申込の混雑具合・審査・在庫の状況により、即日発送ができない場合もございます。

●ADSL

ADSLは、電話回線を使用したインターネット回線です。光ファイバーが普及する以前は主流でしたが、現在ではほとんど使用されていません。

通信速度が非常に遅く、特に大容量のデータの送受信では著しく低速化してしまいます。

ADSLはサービス自体も続々と終了予定です。フレッツ・ADSLが2023年1月、Yahoo! BB ADSLが2024年3月にサービスを終了します。いずれも新規の受付はすでに終了しています。

●CATV

CATVは、ケーブルテレビの回線を使用した固定回線です。

地上波やBS、CSなどのテレビ放送と合わせて、インターネット回線を契約できます。ADSLに比べると高速な通信が可能ですが、光回線と比べると通信速度や安定性が劣るため、注意が必要です。

インターネット回線を選ぶときのポイント

インターネット回線を選ぶときのポイントとして、以下の3つがあります。

  • 通信速度
  • 月額料金
  • キャンペーン・特典内容

それぞれ詳しく見ていきましょう。

●通信速度

まずは通信速度です。基本的には公式サイトに「最大通信速度」の記載があるので事前に確認しておきましょう。

ただし、最大通信速度はあくまで理論上の最大値に過ぎません。実際に使う際の通信速度の「実効値」については、各種レビューやSNSなどの評判が参考になります。

特にモバイル回線では、端末のスペックとしての通信速度も重要です。端末の製品ページにあるスペック表などを参考に、あわせて確認しましょう。

●月額料金

インターネット回線を選ぶ際は、月額料金も比較しましょう。サービス内容が同程度なら、出費をより安く抑えられる会社と契約した方がお得ですよね。

料金の比較で迷ったら、2~3年など、想定する使用期間でのトータルの費用を比較してみると安く使えるサービスが見つけられます。

初期費用や割引も含めて計算しておくと、より正確に見積もりが可能です。

●キャンペーンや特典内容

インターネットの契約となると、キャンペーンや特典内容も重要なポイントです。キャッシュバックや端末代の割引など、サービスごとにキャンペーンは大きく異なります。

期間限定のキャンペーンも多いため、事前にアンテナを張っておくとお得に契約できます。

携帯の料金がお得に!光回線でおすすめの4社を比較

現在、au、ドコモ、ソフトバンク、楽天モバイルのいずれかで携帯電話を契約しているなら、光回線の契約先としてはキャリアの提供する光回線はぜひ候補に検討しましょう。

スマートフォンと光回線のセット割引でお得に契約が可能です。

auひかり
「ホーム1ギガ」
ドコモ光
「1ギガ タイプA」
ソフトバンク光
「ファミリー・ギガスピード」
楽天ひかり
「マンション/ファミリープラン」
通信速度最大1Gbps(※1)最大1Gbps(※2)最大1Gbps(※3)最大1Gbps(※4)
キャンペーン特典内容・最大20,000円キャッシュバック
・初期費用(工事費含む)相当額割引など
・ドコモ光新規工事料無料特典
・dポイントプレゼント特典(最大10,000pt)など
・SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引キャンペーン(工事費サポート)
・SoftBank あんしん乗り換えキャンペーンなど
・楽天ひかりUN-LIMITキャンペーン
・SPU(スーパーポイントアッププログラム)など
スマートフォンとのセット割auスマートバリュードコモ光セット割おうち割 光セットなし
対応プロバイダー・@nifty
・@T COM
・ASAHIネット など
・ドコモnet
・plala
Yahoo!BBのみ楽天ブロードバンドのみ
公式サイトauひかりドコモ光ソフトバンク光楽天ひかり

※横にスクロールできます。

au、ドコモ、ソフトバンクで提供している光回線とのセット割引と家族割引サービスを適用すれば、家族全員のスマートフォン料金が最大1,100円(税込)割引されます。例えば、家族4人で割引が適用できれば、合計で最大4,400円(税込)の割引を受けることが可能です。

ただし、料金プランによって割引額が異なることもあるので、契約する前に確認しておきましょう。

なお、上表の中で楽天ひかりのみセット割引がありませんが、楽天モバイルユーザー向けの「楽天ひかりUN-LIMITキャンペーン」を適用することで、楽天ひかりの月額料金が1年間無料(※5)になります。また、スマートフォンのプラン料金も3ヶ月間0円(※6)に。

そのほか、各光回線でキャッシュバックなどのキャンペーンも実施中です。工事費についても割引を行っていたり、無料特典がついていたりすることもあるため、適用条件を満たせば初期費用を抑えられます。

キャンペーンの適用条件など、細かい内容は各公式サイトで最新情報を確認してください。

特に、該当のキャリアでスマートフォンを契約中なら、ぜひ同じキャリアの光回線は検討してみると良いでしょう。

(※1,2,3,4)各サービスは、ベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等によって大幅に低下する場合があります。
(※1)ご利用のパソコンによっては、上り下り最大1Gbps(1000Mbps)の速度を実現できません。
(※3)SoftBank 光ギガスピード、スーパーハイスピードの場合です。SoftBank 光ハイスピード(IPv6 IPoE+IPv4)の場合は下りで最大1Gbpsとなります。最大1Gbpsとは技術規格上の最大速度です。実際には、お客さまのご利用環境や回線状況などにより、低下する場合があります。
(※5) 楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VI)利用中または楽天ひかり申し込みの翌月15日までに、新規申し込みをした人が対象です。
(※6) 1人につき最初の1回線目のみ。

外でもWiFiを使うならBroad WiMAXの回線サービスがおすすめ

家でも外でも快適にインターネットを使用したい方には、Broad WiMAXのモバイルWiFiルーターがおすすめです。

モバイルWiFiルーターは持ち運びができる小型のWiFi機器で、自宅でも外出先でも5G対応エリア内であればインターネットが使えます。さらに、Broad WiMAXは、月額料金がWiMAX業界のなかでも最安級(※1)です。

以下、Broad WiMAXの5Gプランである「ギガ放題プラスプラン」と「ギガ放題プラスDXプラン」の月額料金や違約金などをまとめた表になります。

プラン名ギガ放題プラスプランギガ放題プラスDXプラン
初期費用(税込)20,743円
事務手数料(税込)3,300円
月額料金(税込)初月~2ヶ月目:2,999円
3ヶ月目~24ヶ月目:4,634円
25ヶ月目~:5,313円
初月~2ヶ月目:2,090円
3ヶ月目~36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目~:4,708円
端末料金(税込)一括:21,780円
分割:605円×36ヶ月
違約金(税込)初月~:10,450円
更新月のみ:0円
初月~12ヶ月目:20,900円
13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円
25ヶ月目~:10,450円
更新月のみ:0円
契約期間2年3年
支払い方法クレジットカード・口座振替・請求書(法人の場合)
キャンペーン乗り換えキャンペーン
2台同時申込キャンペーン
プラスエリアモード無料

「ギガ放題プラスプラン」と「ギガ放題プラスDXプラン」では、au 5Gをデータ通信量無制限(※2)で使えます。5G対応エリアであれば、通信速度は最大2.7Gbps(※3)で、光回線に劣らぬ高速通信が可能です。

また、現在Broad WiMAXでは以下のキャンペーンを提供しています。

  • 乗り換えキャンペーン:他社から乗り換える場合、最大19,000円の違約金が還元される
  • 2台同時申込キャンペーン:2台同時に申し込むと、5,000円がキャッシュバックされる
  • プラスエリアモードが無料:屋内、山間部、地下など電波が届きにくい場所でも通信が繋がりやすくなるサービスが通常月額1,100円(税込)のところ無料に

お得なキャンペーンを利用したい方は、Broad WiMAXの5G対応プランをぜひご検討ください。ただし、キャンペーンにはそれぞれ適用条件があるため、詳しい内容はBroad WiMAXの公式サイトを確認しましょう。

Broad WiMAX

(※1)各通信事業者のHPで公表されているWiMAX+5Gサービス15社の月額基本料の比較において。自社調べ(2022年3月時点)
(※2)ネットワークの混雑回避のため、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
(※3)本サービスはベストエフォートサービスです。記載の速度は5G通信時の技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。現在、5G提供エリアは一部に限定されております。また、エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。

戸建てでも使える!Broad WiMAXの最新WiFiルーター

Broad WiMAXの回線サービスでは、5G対応の最新モバイルWiFiルーター・ホームルーターを取り揃えています。

以下では、それぞれの端末の特徴をご紹介します。

●ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」

ホームルーターの「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」は、5Gに対応(※1)しています。そのため、下り最大2.7Gbps、上り最大183Mbpsの超高速通信が可能(※2)です。

さらに、WiFi 6の4ストリームにも対応。30台で最大40台の機器を同時接続できるため、スマートフォンやパソコンだけでなく、家電など多くの機器をインターネットに接続したい場合でも、十分に使用できます。

対応通信エリアは、WiMAX 2+、au 4G LTE(1.7GHz、2GHz帯)、au 5G(3.7GHz帯) 、au 4G LTE(800MHz)、au 5G(700MHz)に対応しています。

IoTのインターネット新時代を前に、しっかりとした対応力を備えたWiFiルーターをお探しの方におすすめの端末です。

(※1) 現在、5G提供エリアは一部に限定されております。
(※2) 本サービスはベストエフォートサービスです。記載の速度は5G通信時の技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。

●モバイルWiFiルーター「Speed Wi-Fi 5G X11」

「Speed Wi-Fi 5G X11」は、5Gならではの高速通信が楽しめる最新の5G対応機種です。5G接続時の通信速度は下りで最大2.7Gbps(※)のスピードが出ます。

同時接続台数は16台で、自宅で使用する場合は家族とも問題なくシェア可能です。もちろんビジネスシーンでも利用できます。4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、外出先でも安心して長時間使えます。

本体の重量が約174gで、軽量モバイルルーターとして持ち運びにぴったりです。

対応エリアは、WiMAX 2+、au 4G LTE(1.7GHz、2GHz帯)、au 5G(3.7GHz帯)、au 4G LTE(800MHz)、au 5G(700MHz)です。

(※)本サービスはベストエフォートサービスです。記載の速度は5G通信時の技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。現在、5G提供エリアは一部に限定されております。また、エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。

自分の条件に合うインターネット回線を契約しよう!

インターネット回線は、各サービスの公式サイトから契約の申し込みが可能です。月額料金や通信速度、キャンペーンなどをチェックしながら、自分に合う契約先を選びましょう。

外でもインターネットを使いたい方には、Broad WiMAXの回線サービスがおすすめです。5G対応のモバイルWiFiルーターは従来よりも通信速度が速いため、自宅でも外出先でも快適にインターネットが使えます。

気になった方は、Broad WiMAXの公式サイトから詳細を確認しましょう。

Broad WiMAX
The following two tabs change content below.
WiMAXサービスに関して、ご不明な点があれば下記Broad WiMAX受付窓口へどうぞ
電話相談受付
オペレーターに電話で相談する
Webフォームなら24時間受付中