WiFi(インターネット回線)

WiFi(インターネット回線)はどこがおすすめ?種類や回線速度・契約方法について紹介

インターネットの種類

インターネット回線を契約したいと考えているけど、「固定回線にすべきか、無線回線にすべきか」「契約の手順が分からない」などと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

これからインターネット回線を契約するなら、まずは回線の種類や、契約の基本的な手順を押さえておきたいところです。ざっくりと全体像が見えれば自分に合ったインターネット回線が見つかるはず。

本記事では、インターネット回線の種類と使用の流れを解説します。

本記事は2022年08月25日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

インターネット回線とは

インターネット回線は、インターネットに接続するための回線のことです。

光ファイバーを使用した光回線や、電話線を使用したADSL、WiMAXや携帯電話回線を使用したモバイル回線などがあります。

なお、光回線をはじめとする固定回線については、インターネットを使用するために回線事業者とプロバイダーの両方の契約が必要です。

「回線事業者」とは、インターネットに接続するための回線そのものを提供する事業者です。「インターネットに接続するまでの道路を提供している」というとイメージしやすいかと思います。

一方、「プロバイダー」とは、IPアドレスを発行してユーザーがインターネットに接続できるようにする役割を果たします。回線事業者が提供した道路に対して、料金所を作ってユーザーの出入りを管理するのがプロバイダーの役割です。

回線事業者、プロバイダーの違いも、インターネット回線を契約する上では基本となるので、ぜひ押さえておきましょう。

インターネット回線の種類と回線速度を紹介

インターネット回線の種類としては、光回線をはじめとする固定回線のほか、電波を受信して接続する無線回線があります。

現在、広く使われているのは「光回線」「ホームルーター」「モバイルルーター」の3つです。特徴の違いを比較すると以下の通りになります。

固定回線無線回線無線回線
光回線ホームルーターモバイルルーター
通信手段光ファイバー電波(WiMAX 2+・4G LTEなど)電波(WiMAX 2+・4G LTEなど)
最大速度(※1)1Gbps(※2) 2.7Gbps (※3)2.7Gbps(※4)
月額(マンション)4,455円(税込) ~(※5)4,268円(税込)~(※7)4,268円(税込)~(※7)
月額(戸建て)5,940円(税込)~(※6)4,268円(税込)~(※7)4,268円(税込)~(※7)
契約年数契約期間なし2年2年
開通工事必要不要不要
開通までの期間3週間程度(※8)最短当日(※9)最短当日(※9)
持ち運び不可不可

(※1)通信速度はいずれもベストエフォートサービスのものです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。
(※2)一部地域では最大10Gbpsのプランも提供中(https://flets.com/)。
(※3) UQ WiMAX(https://uqwimax.jp/wimax/products/)、Speed Wi-Fi HOME 5G L12(5G接続時)の場合。
(※4) UQ WiMAX(https://uqwimax.jp/wimax/products/)、Speed Wi-Fi 5G X11(5G接続時)の場合。
(※5)NTT東日本 フレッツ光 ネクストマンション・ギガラインタイプ(プランミニ)の料金。
(※6)NTT東日本 フレッツ光 ネクストファミリー・ギガラインタイプの料金。
(※7)UQ WiMAX ギガ放題プラス(WiMAX +5G はじめる割適用時)の場合
(※8)フレッツ光 NTT東日本公式ホームページより、状況によって変化します。
(※9)Broad WiMAX 公式ホームページより、一部地域の店舗受け取りの場合。

以下、インターネット回線の種類と特徴を詳しくご紹介します。

●光回線

現在、ほとんどの固定回線ユーザーが光回線を使用しています(※)。

光ファイバーケーブルを通じて、光信号で通信します。電気信号で通信するADSLやCATVと比べると、はるかに高速・大容量で通信が可能です。

(※)参考:『総務省|通信利用動向調査』

●モバイル回線

WiMAX 2+や4G LTE、5Gの電波を受信して、インターネットに接続する方式です。ホームルーターやモバイルルーターで通信します。

ホームルーターなら、開通工事不要でコンセントに繋いで初期設定をするだけでインターネットが使えます。すぐにインターネットを使いたい方や、賃貸物件上の制約などで工事ができない方に適しています。

モバイルルーターに比べると内蔵のアンテナが強力なので、自宅やオフィスなどの決まった場所のみで使用するなら、ホームルーターがおすすめです。

一方、モバイルルーターは持ち歩けるタイプであるため、外出先でもインターネットに接続できます。モバイルルーター自体の充電が必要ですが、こちらも工事不要で、届いたその日から使えます。

ホームルーターもモバイルルーターも、5G対応のWiMAXでは、光回線に迫る高速通信を実現しています。5Gの登場で、高速通信を期待する人にも注目の選択肢となっています。

●ADSL

電話回線を使用してインターネットに接続するタイプの固定回線です。光ファイバーが普及する以前に主流となっていました。

サービス自体は続々と終了予定となっており、フレッツ・ADSLが2023年1月、Yahoo! BB ADSLが2024年3月にサービスを終了します。フレッツ光未対応エリアを除き、いずれも新規の受付はすでに終了しています。

●CATV

CATVはケーブルテレビの回線を使用した固定回線です。地上波、BS、CSなどのテレビ放送と合わせて、インターネットを契約できます。

ADSLより高速通信が見込めますが、光回線と比べると速度が劣ります。

インターネット回線の選び方と契約するまでの流れ

インターネット回線の選び方と使用までの流れ

インターネット回線の種類を決めたら、実際に契約先を選び、申し込みをしましょう。今回は主流とされている光回線を例に、使用までの流れを紹介します。

●①契約する回線を選ぶ

まずは、月額料金・速度・提供エリア・キャンペーンなどを比較しながら自分に合った光回線を選んでいきましょう。

料金も手間も抑えたいと考えているなら、プロバイダーがセットになったサービスを選ぶのがおすすめです。フレッツ光など回線サービスのみの契約先を選ぶ場合には、別途、インターネットへの接続サービスを提供するプロバイダーの契約が必要になります。

●②回線工事を実施

契約する光回線を選んだら、公式サイトなどから申し込みをして、回線工事の日程調整まで手続きを進めていきましょう。立ち会いが必要な屋内工事は予約制のため、都合の良い時間を押さえるためには早めの予約が必要です。

今まで使っていた光回線を転用することで、回線工事が不要になるケースもあります。フレッツ光を他の事業者が借り受けて提供する「光コラボレーション」への乗り換えの場合、今までフレッツ光を使用していた人は既存の回線がそのまま使えるので、回線工事は不要となります。

また賃貸などで、すでに光回線が導入済の場合も工事は不要です。部屋にLANケーブルを挿し込むための光コンセントがあるかを管理会社や大家さんなどに確認してみましょう。

●③インターネット接続設定

回線工事が済んだら、インターネットに接続するための初期設定です。光コンセント、ONU (またはホームゲートウェイ)、WiFiルーターをそれぞれ接続して配線します。

また、有線で接続する場合も、WiFiで接続する場合も、端末側での設定が必要になります。契約先の公式サイトなどで手順を確認のうえ、設定を進めていきましょう。

インターネットの固定回線(光回線)のおすすめ5選

とくに初めて光回線を契約するとなると、どこを選んで良いのか分からないという方も多いと思います。おすすめの光回線を5つピックアップしました。

料金や通信速度などを一覧にすると、次の通りになります。

サービス名/プラン月額料金(税込)契約期間通信速度キャンペーン
NTT東日本 フレッツ光

(フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプの場合)

6,270円~期間指定なし最大1Gbps(※1)・ギガ・スマート割引
・にねん割
auひかり

(ホーム1ギガ ずっとギガ得プラン(ネット+電話)の場合)

6,160円3年最大1Gbps(※2)・初期費用相当額割引
auスマートバリュー
ドコモ光

(戸建 1ギガ タイプAの場合)

5,720円2年最大1Gbps(※3)・ドコモ光更新ありがとうポイント
・ドコモ光セット割
ソフトバンク光

(戸建の場合)

5,720円2年最大1Gbps(※4)SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン
・おうち割 光セット
NURO光

(G2T プランの場合)

5,200円3年最大2Gbps(※5)・月額料金の割引
・キャッシュバック

※横にスクロールできます。

上記プランのほか、各光回線サービスで10Gbps対応の超高速光通信のプランの提供も開始しています。なお、こちらはかなり限定された地域での提供となります。

これらの情報も含めたうえで、各光回線の特徴をチェックしていきましょう。

(※1,2)最大通信速度は、技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。インターネットご利用時の速度は、ご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により大幅に低下する場合があります。
(※3)「ドコモ光」はベストエフォート型サービスです。記載の通信速度は技術規格上の最大値であり、インターネットご利用時の速度は、お客さまのご利用環境(パソコンの処理能力、ハブやルーターなどのご利用機器の機能・処理能力、LANケーブルの規格、電波の影響など)、回線の混雑状況、ご利用時間帯によって大幅に低下します。また、マンションにお住まいの方については、当該建物の伝送方式によって最大100Mbps(技術企画上の最大値)でのご提供となります。(最大通信速度10Gbpsのプランはマンションタイプの提供はありません)
(※4) ソフトバンク 光ギガスピード、スーパーハイスピードの場合です。ソフトバンク 光ハイスピード(IPv6 IPoE+IPv4)の場合は下りで最大1Gbpsとなります。最大1Gbpsとは技術規格上の最大速度です。実際には、お客さまのご利用環境や回線状況などにより、低下する場合があります。
(※5)「2Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。お客さまが使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。端末機器1台における技術規格上利用可能な最大通信速度は、有線接続(1000BASE-T1ポート利用)時で概ね1Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。(IEEE802.11acの場合の速度です。弊社が設置する宅内終端装置の機種により対応していない場合があります。)速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

●NTTフレッツ光

NTTの提供する光回線サービスです。大手ならではの安心感、エリアの広さが魅力となっています。フレッツ光はあくまで回線事業者のため、別途、プロバイダーの契約が必要となります。

データ送受信は最大概ね10Gbpsで高速通信が期待でき(※)、さまざまなプランから選択できます。その他のサービスも充実しており、サポート体制もしっかりしているのは大手ならではのメリットでしょう。

(※)エリアに制限がございます。エリアの詳細はフレッツ 光クロス 提供エリアからご確認ください。

●auひかり

携帯電話でおなじみのauを運営する「KDDI」が提供する光回線サービスです。

フレッツ光以外の回線を自社で保有する、いわゆる独自回線のサービスのため、回線が混雑しづらく速度が出やすい特徴があり、戸建て向けのサービスではデータ送受信最大10Gbpsで高速通信が期待できます。(※)

auのスマートフォンとセットで家族全員のスマートフォン代が割引になる「auスマートバリュー」が使用できるのも大きな魅力です。家族1人あたり最大1,100円/月(税込)の割引が受けられます。

(※) 高速サービス「auひかり ホーム10ギガ・5ギガ」をご利用の場合。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリアでご利用いただけます。詳しいエリアは正規代理店フルコミットのWebサイト内にあるauひかりエリア確認フォームから確認できます。

●ドコモ光

NTTドコモが提供する光回線サービスです。フレッツ光の回線を借り受けて、NTTドコモがプロバイダーとしてサービスを提供しています。

auひかりと同様に、ドコモのスマートフォンとセットで契約すると、最大1,100円/月(税込)のスマートフォン料金の割引が受けられます。

「ドコモ光 10ギガ」のサービスもスタートし、一部エリアで最大10Gbps(※)の超高速通信にも対応しているのも注目です。

(※)「ドコモ光」はベストエフォート型サービスです。最大通信速度は技術規格上の最大値となり、お客さま宅内での実使用速度はお客さまのご利用環境・ご利用機器、回線の混雑状況などによって低下します。

●ソフトバンク光

ソフトバンクが光コラボとして提供する光回線サービスです。戸建て向けのサービス「SoftBank 光 ファミリー・10ギガ」では、一部エリアで最大10Gbpsの高速通信(※)を楽しめます。

ソフトバンクのスマートフォンとセットで契約すると、毎月のスマートフォンの利用料金から最大1,100円/月(税込)割引です。ソフトバンクユーザーなら候補として押さえておきたい光回線の1つです。

(※)最大10Gbpsとは技術規格上の最大値です。ご利用のパソコン等の機器やネットワーク機器の性能、その他利用環境、回線の混雑状況などにより大きく異なります。一部エリアの戸建てからサービス開始。

●NURO光

一般的な光回線の2倍の最大2Gbpsで通信できるのが大きな特徴な光回線です。一部エリアで最大10Gbpsの「NURO 光 10G」(※)も提供しています。

月額割引やキャッシュバックのキャンペーンも随時実施しているので、キャンペーン重視の方も要チェックです。

(※)端末機器1台における技術規格上利用可能な下りの最大通信速度は、有線接続(10GBASE-T利用)時で概ね10Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。NURO 光 10Gのサービス提供エリアは、北海道、関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)、東海(愛知、静岡、岐阜、三重)、関西(大阪、兵庫、奈良)、九州(福岡)の一部エリアです。

「モバイル回線」なら工事不要で使用可能!おすすめはBroad WiMAX

Broad WiMAX

ホームルーター・モバイルルーターなどのモバイル回線を使いたいなら、おすすめは「Broad WiMAX」です。

Broad WiMAXでは5G対応のWiMAXがスタートしています。対応エリア内であれば光回線にも劣らない高速通信を実現でき、工事不要でインターネットの使用を始めることができます。

Broad WiMAXの5G対応プランは以下の2つです。

プラン名ギガ放題バリュープランギガ放題フリープラン
初期費用(税込)0円
事務手数料(税込)3,300円
月額料金(税込)0か月目:1,397円
1か月目以降:3,883円
0ヶ月:1,397円
1か月目以降:4,367円
端末料金(税込)25ヶ月目以降:0円
分割:605円×36ヶ月
違約金(税込)0~24ヶ月目:3,883円
25ヶ月目以降:0円
0円
契約期間2年なし
支払い方法クレジットカード・口座振替・請求書(法人の場合)
キャンペーン乗り換えキャンペーン
2台同時申込キャンペーン

Broad WiMAXの月額料金は、業界最安級(※1)となっています。なお、月間データ容量は上限なし(※2)の使い放題です。

また現在、Broad WiMAXでは以下のキャンペーンを実施中です。

  • 乗り換えキャンペーン:他社から乗り換える場合、最大19,000円の違約金が後日還元される
  • 2台同時申込キャンペーン:2台同時に申し込むと、5,000円がキャッシュバックされる

各キャンペーン適用条件があるため、詳しくはBroad WiMAXの公式サイトで内容をご確認ください。

Broad WiMAXは、5G対応端末としては以下の2機種などの取り扱いがあります。最新の5G対応ルーターで快適に通信が可能です。ここからは、各機種の特徴を紹介します。

(※1)各通信事業者のHPで公表されているWiMAX2+サービス22社の月額基本料の比較において。自社調べ(2022年1月時点)。
(※2)直近3日間にご利用の通信量が合計15GB以上の場合、ネットワーク混雑時間帯に通信速度が概ね1Mbpsの制限を行います。
(※2)エリア混雑状況により速度を制限する場合があります。ネットワークの継続的な高負荷などが発生した場合、状況が改善するまでの間、サービス安定提供のための速度制限を行う場合があります。
(※2)本サービスはベストエフォートサービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。

●ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」

最大2.7Gbps(※)の高速通信に対応した高速ホームルーターです。

WiMAX2+、au 4GLTE、au 5Gの同時利用で超高速の通信速度を実現しています。

専用アプリ「ZTELink JP」を使えば、スマートフォンで簡単に接続設定、電波状態の確認などができます。

Speed Wi-Fi HOME 5G L12について詳しく見る

(※)現在、5G提供エリアは一部に限定されております。
(※)本サービスはベストエフォートサービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。

●モバイルWiFiルーター「Speed Wi-Fi 5G X11」

約174gと軽量で持ち歩きしやすい5G対応モバイルWiFiルーターです。

こちらも最大2.7Gbps(※)の高速通信に対応しています。バッテリーは4,000mAhを搭載し、軽量ながら約8時間の連続通信が可能です。

また、省電力モード・ロングライフ充電などバッテリー消費や劣化を抑える機能もあります。

Speed Wi-Fi 5G X11について詳しく見る

(※)現在、5G提供エリアは一部に限定されております。
(※)本サービスはベストエフォートサービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。

インターネットの回線を賢く選択しよう

インターネット回線の種類と、使用までの流れを解説しました。

光回線では、多くのサービスにて最大1Gbpsで通信できるほか、一部サービスでは2Gbps以上の通信も可能です。

しかし、最近ではモバイル回線も5Gに対応したことで、エリア内の使用であれば光回線に劣らぬ高速通信が可能です。

また、工事不要で気軽にどこでもインターネットを始めたいという方は、ホームルーターやモバイルルーターがおすすめです。届いたその日から快適にWiFiに接続することができるので、快適にインターネットが使用できます。

ぜひご自身に合ったインターネット回線を検討してみてくださいね。

Broad WiMAX
The following two tabs change content below.
Broad WiMAX通信編集部

Broad WiMAX通信編集部

WiMAXやスマホなどのモバイル情報を発信するBroad WiMAX通信のなかの人です。