WiMAX , サービス , ポケット型WiFi

高評価のBroad(ぶろーど)!おすすめポイント3つ

高評価のBroad(ぶろーど)!
本記事は2021年12月15日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

現代社会におけるインターネットは、水道や電気と同じくらい生活に欠かせないインフラとなりました。今や、一口にインターネットと言っても消費者が選択できるサービスはさまざまです。インターネット回線の形態だけでも、光回線や無線通信など数多くの選択肢があるため、迷ってしまうことも多いと思います。

そこで今回はインターネット通信業界の中でも最安級の月額※を誇るBroad(ぶろーど)に焦点を当て、おすすめポイントを3つご紹介します。

※各通信事業者のHPで公表されているWiMAX2+サービス22社の月額基本料の比較において。自社調べ(2021年6月時点)

本記事は2015年6月15日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

【おすすめポイント1】Broad(ぶろーど)は初期費用が安い

Broadは初期費用が安い

これからインターネットを始める方や、引っ越しなどで新規に契約を行う方の場合、やはり気になるポイントは初期費用です。Broad(ぶろーど)の登録に必要な初期費用として挙げられるものは、登録手数料と端末代の2つ。

端末代とはルーターの代金のことです。Broad(ぶろーど)は電波を介して通信を行うため、ルーターと呼ばれる通信機器が必要です。機器の定価は1万円を超えますが、割引やキャンペーンで大幅に値下げされていることが多く、初期費用が「0円」のケ-スが多いです。

一方、光回線で通信を行うプランの場合は、光ファイバー回線を電柱から家の中まで通す必要があるため、工事費用が20,000円~44,000円程度発生する可能性があります。特に、一戸建ての場合は工事費用が高くなりがちです。初期費用を抑えるためにBroad(ぶろーど)という選択は有効であると言えるでしょう。

【おすすめポイント2】月間データ容量の制限が無い

データ容量制限なし

Broad(ぶろーど)の無線通信規格「WiMAX」と同じ無線通信の規格に「LTE」があります。LTEとはスマートフォンを含む携帯電話で利用されている通信規格で、それまで利用されてきた3G通信に変わる高速通信として登場しました。

WiMAXとの違いはエリアの広さや料金プランなどです。WiMAXのメリットとしては「月間データ容量制限がない※1」ことが挙げられます。

LTEではデータ通信量が7GBを超えた場合、通信速度を大幅に制限するというプランになっていることが多く、動画を長時間見たり大容量のデータ通信を行ったりする方には不向きだといえます。

一方でWiMAXでも直近3日間での通信量が15GB以上の場合に制限がかかりますが、ほんの数時間で解消されるため、使い方によっては実質無制限のように利用可能です。

通信制限が掛かっても追加料金を支払えば通信制限を解除することはできますが、多くの通信量が必要な方はWiMAXを選んだ方が安心でしょう。

(※1)直近3日間にご利用の通信量が合計15GB以上の場合、ネットワーク混雑時間帯に通信速度が概ね1Mbpsの制限を行います。エリア混雑状況により速度を制限する場合があります。ネットワークの継続的な高負荷などが発生した場合、状況が改善するまでの間、サービス安定提供のための速度制限を行う場合があります。

現在WiMAXではさらに5G対応端末も登場しており、最大2.7Gbps※という高速通信が可能になっている点も注目ポイントです。

※ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11の場合
※本サービスは、ベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等によって大幅に低下する場合があります。

【おすすめポイント3】月額料金が安い

最後におすすめしたいポイントが、月額料金の安さです。月額料金は毎月必ず掛かるお金であるため、やはり一番気になるところでしょう。

光回線は一戸建てと集合住宅で料金プランが分かれている場合があります。住居の形態によって料金プランが分かれている場合、初期費用と同じく一戸建ての方が料金は高くなります。

一戸建てでは月額平均5,000円を超えるプランが少なくありません。サービス開始当時と比べれば価格は下がってきていますが、毎月支払わなければならない金額と考えると、もう少し安くなってくれると嬉しいところです。

Broad(ぶろーど)の料金プランを見てみると、月額2,999円~と割安な価格で提供されています。お財布に優しくインターネットが楽しめるでしょう。5G対応プランの場合には光回線の一戸建てと同等の月額料金にはなりますが、初期費用が安いことを考えるとやはりお得と言えるのではないでしょうか。

おわりに

今回は、Broad(ぶろーど)のおすすめポイントをご紹介しました。インターネットサービスは、使用する場所やパソコンやスマホなどの利用機器によってマッチするものが変わってきます。

例えば、一戸建てで使用することを頭において初期費用と月額料金を比べてみると、利用すべきインターネットサービスが具体的に見えてくると思います。まず、自分がインターネットを使う環境を確認してから、適しているものを選択すると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
WiMAXサービスに関して、ご不明な点があれば下記Broad WiMAX受付窓口へどうぞ
電話相談受付
オペレーターに電話で相談する
Webフォームなら24時間受付中