WiFi , 通信

WiFiの電波強度を上げる方法は?Broad WiMAXなら簡単に対処可能!

WiFiの電波強度を上げる方法は?
本記事は2022年03月11日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

「WiFiの電波強度って何?」、「電波強度の上げ方が分からない…」

このようなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?本記事では、電波強度の概要、電波強度をスマートフォンやパソコンで確認する方法、強度を上げる方法などを解説します。安定した電波強度でインターネットを使用したい方におすすめのWiFiもサービスご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事は2022年3月11日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

WiFiの電波強度とは?

WiFiの電波強度とは、WiFiルーターから飛ばされた電波がどのくらい強く届いているかの度合いを示すものです

電波は、家具や壁、湿気を含んでいるものや金属製の障害物に遮断されたり、電子レンジなどほかの電波を発するものとの電波干渉が発生したりして強度が弱くなることがあります。

WiFiを使用している方は、電波強度がWiFiルーターの置き場所に左右されることを覚えておきましょう。

スマートフォンやパソコンで電波強度を確認する方法

電波強度は、スマートフォンやパソコンから確認することができます。以下では、端末別に電波強度を確認する方法をご紹介します。

●スマートフォンの場合

スマートフォンから電波強度を確認する場合は、「Wi-Fiミレル」という無料アプリの活用がおすすめです。iPhone、Androidどちらでもインストール可能です。

「Wi-Fiミレル」では、場所ごとに電波強度を計測し、自宅全体の電波強度をヒートマップで可視化することができます。

ヒートマップを作成するには、間取り図(手書きやExcelで作成したものでもよい)を準備しておく必要があります。

■ヒートマップの作成方法
メニュー→ヒートマップ→開始→ヒートマップに名前をつける→右上の写真マークをタップして、間取りの素材を読み込む→写真の大きさを調整したら「OK」をタップ→測定したい部屋に入り画面をタップ、移動してタップを繰り返す

ヒートマップにおける緑色は電波強度が強いこと、黄色や赤色は電波強度が弱いことを表しています。ちなみに、ヒートマップではなく数値で電波強度を表示することも可能です。

●パソコンの場合

パソコンから電波強度を確認する方法は、WindowsとMacそれぞれで異なります。以下で、詳しくご説明します。

Windows

Windowsで電波強度を確認する方法は、大きく分けて2つあります。
①設定から確認する
設定→ネットワークとインターネット→Wi-Fi→電波マークを確認する
②コントロールパネルから確認する
Win+Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」を開く→テキストボックスに「ncpa.cpl」と入力する→OK→Wi-Fi→「速度」の部分で通信速度や電波マークを確認する

Mac

Macで電波強度を確認する場合は、ワイヤレス診断の機能を使用するのがおすすめです。
「ウィンドウメニュー」の移動→コンピュータ→システム→ライブラリ→CoreServices→Applications→「ワイヤレス診断」が開いたらそのままにしておき、「ウィンドウメニュー」のスキャン→電波強度を知りたいネットワーク名の「RSSI」を確認する

RSSIは電波強度のことで、数字の絶対値が小さいほど強いことを表します。

WiFiの電波強度を上げる3つの方法

WiFi電波強度

電波強度を上げるには、以下の3つの方法を実践してみてください。

  • WiFiルーターの置き場所を変える
  • WiFiルーターを再起動する
  • WiFi中継器を活用する

それぞれについて、詳しくご説明します。

●WiFiルーターの置き場所を変える

WiFiルーターの電波は、本体から全方向に向かって飛ばされます。そのため、壁の近くよりも、できるだけ部屋の中央、かつ床から1~2m離れたところに置くとよいです。

また、電波を遮断する障害物が近くにあることも電波強度が弱まる原因になります。近くにはなるべく物を置かないようにしましょう。

●WiFiルーターを再起動する

WiFiルーターを再起動することで、ルーターの一時的な不具合が解消されることがあります。再起動の方法はルーターによって異なるので、説明書で確認してください。

●WiFi中継器を活用する

WiFiルーターの置き場所を変えると電波強度を上げられる場合がありますが、間取りや家具の配置上、どうしても理想的な位置に置けないかもしれません。そこでおすすめなのが、WiFi中継器の活用です。

WiFi中継器は、WiFiルーターから飛んできた電波を1度受け止め、それを離れた場所にあるパソコンやスマートフォンなどの端末に飛ばしてくれる機器のことです。つまり、WiFiルーターが届けることができる電波の範囲を広くする役割があります。

WiMAXは電波強度を簡単に上げられる!

WiMAXのWiFiなら、電波強度を簡単に上げることができます。方法は、以下の2つです。

  • 窓側に設置する
  • クレードルを活用する

それぞれについて、詳しくご説明します。

●窓側に設置する

WiMAXのWiFiルーターは、外にある基地局を介してインターネットに接続しています。従って、窓側に設置することで、基地局からの電波を受信しやすくなります。

●クレードルを活用する

クレードルとは、スタンド型の拡張機器のことです。電波の受信状況改善の効果が見込める場合があるので、持っている方はクレードルを使用するのもおすすめです。

安定した電波強度を求めるならBroad WiMAX!

本記事では、WiFiの電波強度について、強度を確認する方法や上げる方法をご紹介しました。電波強度は、WiFiルーターから飛んでくる電波がどのくらい強く届いているのかを表しており、スマートフォンやパソコンから確認することができます。

WiMAXなら、置き場所を工夫したりクレードルを活用したりするだけで、簡単に電波強度を上げることができます。安定した電波強度でインターネットを使用できるWiFiをお探しの方は、ぜひ「Broad WiMAX」を候補に入れてみてください。Broad WiMAXなら業界最安級(※1)の月額料金2,090円(税込)から(※2)使用できますよ!

(※1)各通信事業者のHPで公表されているWiMAX +5Gサービス15社の月額基本料の比較において。自社調べ(2022年2月時点)。
(※2)月額料金は最大3ヶ月2,090円(税込)、3ヶ月目以降は3,894円(税込)、37ヶ月目以降は4,708円(税込)です。

The following two tabs change content below.
WiMAXサービスに関して、ご不明な点があれば下記Broad WiMAX受付窓口へどうぞ
電話相談受付
オペレーターに電話で相談する
Webフォームなら24時間受付中