WiFi , ポケット型WiFi

持ち運び可能なWiFiルーターのメリットとは?選ぶ際のポイントについても徹底解説!

持ち運び可能なWiFiルーターのメリットとは?
本記事は2022年03月10日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

WiFiルーターには、大きく分けて、据え置きタイプの「ホームルーター」と持ち運び可能なタイプの「モバイルWiFiルーター」の2種類があります。

「自宅だけでなく外出先でもインターネットを楽しみたい」という方には、持ち運び可能なWiFiルーター(モバイルWiFiルーター)をおすすめします。

しかし、家電量販店やインターネット通販サイトでは様々な種類のモバイルWiFiルーターが販売されているため、どのように選べば良いのか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、持ち運び可能なWiFiルーターのメリットやデメリット、選ぶ際のポイントについて解説し、おすすめ最新モバイルWiFiルーターも紹介します。

本記事は2022年3月10日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

持ち運びができるWiFiルーターとは?

一般的に、持ち運びができるWiFiルーターとは、「モバイルWiFiルーター」のことを指します。

モバイルWiFiルーターは、ポケットやカバンに入るサイズのWiFiルーターで、簡単な設定をするだけで自宅だけではなく、外出先でもインターネットを使用可能です。

ちなみに、モバイルWiFiルーターは、機種や契約したプロバイダーによって使用できる通信回線が異なります。代表的なものとして、以下の2種類を紹介します。

  • WiMAX:UQコミュニケーションズ社の「UQ WiMAX」が提供しているWiFiサービス
  • ポケットWiFi:ワイモバイル社(旧イーモバイル)が提供しているWiFiサービス

もしWiMAXとポケットWiFiで悩んでいるなら、WiMAXがおすすめです。その理由を以下で説明します。

●「WiMAX」とは?

WiMAX(ワイマックス)とは、IEEE(アイ・トリプル・イー)によって定められた無線通信技術規格です。

現在の日本において単に「WiMAX」と呼ぶ場合、UQコミュニケーションズ株式会社の「UQ WiMAX」を指すことが多いです。

様々な企業がUQコミュニケーションズからネットワークの提供を受け、「Broad WiMAX」「BIGLOBE」「BIC WiMAX」「So-net」といったサービスを展開しています。それぞれに特徴があるので、ご自身に適したサービスを選びましょう。

WiMAXに対応したWiFiルーターには、外出先で利用できる「モバイルWiFiルーター」と自宅用の「ホームルーター」の2種類があります。モバイルWiFiルーターは、家でも外でもWiMAXのネットワークを利用してインターネットを楽しめる点が特徴です。

●WiMAXをおすすめする理由

WiMAXは、光回線と異なり、工事の必要がありません。モバイルWiFiルーターであれば、簡単に接続設定できて、どこにでも持ち運べます。喫茶店・公園など、好きな場所でインターネットを楽しめることがWiMAXの魅力です。

なかには「外出時は、駅や商業施設などが提供している公衆無線LANやフリーWiFiスポットを使用すればよい」と考える方も少なくありません。

しかし、公衆無線LANやフリーWiFiスポットは誰でも繋ぐことができるため、情報漏洩する可能性があり、セキュリティ面で心配な部分があります。WiMAXなら、繋げる機器を限定できるので安心・安全です。

ちなみに、UQコミュニケーションズのネットワーク(UQ WiMAX)は、「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」、さらに最近では「5G」の3つを使っているため、広いエリアで高速通信を利用できます。地下鉄や地下街など、使えるエリアが日本全国で拡大中です。

持ち運び可能なWiFiルーターのメリット

持ち運び可能なWiFiルーターを使用するメリットは次の2つです。

  • 外出先でも使用できる
  • 回線工事が不要

持ち運び可能なWiFiルーターは、軽量かつコンパクトなサイズです。自宅だけではなく、バッグやポーチに入れて移動すれば、外出先でもWiFiに繋いで快適にインターネットを楽しめます。

また、持ち運び可能なWiFiルーターがあれば、旅行先で地図や時刻表を調べたり、出張先でファイルをダウンロードしたりできます。

持ち運び可能なWiFiルーターはインターネットに繋げるのに回線工事が不要であり、面倒な設定もないため、簡単に使用を開始できる点もメリットといえるでしょう。

プロバイダーにもよりますが、回線工事が必要なインターネットサービスは、申し込んでから工事が行われるまで1ヶ月程度は掛かります。時期によっては2ヶ月待ちもあるため、インターネットが使用できるまでに時間が掛かります。

ほかにも、契約する業者によっては、光回線よりもモバイルWiFiルーターのほうが月額料金を抑えられるケースがあります。

持ち運び可能なWiFiルーターのデメリット

持ち運び可能なWiFiルーターのデメリットは、次の2つになります。

  • 通信制限がかかることがある
  • エリアによっては使用できない

モバイルWiFiルーターのプロバイダーの公式サイトで、「月間データ量が無制限」とされていても、通信量によって速度制限がかかってしまうケースが多いです。

そもそも、モバイルWiFiルーターの無線通信は個人が大量のデータ通信を行うと、通信品質が下がってしまいます。

そのため、プロバイダーは全てのユーザーが平等に回線を使用できるように、通信制限を設けているのです。契約する際は、事前に制限の適用条件を把握しておきましょう。

また、エリアによっては、サービスを使用できないことがあります。WiMAX 2+回線は人口エリアの90%(全国主要都市における人口カバー率99%以上)をカバーしており(※)、多くの場所で使用可能です。

しかし、5G回線は記事執筆時点だと都市部を中心としたエリアしか対応していません。5G回線に対応したモバイルWiFiルーターを購入しても、5Gを使用できるとは限りません。

申し込む前に業者の公式サイトを閲覧し、サービス提供エリアをご確認ください。

(※)UQコミュニケーションズ調べ、2012年6月末時点

持ち運びができるWiFiルーターはこんな人におすすめ!

持ち運びができるWiFiルーターは次のような人におすすめの機器です。

  • 外出先でもWiFiを使用したい人
  • 回線工事をしたくない・できない人
  • WEBサイトの閲覧がメインの人

モバイルWiFiルーターは自宅だけでなく外出先でもWiFiが使用できるようになる機器です。

WiFiは他の無線通信と比べて通信速度が速い傾向があるため(※1)、動画や音楽の再生やテレビ通話のような大容量通信も、通信速度が安定していれば問題なく使用できます。

モバイルWiFiルーターはWiFi通信が外出先でも利用できる機器なので、外出先で映画を見る場合や、出張先でオンライン会議に出席する場合に、手軽にインターネット接続ができます。

また、モバイルWiFiルーターは自宅でも使用でき、回線工事をする必要がありません。インターネットを使用する際に回線工事をしたくない方や、住んでいる場所の事情により工事ができない方は、モバイルWiFiルーターの使用を検討してみましょう。

そのほか、モバイルWiFiルーターの使用用途はWEBサイトの閲覧やSNSがメインで、月額料金をなるべく抑えたい方にもぴったりです。

(※1)総務省情報通信統計データベースより: https://www.soumu.go.jp/soutsu/hokuriku/img/resarch/children/houkokusho/section2.pdf

持ち運び可能なWiFiルーターを選ぶ際のポイント

以下は、持ち運び可能なWiFiルーターを選ぶ際にチェックすべきポイントです。

  • トータルでかかる料金
  • 最大速度
  • 月間データ通信量
  • 速度制限
  • 対応エリア
  • 特典・キャンペーン

月額料金以外に事務手数料や初期費用、機器の代金が発生する場合があるので、トータルでかかる料金を事前に確認しましょう。

また、公式サイトに記載されている通信速度の数値は、理論的な最大速度であることが多く、実際の速度(実効速度)と異なるケースがある点に注意しましょう。

次に、月間のデータ通信量がどの程度あるのかという点も重要です。ちなみに、Broad WiMAXの「WiMAX+5G ギガ放題プラスDXプラン」のようにデータ量無制限となっているサービスもあります。

ただし、このサービスも含め、月間データ量に上限がなくても、大量に通信をした際に一時的に「速度制限」がかかるサービスが多いので、制限が適用される条件を把握しておきましょう。

その他、サービスの対応エリアを確認することも大切です。ご自身が住んでいる場所がエリア外の場合はサービスを使用できません。

また、各業者の公式サイトには期間限定のお得な特典・キャンペーン情報が掲載されていることがあるので、契約の際に比較しておくことをおすすめします。

持ち運び可能なWiFiルーターならWiMAXがおすすめ

WiMAXプロバイダーは複数ありますが、おすすめのプロバイダーはBroad WiMAXです。

プランギガ放題プラスプランギガ放題プラスDXプラン
初期費用20,743円(税込)
事務手数料3,300円(税込)
月額料金初月~2ヶ月目:2,999円(税込)
3ヶ月目~24ヶ月目:4,634円(税込)
25ヶ月目~:5,313円(税込)
初月~2ヶ月目:2,090円(税込)
3ヶ月目~36ヶ月目:3,894円(税込)
37ヶ月目~:4,708円(税込)
端末料金一括:21,780円(税込)
分割:605円(税込)×36ヶ月
違約金初月~:10,450円(税込)
更新月のみ:0円
初月~12ヶ月目:20,900円(税込)
13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円(税込)
25ヶ月目~:10,450円(税込)
更新月のみ:0円
契約期間2年3年
支払い方法クレジットカード・口座振替・(請求書)
キャンペーン乗り換えキャンペーン
2台同時申込キャンペーン
プラスエリアモード無料

Broad WiMAXには、「ギガ放題プラスプラン」と「ギガ放題プラスDXプラン」の2つがあります。

「ギガ放題プラスDXプラン」の月額料金は初月~2ヶ月目まで2,090円(税込)、3ヶ月目~36ヶ月目まで3,894円(税込)、37ヶ月目以降は4,708円(税込)です。端末を36回の分割購入した場合、月額料金にプラスして605円(税込)がかかります。

Broad WiMAXは、WiMAX業界のなかでも月額料金が最安級(※)であり、コストパフォーマンスにこだわる方におすすめのプロバイダーです。

支払い方法がクレジットカードだけでなく口座振替にも対応しているため、クレジットカードを持っていない方でも契約できます。なお、請求書払いは法人のお客様限定の支払い方法です。

Broad WiMAXでは、「乗り換えキャンペーン」と「2台同時申込キャンペーン」の2つのキャンペーンを開催中です。

  • 乗り換えキャンペーン:他社から乗り換える場合、最大19,000円の違約金が還元される
  • 2台同時申込キャンペーン:2台同時に申し込むと、5,000円がキャッシュバックされる
  • プラスエリアモードが無料…屋内、山間部、地下など電波が届きにくい場所でも通信が繋がりやすくなるサービスが通常月額1,100円(税込)のところ無料に

キャンペーン適用条件など詳しい内容は「Broad WiMAXの公式サイト」をご確認ください。

(※)各通信事業者のHPで公表されているWiMAX +5Gサービス15社の月額基本料の比較において。自社調べ(2022年2月時点)。

●Broad WiMAXをおすすめする理由

Broad WiMAXをおすすめする理由は次になります。

  • 月額料金がWiMAX業界のなかでも最安級(※)で、コストパフォーマンスに優れている
  • 乗り換えキャンペーンが充実している
  • 5G対応モバイルWiFiルーターがある

モバイルWiFiルーターを長期契約する場合、3年プランだと月々の料金も抑えられていて、コストパフォーマンスに優れています。

また、違約金を最大19,000円も還元してくれる違約金キャンペーンがあるのも魅力的です。Broad WiMAXは乗り換えキャンペーンのほか、様々な施策を行っているので、通信費を節約したい方はキャンペーンを活用して乗り換えてみましょう。

そして、Broad WiMAXでは5G回線に対応したモバイルWiFiルーターを購入できる点も、おすすめの理由の1つです。

(※)各通信事業者のHPで公表されているWiMAX +5Gサービス15社の月額基本料の比較において。自社調べ(2022年2月時点)。

●おすすめの機種は持ち運び可能な最新モバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X11」

Broad WiMAXで契約するなら、最新5G対応のモバイルWiFiルーター「Speed Wi-Fi 5G X11」がおすすめです。

次の表は、Speed Wi-Fi 5G X11のスペックをまとめたものになります。

端末名称Speed Wi-Fi 5G X11
通信速度受信最大2.7Gbps(※)
サイズ(H×W×D)約136mm×約68mm×約14.8mm
重量約174g
通信方式5G(Sub6) / au 4G LTE / WiMAX 2+
バッテリー容量4,000mAh

Speed Wi-Fi 5G X11の最大の特徴は、受信最大2.7Gbps(※)の高速通信が可能になったことです。受信速度は光回線並みの速度となっており、モバイルWiFiルーターの中でもトップクラスの速さになります。

通信速度が速いほど映画や音楽のダウンロードにかかる時間を短縮できます。またSpeed Wi-Fi 5G X11は低遅延を実現した機種であるため、YouTubeの動画やオンライン配信の試合を視聴中にタイムラグを感じることが少ないです。

また、搭載しているバッテリーは4,000mAhと大型で、バッテリーが切れにくいので、安心して外出先でも使用できます。

Speed Wi-Fi 5G X11 は5Gの高速通信に対応しているモバイルWiFiルーターで、自宅でも外出先でも使用できます。Speed Wi-Fi 5G X11が気になりましたら、Broad WiMAXの公式サイトからチェックしてみましょう。

Broad WiMAX

(※)現在、5G提供エリアは一部に限定されております。
(※)本サービスはベストエフォートサービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。

Broad WiMAXでいつでもどこでも快適にインターネットを楽しもう

「自宅だけではなく、外出先でもインターネットを楽しみたい」という方には、Broad WiMAXをおすすめします。

Broad WiMAXでは最新のモバイルWiFiルーター「Speed Wi-Fi 5G X11」を購入できます。5G回線に対応しているため、高速通信が可能であるうえ、軽量なのでバッグやポーチに入れて好きな場所に持ち運べます。

Broad WiMAXの料金プランには、3年の「ギガ放題プラスDXプラン」と2年の「ギガ放題プラスプラン」の2種類があります。

「ギガ放題プラスDXプラン」は、月額料金がWiMAX業界のなかでも最安級(※)で、固定回線よりも料金を抑えるケースもあります。

持ち運び可能なWiFiルーターをお探しの方はBroad WiMAXへの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

興味がある方はBroad WiMAXの公式サイトに詳しい情報が掲載されているので、ぜひご覧ください。

(※)各通信事業者のHPで公表されているWiMAX +5Gサービス15社の月額基本料の比較において。自社調べ(2022年2月時点)。

The following two tabs change content below.
WiMAXサービスに関して、ご不明な点があれば下記Broad WiMAX受付窓口へどうぞ
電話相談受付
オペレーターに電話で相談する
Webフォームなら24時間受付中