2015.07.15スマホ , モバイル

スマホ(Android、iPhone)の通信制限を解除する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホの「通信速度制限」に引っ掛かってしまったことがある方は多いと思います。通信速度制限が適用されてしまうと、通信速度が極端に低下し、快適なインターネットを楽しむことができなくなります。特に「動画を見る」「アプリを好きにダウンロードする」などの使用法は、ほぼ不可能になると言って良いでしょう。せっかくの多機能スマホが、宝の持ち腐れになってしまいます。
そこで今回は、スマホ(Android、iPhone)の通信制限が行われる条件や、制限の解除方法をご紹介します。

通信速度制限とは

通信速度制限とは通信速度制限が適用される条件は、契約しているキャリアによって違います。しかし、どのキャリアにも共通していえることは、「インターネットを使用し過ぎると通信速度が制限される」ということです。具体的には、1ヶ月のデータ通信量の合計が一定の数値(3GB〜7GB)を超えると、通信速度制限が行われる場合が多いでしょう。

速度が制限される通信の目安

速度が制限される通信の目安仮にデータ通信量の上限が7GBだった場合、どのくらい使用すると通信速度制限が行われるのでしょうか。あるキャリアが公表しているデータによると「メールの送受信で約1800万通」「ホームページの閲覧で約5万ページ」「動画の視聴で約30時間」「音楽のダウンロードで約1800曲」のデータ通信を行うと制限が掛かると言われています。
この中で最も問題になりそうなものは、やはり「動画の視聴」です。1月で約30時間、つまり日割りにすると1日1時間しか動画を見ることができません。加えて、実際には動画の視聴以外にも、ホームページを見たり、メールをしたりと、さまざまな操作を行うことになると考えられます。通信制限に掛かることを避けるためには、動画の視聴時間をある程度におさえておく必要があります

通信速度制限の解除方法

通信速度制限が適用された場合も、追加の料金を支払うことで制限を解除することができます。制限解除を希望する場合は、その旨を契約中のキャリアに申し込みましょう。申し込みは、契約中のキャリアの「マイページ」から行うことができます。大抵の場合、マイページからの申し込みは24時間受け付けです。すぐにでも通信速度制限を解除したいとお考えの方は、マイページを利用することをおすすめします。
マイページからの申し込みの他に、電話での申し込みや、ショップでの申し込みが行えるキャリアもあります。ただし、受付時間が限られている場合があるため、このような方法での申し込みをする方は、まず受付時間を確認してください。

追加料金を支払う際の注意

通信速度制限の解除について気をつけなければならない点が、「追加の料金を支払ったからといって、『毎月のデータ通信量の上限』が増えるわけではない」ことです。また、当然ですが、追加で購入した分のデータ通信量を超えた場合は、再度通信速度制限が行われます。
そのため、使い方によっては何度も追加料金を支払う必要があることを認識しておきましょう。

追加料金の支払い以外の制限回避方法

追加料金の支払い以外の制限回避方法通信速度制限の解除には、必ず費用が発生します。回避するには、3G回線やLTE回線ではなく、別途、無線LANやWi-Fiなどの接続手段を確保するしかありません。最近では高速モバイル通信サービスも格安で提供されていますから、頻繁にインターネットを利用する方は、サービスの導入を検してみてはいかがでしょうか。

おわりに

通信速度制限が行われる条件や、制限の解除方法をご紹介しました。スマートフォンはさまざまな楽しみ方ができる反面、何も考えずに使用し続けると、毎月データ通信量の上限に到達してしまう可能性があります。もし、通信速度制限が掛かってしまった場合は、今回ご紹介した方法をご参考にしてください。

The following two tabs change content below.
Broad WiMAX通信編集部

Broad WiMAX通信編集部

WiMAXやスマホなどのモバイル情報を発信するBroad WiMAX通信のなかの人です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WiMAXサービスに関して、ご不明な点があれば下記Broad WiMAX受付窓口へどうぞ
相談受付フリーダイヤル
0120-299-963
受付時間:平日/10:00~22:00 土日祝/10:00~22:00
Webフォームなら24時間受付中