WiFi , お役立ち情報 , スピードテスト

WiFiを速くする方法は?遅い原因やおすすめのWiFiルーターも紹介します

WiFiを速くする方法は?遅い原因やおすすめのWiFiルーターも紹介します
本記事は2022年03月03日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

WiFiの通信速度が遅くなってしまうことには、さまざまな原因があります。というのも通信速度は、WiFiルーターや端末の状態、電波が届くまでの状態など、多くの要因が関わり合っているからです。WiFiを速くしたいなら、まずは考えられる原因を突き止めて、それに合った対策をとっていくことが大切です。

本記事では、WiFiが遅いときに考えられる原因や通信速度を速くする方法を詳しく解説します。場合によっては、プロバイダー変更や新しいWiFiルーターを検討した方が良いこともあるので、その際におすすめのBroad WiMAXについてもご紹介しています。ぜひ最後まで読んでみてください。

本記事は2022年3月3日に作成されました。現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

WiFiが遅い…考えられる原因は?   

スマートフォンやパソコンを使っていたら「突然WiFiが遅くなった…」という経験がある方も多いのではないでしょうか。

ここでは、WiFiが遅くなったときに考えられる原因について、それぞれ詳しく見ていきます。

●WiFiルーターの位置が適切ではない

WiFiルーターを、壁やドア、柱などの障害物の近くに置くと、電波がスムーズに届かなかったり、届く距離が制限されたりする可能性があります。

また、WiFiルーターは一般的に、WiFiルーターを中心として360度に電波が飛ぶように設計されています。そのため、床に置くと効率的に電波が飛びにくいこともあるので、WiFiルーターは適切な位置に置くことが大切です。

●接続している端末が多い

WiFiルーターは、同時に接続できる台数に上限があります。

上限を超えていなくても、接続している台数が増えれば増えるほど回線が混雑するため、通信速度が遅くなる可能性があります。

●電波干渉が起きている

WiFiルーターの近くで、電波を飛ばす電子レンジ・Bluetooth製品・コードレス電話機などの家電製品が作動していると、電波干渉を起こして電波が端末まで飛ばない可能性があります。

なぜなら、WiFiの周波数帯のうち2.4GHz帯は、上記の家電製品で使用されているためです。2.4GHz帯でWiFiルーターを使用している間は電波干渉を受けやすくなるので、電波干渉をできるだけ避けるには、5GHz帯対応のWiFiルーターを使用するようにするといいでしょう。

ただし5GHz帯は直線的で障害物に弱いという欠点があるので、より置き場所には注意が必要です。

●パソコンの場合、ファイアウォールを使用している

WiFiに接続しているパソコンがセキュリティ機能のファイアウォールを使用していると、WiFiが遅くなることがあります。なぜならファイアウォールによってWiFiルーターの処理能力が低下して、データ通信が処理できなくなってしまうためです。この現象は、低性能または古いWiFiルーターに起きやすいといわれています。

ただしファイアウォールを解除すると、パソコンにウイルスが侵入してしまう可能性があります。WiFiを速くするためにファイアウォールを解除するのであれば、一時的に解除するだけに留めておきましょう。

●端末のメモリの空き容量が少ない

WiFiに接続している端末のメモリの空き容量が少ないと、WiFiの通信速度が遅くなることがあります。

端末自体の動作に伴うものであるため、端末のメモリ容量を確保してから再度WiFiに繋ぎ直してみてください。

●使用する時間帯が混雑している

夜はWiFiを使用している人が多く、回線が混雑する傾向があります。

回線が混雑するとWiFiの通信速度に影響するので、通信速度が速いうちに済ませておきたいことがあれば、時間帯を考慮して先に済ませておきましょう。

●無料WiFiを使用している

無料WiFiはとても便利ですが、WiFiルーターからの距離が遠い、接続している端末数が多いといった状況になりやすいです。

WiFiルーターからの距離が遠ければそれだけ電波が届きにくくなり、接続している端末数が多いと回線混雑の原因になります。無料WiFiには、このようなアクシデントが起きやすいことも覚えておきましょう。

●通信制限にかかっている

契約しているWiFiの料金プランに応じて、通信制限がかかっている可能性も考えられます。料金プランの内容と通信制限の条件を確認して、自分が今通信制限にかかっているのかを確認してみましょう。

●WiFiルーターが不調

WiFiルーターは、電源が常に入っていることが多いため、熱を持ちすぎてしまって不調に陥っている可能性があります。

特に真夏は熱がこもりやすいため、注意が必要です。

●基地局が工事中またはメンテナンス中

基地局とは、電波を中継する施設のことです。電波を受け取って、受信者に送る役割があります。

基地局で工事やメンテナンスなどが行われていれば、通信速度に影響しうる可能性があります。

WiFiを速くするには?

ここまで、WiFiが遅い原因を解説してきました。

以下では、上記の原因を踏まえた、WiFiを速くする方法を解説していきます。

●WiFiルーターの置く位置を変える

WiFiルーターは一般的に、WiFiルーターを中心として360度に電波が飛ぶように設計されているため、床から1~2mの高さに置くのがおすすめです。

また、障害物や電波干渉の原因となる家電製品からも距離を空けるようにしましょう。

●WiFiルーターのアンテナの向きを変える

WiFiルーターに付属しているアンテナを電波を飛ばしたい方向に向ければ、その方向に電波を飛ばすことができます。

アンテナがWiFiルーター外部に装着されている外部アンテナタイプのWiFiルーターを使用している場合は、ぜひ試してみてください。

●端末とWiFiルーターを再起動する

端末やWiFiルーターは、それぞれ長時間起動したままだと、通信速度に影響を及ぼす可能性があります。そこでおすすめなのが、再起動です。電源ボタンを長押しする、コンセントから抜くなどが一般的な方法です。

再起動の方法を詳しく知りたい方は、各機器の説明書を見るのがおすすめです。

●OSを最新にアップデートする      

スマートフォンやパソコンのOSバージョンが最新でないと、通信速度に影響を及ぼす可能性があります。ほかにも、サイバー攻撃を受けやすいといった脆弱性の原因にもなり得ます。

最新になっているかどうか設定アプリなどから確認して、OSは常に最新であるようアップデートしておきましょう。

●IPv4接続からIPv6接続に変更する

「IP」とは、インターネットに接続されたコンピューター同士がデータをやりとりする際の通信方法を定めた規約のことです。「IPv6接続」とは、IP(インターネットプロトコル)の第4版であるIPv4に代わる次世代のプロトコルを指します。

インターネットに接続されるコンピューターにはそれぞれIPアドレスが割り当てられており、IPv4接続ではIPアドレスを32ビットのデータで表現します。具体的にはIPアドレス総数が2の32乗なので、約43億台のコンピューターがインターネットに接続できることになります。

ただし、インターネット技術の進歩に伴いコンピューター台数が増え、IPv4接続の枯渇(回線の混雑)が懸念されるようになったことで対策として誕生したのが、IPv6接続です。IPv6接続では、IPアドレスを128ビットのデータで表現します。これにより、IPアドレスの総数は2の128乗≒約340澗(かん)に。つまり、最大で約340澗台のコンピューターがインターネットに接続できるようになったのです。

IPv6接続が誕生し、IPアドレス空間に余裕を持てるようになったことで、アドレス不足と回線混雑の解消による高速通信が期待されているので、現在IPv4接続を使用している方はIPv6接続に変更するのがおすすめです。

変更は、各端末の設定アプリなどから行えます。

●使用していないアプリを閉じる

WiFiに接続しているスマートフォンやパソコンにおいて、バックグラウンドで起動しているアプリの処理が行われていると、通信速度に支障をきたす可能性があります。

使っていないアプリはこまめに終了させるなどして、バックグラウンドで起動しているアプリは必要最低限に留めておきましょう。

●中継器を使用する

中継器には、WiFiルーターが届けることができる電波の範囲を広くするという役割があります。どうしてもWiFiルーターの位置を工夫するのが難しく、障害物などの影響を受けてしまっている場合は、中継器を活用してみてください。

以上の方法を試してもWiFiの通信速度が速くならない場合は、プロバイダー変更や新しいWiFiルーターを検討しましょう。

Broad WiMAXなら5G対応の最新機種も!

Broad WiMAXには、4Gの次世代にあたる「第5世代移動通信システム」5Gに対応した最新のWiFiルーターがあります。提供エリアが限られているので注意が必要ですが、5Gは一言でいえば通信速度が飛躍的に向上することになるので、WiFiを速くしたい方におすすめです。

以下では、Broad WiMAXの5G対応WiFiルーターについて、それぞれ紹介します。

●外出先でもWiFiを使用するなら「Galaxy 5G mobile Wi-Fi」

「Galaxy 5G mobile Wi-Fi」は、Galaxy初の5GモバイルWiFiルーターとして誕生しました。5G接続時下り最大2.2Gbps(※)の通信速度に加え、5000mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、外出先での長時間使用も安心です。また、同時接続台数は10台まで可能なほか、5.3インチの大画面で驚きの使いやすさを実現しています。

ただし5Gに対応しているエリアは限られているので、事前に使用できるか確認しておくと良いでしょう。

こちらの機種を使用するには、ギガ放題プラスプランの契約が必要になります。

(※) 本サービスはベストエフォートサービスです。記載の速度は5G通信時の技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。現在、5G提供エリアは一部に限定されております。

●自宅のみでWiFiを使用するなら「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」

「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」は、5G対応のホームルーターです。通信速度は下り最大2.7Gbps(※)で、自宅が5Gエリアなら超高速の通信が可能です。使用するにはギガ放題プラスプランの契約が必要になります。

重量は600g以下と軽く、寸法(幅×高さ×厚さ)も約W70×H182×D124㎜と大変コンパクトです。

5Gは使用できるエリアが限られていますが、使用できるエリアであれば高速通信が可能になり、4K動画やオンラインゲームも楽しめるようになります。

(※) 本サービスはベストエフォートサービスです。記載の速度は5G通信時の技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。現在、5G提供エリアは一部に限定されております。

Broad WiMAXの月額料金とお得なキャンペーン

Broad WiMAXの月額料金とお得なキャンペーン

Broad WiMAXでは、お得なキャンペーンを実施しています。

5G対応のWiFiルーターを通常よりお得に使用できるチャンスなので、ぜひ参考にしてください。

●プラスエリア利用料通常1,100円(税込)が無料

ギガ放題プラスプランを申込んだ方全員が対象となるキャンペーンで、特に適用条件はありません。

プラスエリアモードはオプションの1つで、プラチナバンドとよばれる700-800MHzの周波数帯の利用が可能となり、今まで以上の高速通信が楽しめるものです。空港、鉄道、地下鉄などサービスエリアは続々拡大しています。

●2台同時お申し込みキャンペーン

Broad WiMAXを新規で2台申込むと、5,000円のキャッシュバックを受けられるキャンペーンです。

<条件>

・Broad WiMAX新規契約の際に端末を2台以上申込む

・Webから「月額最安プラン」をクレジットカード払いで申込む

・指定オプションサービス(安心サポートプラス・MyBroadサポート)に初回加入する

家族の分も合わせて契約したいという方におすすめのキャンペーンです。

注意点として、3台申し込んでもキャッシュバック金額は5,000円です。また、すべて同じ端末の申し込みであることが条件となります(※)

WiFiの通信速度を速くするならBroad WiMAX!

WiFiの通信速度が遅くなってしまったら、まずは考えられる原因を見つけて、速くする方法を1つずつ実践してみましょう。もしさまざまな方法を試してもWiFiの通信速度が速くならない場合は、プロバイダー変更や新しいWiFiルーターを検討しましょう。

Broad WiMAXなら、最大2.7Gbps(※)の高速通信が楽しめる5Gに対応したWiFiルーターも用意しています。料金が気になる方も多いと思いますが、お得なキャンペーンも多数実施しているので、ぜひ検討してみてください。

(※) 本サービスはベストエフォートサービスです。記載の速度は5G通信時の技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。現在、5G提供エリアは一部に限定されております。

The following two tabs change content below.
WiMAXサービスに関して、ご不明な点があれば下記Broad WiMAX受付窓口へどうぞ
電話相談受付
オペレーターに電話で相談する
Webフォームなら24時間受付中