インターネット , ホームルーター , ポケット型WiFi

ホームルーターとは?モバイルWiFiルーターとの違いを徹底比較!

ホームルーターとは?
本記事は2022年04月12日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

「自宅にインターネットを引きたいけど、手続きや工事が面倒くさそう…」「設定が不安…」そんなときにオススメなのがホームルーターです。

光回線と違って、工事不要で自宅に置いてコンセントにつなぐだけでインターネットに接続できます。

今回は、ホームルーターのメリットや注意点をモバイルWiFiルーターと比較してご紹介します。

本記事は2022年4月12日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

ホームルーターとは?

ホームルーターって?

ホームルーターは、開通工事不要で置くだけで自宅にWiFi環境を作ることができるWiFiルーターです。

モバイルWiFiルーターと違って、コンセントに繋いで使う「据え置き型」となります。

一方、モバイルWiFiルーターは充電式で、持ち歩きができるルーターです。サイズはコンパクトで、カバンやポケットに十分収まります。さらに、外出先でも気軽にWiFiを使える点がメリットです。

自宅にインターネット環境を作りたい方や、WiFiを使用する場所は自宅がメインである方には、ホームルーターがおすすめです。

ホームルーターのメリット

ホームルーターには、以下のようなメリットがあります。

  • 回線工事が不要
  • ルーターが届いたらすぐ使用できる
  • 設定が簡単

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

●回線工事が不要

ホームルーターは、WiMAXやLTEなどのモバイル向けのデータ通信を利用するので、光回線のように自宅に直接線を引き込む開通工事が不要です。建物に傷をつけることがないので賃貸にもおすすめです。

また工事費用がかからないため、光回線より初期費用を安く抑えられます。

●ルーターが届いたらすぐ使用できる

光回線の場合、申し込んでから工事まで何週間もかかる場合がありますが、ホームルーターは申し込み後機器が届けばすぐに使用可能です。

契約は、WEBサイトから簡単にできます。簡単に申し込みしてすぐ使える手軽さは光回線にはない魅力です。

●設定が簡単

機器が届いた後も、配線としてはコンセントに繋ぐだけで済みます。

ルーター側も電源をつけて簡単な初期設定をすれば、すぐにWiFiが使用できる状態になります。あとはスマートフォンやパソコンなどの端末側の接続設定をすれば、すぐにインターネットが使えます。

ホームルーターとモバイルWiFiルーターの比較

モバイルWiFiルーターとホームルーターの比較

ホームルーターとモバイルWiFiルーターの最も大きな違いは持ち運びができるかどうかです。

ホームルーターは据え置き型であるため、自宅での使用に適しており、モバイルWiFiルーターは充電式であるため、外出先でも使用することが可能です。

また、ホームルーターとモバイルWiFiルーターには、以下のような違いがあります。

  • 電波の届く範囲
  • 電源供給
  • 接続台数

上記3点について、それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

①電波の届く範囲で比較

ホームルーターとモバイルWiFiルーターの電波範囲には、大きな差はないことが多いです。

しかし、ホームルーターのほうがコンセントに挿して使用するため、電波を飛ばす力がモバイルWiFiルーターと比べて強い傾向があります。広い室内や階をまたいだ利用におすすめです。反対に一人暮らしのマンションなどで利用する場合はモバイルWiFiルーターでも十分といえるでしょう。

②電源供給で比較

ホームルーターはコンセントに直接つないで使用するため充電不要ですが、持ち運びができません。一方、モバイルWiFiルーターはバッテリー駆動のため充電して持ち運びが可能です。家であまりインターネットを使わない、外出先で主に使いたい方はモバイルWiFiルーターがおすすめです。

③同時接続台数で比較

WiMAXの場合、モバイルWiFiルーター(Speed Wi-Fi 5G X11)の接続台数は最大16台、ホームルーター(ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11)の接続台数は最大30台です。

一人暮らしであればスマートフォン、パソコン、タブレット、ゲーム機で使ったとしても16台に収まるかもしれませんが、家族で使ったりオフィスで使用したりする場合はホームルーターがおすすめです。

ホームルーターはどんな人におすすめ?

ホームルーターはどんな人におすすめ?

ホームルーターはどんな人におすすめなのか、いくつかポイントを解説します。

①自宅やオフィスでWiFiを使いたい人

ホームルーターはコンセントにつないで利用する据え置き型のWiFiルーターなので持ち運びには向きません。自宅やオフィスでのインターネット利用がメインで、外出先ではあまりWiFiを使わないという人におすすめです。

②光回線がエリア外で使えない人

ホームルーターはモバイル回線用の電波を利用してインターネットに接続するため、自宅が光回線のエリア外だったり、光回線が使えない建物に住んでいたりする場合でもホームルーターは使用できる可能性があります。

また、ホームルーターなら工事いらずでインターネット接続が可能なので、賃貸物件で建物にキズをつけたくないという方にもおすすめです。

③引っ越しが多い人

固定回線の場合、申込をしてから工事まで何週間もかかったり、退去の際に撤去作業が必要になったりすることがあります。

ホームルーターの場合、引っ越しの際の住所変更や引っ越し日の登録をWEBやショップで行う必要はありますが、訪問工事がないため時間的な融通がききやすく、引っ越し先で機器を接続すればすぐにインターネットが利用できるため引っ越しが多い人にもおすすめです。

④WiFiを大人数で使いたい人

ホームルーターとモバイルWiFiルーターは同時に接続できる機器の台数が異なります。モバイルWiFiルーターでは最大でも16台(Speed Wi-Fi 5G X11の場合)しか繋ぐことができませんが、ホームルーターでは最大64台(SoftBankAir Airターミナル5の場合)接続できるものもあります。

一人暮らしであればモバイルWiFiルーターでも十分かもしれませんが、家族で暮らしている場合やオフィスでの利用など、何台もスマートフォンやパソコン、ゲーム機などに繋ぎたい場合はホームルーターがおすすめです。

おすすめホームルーター2選

WiMAXホームルーターの「ZTE SPEED WI-FI HOME 5G L11」と、SoftBank Airの「Airターミナル5」を比較していきましょう。

ZTE SPEED WI-FI HOME 5G L11Airターミナル5
大きさ70×182×124(㎜)103×225×103(㎜)
重量599g1,086g
下り最大速度最大2.7Gbps(※1)
(一部エリアで提供)
最大2.1Gbps(※2)
上り最大速度最大183Mbps
(一部エリアで提供)
5G対応×
4G/LTE回線利用可(au)利用可(SoftBank)
WiMAX 2+
回線対応
×
同時接続台数最大30台最大128台
月間データ容量無制限(※3)無制限(※4)
月額初月~2ヶ月目:2,090円
3ヶ月目~36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目~:4,708円
(ギガ放題プラスDXプラン)
初月~:5,368円

(※1,2,3,4)現在、5G提供エリアは一部に限定されております。
(※1,2,3,4)本サービスはベストエフォートサービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。
(※2,4)ご利用が集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。詳しくはSoftBank Airの速度制限などについてのページをご覧ください。
(※2)下り最大2.1GbpsにはWi-Fi6(11ax)対応機種が必要です。
(※3)ネットワーク混雑回避のため、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、ネットワークが混雑する時間帯に通信速度を制限する場合があります。

WiMAXとSoftBank Airのメリットとデメリット

WiMAXとSoftBank Airのそれぞれにメリットとデメリットがあります。上記の表で比較した内容を◎〇△の3つで簡単にまとめてみました。

ZTE SPEED WI-FI HOME 5G L11Airターミナル5
通信速度
下り最大2.7Gbps(※1)
(一部エリアで提供)

下り最大2.1Gbps(※2)
(一部エリアで提供)
月額料金
初月~2ヶ月目:2,090円
3ヶ月目~36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目~:4,708円
(ギガ放題プラスDXプラン)

5,368円(税込)
通信量
月間データ通信量は無制限(※3)
(一部制限あり)

月間データ通信量は無制限(※4)

大きな違いとしてはやはり最大の通信速度です。ZTE SPEED WI-FI HOME 5G L11は下り最大2.7Gbps(※1)なので、より高速での通信が可能です。

料金についてはWiMAXであれば月額4,000円台から使用が可能です。より安い月額料金から使用できるのはWiMAXとなります。

通信制限については、どちらも月間データ量は無制限です。ただし、ZTE SPEED WI-FI HOME 5G L11は3日間で15GBの通信制限があります。

(※1,2,3,4)現在、5G提供エリアは一部に限定されております。
(※1,2,3,4)本サービスはベストエフォートサービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。
(※2,4)ご利用が集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。詳しくはSoftBank Airの速度制限などについてのページをご覧ください。
(※2)下り最大2.1GbpsにはWi-Fi6(11ax)対応機種が必要です。
(※3)ネットワーク混雑回避のため、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、ネットワークが混雑する時間帯に通信速度を制限する場合があります。

WiMAXを契約するならBroad WiMAXの回線サービスがおすすめ!

WiMAXを契約する場合、多くのプロバイダーがあります。

なかでもBroad WiMAXの回線サービスは、特典やキャンペーンが充実しており、月額料金がWiMAX業界のなかでも最安級(※)である点がポイントです。

次の表は、Broad WiMAXの5Gプランである「ギガ放題プラスプラン」と「ギガ放題プラスDXプラン」の月額料金や違約金などをまとめた表になります。

プラン名ギガ放題プラスプランギガ放題プラスDXプラン
初期費用20,743円(税込)
事務手数料3,300円(税込)
月額料金(税込)初月~2ヶ月目:2,999円
3ヶ月目~24ヶ月目:4,634円
25ヶ月目~:5,313円
初月~2ヶ月目:2,090円
3ヶ月目~36ヶ月目:3,894 円
37ヶ月目~:4,708円
端末料金(税込)一括:21,780円
分割:605円×36ヶ月
違約金(税込)初月~:10,450円
更新月のみ:0円
初月~12ヶ月目:20,900円
13ヶ月目~24ヶ月目:15,400円
25ヶ月目~:10,450円
更新月のみ:0円
契約期間2年3年
支払い方法クレジットカード・口座振替・請求書(法人の場合)
キャンペーン乗り換えキャンペーン
2台同時申込キャンペーン
プラスエリアモード無料

また現在、Broad WiMAXでは、以下のキャンペーンを実施しています。

  • 乗り換えキャンペーン:他社から乗り換える場合、最大19,000円の違約金が還元される
  • 2台同時申込キャンペーン:2台同時に申し込むと、5,000円がキャッシュバックされる
  • プラスエリアモードが無料:屋内、山間部、地下など電波が届きにくい場所でも通信が繋がりやすくなるサービスが通常月額1,100円(税込)のところ無料に

お得なキャンペーンを利用したい方は、Broad WiMAXの5G対応プランをぜひ検討してください。キャンペーンにはそれぞれ適用条件があるため、詳しい内容は公式ホームページで確認してみてくださいね。

Broad WiMAX

(※)各通信事業者のHPで公表されているWiMAX +5Gサービス15社の月額基本料の比較において。自社調べ(2022年3月時点)。

自宅でWiFiを使うなら手軽に使えるホームルーターがおすすめ!

ホームルーターは煩わしい工事が不要で、自宅に置くだけで簡単にWiFi環境を作ることができるインターネット通信サービスです。

各社のメリット・デメリットを踏まえて、自分にあったホームルーターを検討してみてください。

また、WiMAX業界のなかでも月額料金が最安級(※)で、キャンペーン内容も充実しているBroad WiMAXが気になった方は、以下の公式サイトから詳細をご確認ください。

Broad WiMAX

(※)各通信事業者のHPで公表されているWiMAX +5Gサービス15社の月額基本料の比較において。自社調べ(2022年3月時点)。

The following two tabs change content below.
WiMAXサービスに関して、ご不明な点があれば下記Broad WiMAX受付窓口へどうぞ
電話相談受付
オペレーターに電話で相談する
Webフォームなら24時間受付中