光回線

おすすめのドコモ光プロバイダ紹介!どこが一番お得?

ドコモ光おすすめプロバイダ

ドコモ光を契約するにあたって忘れてはいけないのがプロバイダの存在です。

プロバイダと契約しなければドコモ光のWiFiは使えません。

しかし、ドコモ光のプロバイダは20社以上もあって、結局どこが良いのかわかりづらいです。

結論、ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBが一番おすすめです。

そこでこの記事では、ドコモ光を契約する際に選べるプロバイダの中からどこがおすすめなのか紹介していきます。

「一番おすすめのプロバイダ」を知りたいという人は確認してみてください。

\20,000円キャッシュバック中!/

ドコモ光のキャンペーン詳細をチェックする

>>ドコモ光キャンペーンサイト

結論、おすすめのドコモ光プロバイダはGMOとくとくBB!速度が一番!

ドコモ光のプロバイダは20社以上ありますが、GMOとくとくBBがもっともおすすめです。

GMOとくとくBB経由で申し込むことで以下のメリットがあります。

  • 速度がもっとも速い(平均下り速度297.94Mbps)
  • 月額料金が安いプランAで契約できる
  • 速度が速いv6プラスに対応している
  • v6プラスに対応したルーター3種類の中から1台を無料レンタルできる
  • セキュリティソフトは12か月無料になる
  • 訪問サポートを初回無料で利用できる

GMOとくとくBBは総合的に優れていて、中でも速度の速さはトップクラスです。

特に通信速度を意識している人はGMOとくとくBBを利用しましょう。

ドコモ光のプロバイダとは?フレッツ光回線に繋げる役割を持つ!

そもそもプロバイダとは、光回線サービスが提供する回線をインターネットに繋げる役割を持つ業者のことです。

プロバイダがいないとインターネットは利用できません。

そのためドコモ光のような光回線を利用する際は、回線業者とプロバイダの両方と契約する必要があります。

ドコモ光を利用するにはプロバイダ1社との契約が必須なわけですが、ドコモ光のプロバイダは20社以上もあります。

プロバイダによって提供するプランや通信速度などが異なるので、どのプロバイダを選ぶのかが重要です。
では何を基準にして選べば良いのか、まずはプロバイダごとにおけるプランの違いを紹介していきます。

ドコモ光のプロバイダプラン紹介

ドコモ光のプロバイダにはプランAとプランBの2種類が用意されています。

プランAマンション:月額4,400円
戸建て:5,720円
プランBマンション:月額4,620円
戸建て:5,940円

プランによって金額が異なりますが、具体的にどのような違いがあるのか見ていきましょう。

プランA | 安いプロバイダを選べる

プランAはマンションだと月額4,400円、戸建てだと5,720円で利用できるプランです。

以下のプロバイダ経由でドコモ光を申し込むとプランAになります。

プランAの魅力はお得に利用できるところです。

プランBより月額220円も安くなっていて、1年にすると2,640円もお得になります。

月額料金が安く、通信の質も良いので基本的にプランAのプロバイダから選ぶのがおすすめです。

プランB | 少し高いプロバイダを選べる

プランBはマンションだと月額4,620円、戸建てだと5,940円で利用できるプランです。

以下のプロバイダと契約するとプランBを利用できます。

プランBの場合はプランAより料金が高いのがデメリットです。

プロバイダとは長期的に契約するので、月額料金が高いとそれだけ費用もかさんできます。

そのうえ、値段が高いからといって通信の質が良いわけでもありません。

試しにプランAで契約できる「GMOとくとくBB」とプランBで契約できる「OCN」の平均速度を調べてみました。

プロバイダ名 平均下り速度 平均上り速度
GMOとくとくBB 297.94Mbps 250.22Mbps
OCN 278.32Mbps 211.32Mbps

※数値は「みんなのネット回線速度」を参照

月額料金が安いGMOとくとくBBの方が速いという結果になりました。

プランBは料金が高いだけで、必ずしもプランAより優れているとは言えません。

ではなぜプランBの値段が高くなっているのかというと、プロバイダからドコモへの卸値の違いです。

質の高さと値段の高さは比例していないので、プロバイダはプランAで契約できる業者を選びましょう。

\20,000円キャッシュバック中!/

ドコモ光のキャンペーン詳細をチェックする

>>ドコモ光キャンペーンサイト

ドコモ光のプロバイダを選ぶうえでのポイント

ドコモ光のプロバイダを選ぶ際には以下のポイントにも注目しましょう。

  • 料金の安いプランAを選ぶ
  • V6プラスに対応しているところを選ぶ
  • 無料レンタルルーターがv6プラスに対応しているところを選ぶ
  • キャッシュバッグに対応しているところを選ぶ
  • セキュリティなどの無料オプションがあるところを選ぶ

では5つのポイントを詳しく紹介していきます。

料金の安いプランAを選ぶ

紹介したようにプランAはプランBより月額料金が220円も安いです。

値段が安いからといって通信の質が落ちることはなく、プロバイダによってはプランAの方が優れていることもあります。

プランBで契約するメリットは基本的にないので、プランAのプロバイダを選びましょう。

v6プラスに対応しているところを選ぶ

ドコモ光はv6プラスに対応した光回線です。

v6プラスとは、以前まで主要に使われていたIPv4通信と最新式のIPv6通信を自動で切り替える通信規格のことを指します。

IPv4通信とIPv6通信を切り替えることで、スムーズな通信を利用することが可能です。

一般的に夜間や週末はインターネットの利用者が増えるので、回線が混雑して速度が低下する傾向にあります。

回線が混雑しているときに便利なのがv6プラスです。

v6プラスなら回線の混雑を自動で避けてくれるので、夜間や週末に起きる速度の低下を防げます。

通信速度を意識する人は以下のプロバイダと契約してv6プラスを利用しましょう。

  • タイプA:GMOとくとくBB、ドコモnet、plala、@nifty、DTI、ANDLINE、BIGLOBE、SIS、hi-ho、ic-net、Tigers-net.com、エディオンネット、SYNAPSE、BB.excite、TiKiTiKi
  • タイプB:OCN、@TCOM、@ちゃんぷるネット、WAKWAK

上記以外のプロバイダはv6プラスを利用できないので気を付けましょう。

無料レンタルルーターがv6プラスに対応しているところを選ぶ

プロバイダを選ぶ際はv6プラスに対応したルーターを無料でレンタルできるところがおすすめです。

快適な通信を提供するv6プラスですが、v6プラスは専用のルーターでなければ機能しません。

ルーターは自分で用意することもできますが、10,000円を超えることが多いので余計な出費がかさみます。

ドコモ光を導入するための初期費用を抑えたい場合は、ルーターをレンタルできた方が良いです。

v6プラスのルーターは以下のプロバイダならレンタルできます。

  • タイプA:GMOとくとくBB、plala、@nifty、DTI、ANDLINE、BIGLOBE、SIS、hi-ho、ic-net、Tigers-net.com、BB.excite
  • タイプB:OCN、@TCOM、@ちゃんぷるネット

上記のプロバイダなら無料でv6プラスのルーターをレンタルできますが、スペックはプロバイダによって異なります。

たとえば、GMOとくとくBBからは最大1,733Mbpsのルーターをレンタルできますが、OCNのルーターは最大1,201Mbpsです。

スピードを意識するならルーターのスペックも確認しておきましょう。

キャッシュバッグに対応しているところを選ぶ

ドコモ光のプロバイダでは以下のようなキャッシュバックを用意していることがあります。

プロバイダ名GMOとくとくBB@nifty
キャッシュバック額35,000円20,000円
新規工事費無料無料
dポイント付与2,000円分2,000円分
その他の特典他社の違約金を
最大20,000円まで負担
なし
受取条件ひかりTV + DAZN for docomoを
新規で契約する
なし
契約体型2年定期契約プラン2年定期契約プラン
開通期限5か月以内12か月以内
受取方法口座振込口座振込
受取時間開通5ヶ月後に 手続きした翌月末8か月後

キャッシュバックやキャンペーンがあるとお得にドコモ光を契約できます。

そのためプロバイダを選ぶ際はキャンペーン内容を確認しておくことが大切です。

ただ、キャンペーンの豊富さで言うとネットナビから申し込むのがおすすめです。

\20,000円キャッシュバック中!/

ドコモ光のキャンペーン詳細をチェックする

>>ドコモ光キャンペーンサイト

ドコモ光
店舗名ネットナビ
キャッシュバック額20,000円
新規工事費無料
dポイント付与2,000円分
その他の特典なし
受取条件なし
契約体型2年定期契約プラン
開通期限3か月以内
受取方法口座振込
受取時間最短翌月

ネットナビでは、最短翌月に20,000円のキャッシュバックを選べます。

GMOとくとくBBと比べると金額は少ないですが、受取スピードが最短翌月と速いのがおすすめのポイントです。

ちなみにネットナビから契約すると、プロバイダを自由に選ぶこともできます。

たとえば、ネットナビを契約して、GMOとくとくBBをプロバイダとして選ぶことも可能です。

GMOとくとくBBを選べばルーターの無料レンタルやその他のオプションが付いてくるので、よりお得に契約できます。

\20,000円キャッシュバック中!/

ドコモ光のキャンペーン詳細をチェックする

>>ドコモ光キャンペーンサイト

セキュリティなどの無料オプションがあるところを選ぶ

ドコモ光のプロバイダでは、セキュリティソフトや訪問サポートなどの無料オプションを付けてくれるところも多いです。

オプションが多いとお得なので、プロバイダ選びの際は確認しておきましょう。

プランAを利用できるプロバイダのオプションを確認すると以下の状態になっていました。

プロバイダ名 セキュリティソフト名・内容 セキュリティソフトの
最大無料期間
訪問サポート
GMOとくとくBB ・マカフィーマルチアクセス 12か月 初回無料
ドコモnet ・イーセットファミリーセキュリティ 36か月 初回無料
plala ・マカフィー 24か月 初回無料
ANDLINE ・先読み防御セキュリティ
・ウイルス対策セキュリティ ・メールウイルスチェック ・迷惑メールフィルター
12か月 初回無料
@nifty ・常時安全セキュリティ 12か月 初回無料
・@niftyセキュアプライバシー 6か月
SIS ・ウイルスチェック
・迷惑メールフィルター
永年 最大2回無料
IC-NET ・IC-NET安心セキュリティ 永年 最大3回無料
hi-ho ・マカフィーマルチアクセス 12か月 初回無料
BB.excite ・イーセットファミリーセキュリティ 36か月 初回無料
BIGLOBE ・ウイルス対策
・ネット詐欺対策 ・迷惑メール対策
12か月 初回無料
Tigers-net.com ・カスペルスキー
・詐欺ウォール
・ウイルスメールチェック
永年 初回無料
シナプス ・迷惑メール着信拒否サービス
・アンチウイルス for Mail
・セキュリティガード(M)
12か月 初回無料
楽天ブロードバンド ・ウイルスフィルタ
・アドバンストトスパムフィルタ
永年 初回無料
・マルチプラネットフォーム 12か月
DTI ・クラウドバックアップ
・インターネットフィルタリング
・データ復旧安心サービス
・かけつけ訪問サポート
・スマホバックアップ
2か月 初回無料

このようにプロバイダによってオプションの内容は大きく異なるので選ぶ際には要チェックです。

ドコモ光プロバイダの比較表!一番速いのはGMOとくとくBB

ドコモ光のプロバイダごとにおける特徴をまとめました。

プロバイダGMOとくとくBB※1plala@niftyドコモnetDTIANDLINEBIGLOBESIShi-hoic-netTigers-net.comエディオンネットSYNAPSEBB.excite楽天ブロ−ドバンドTiKiTiKi@ネスクOCN@TCOMTNC@ちゃんぷるネットAsahiNetWAKWAK
タイプタイプAタイプAタイプAタイプAタイプAタイプAタイプAタイプAタイプAタイプAタイプAタイプAタイプAタイプAタイプAタイプAタイプAタイプBタイプBタイプBタイプBタイプBタイプB
キャッシュバック20,000円※1最大20,000円 (オプションあり)20,000円
v6プラス 対応×××
ルーター 無料××××××××××
平均速度 (下り)297.94Mbps285.01Mbps210.89Mbps274.5Mbps228.29Mbps192.34Mbps275.7Mbps155.38Mbps105.6Mbps194.38Mbps244.21Mbps259.29Mbps275.55Mbps237.77Mbps199.71Mbps271.85Mbps177.89Mbps278.32Mbps264.13Mbps276.57Mbps1.76Mbps310.16Mbps161.15Mbps
セキュリティ12か月無料24か月無料12か月無料12か月無料12か月無料12か月無料12か月無料永年無料12か月無料永年無料永年無料✕ (有料)12か月無料36か月無料12か月無料✕ (有料)✕ (有料)12か月無料12か月無料12か月無料✕ (有料)✕ (有料)✕ (有料)

※数値は「みんなのネット回線速度」を参照
※1:ネットナビから申し込んだ場合

総合的に見るとGMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBなら最大金額のキャッシュバックを受け取れ、通信速度もトップクラスを誇ります。

WiFiルーターの無料レンタルも実施しているので、初期費用をおさえることもできます。

また、ネットナビ経由でGMOとくとくBBを申し込むことで、最大30,000円のキャッシュバックを受けることも可能です。

ドコモ光を利用する際は「ネットナビ×GMOとくとくBB」の組み合わせを利用しましょう。

\20,000円キャッシュバック中!/

ドコモ光のキャンペーン詳細をチェックする

>>ドコモ光キャンペーンサイト

ドコモ光のプロバイダについてよくある質問

ドコモ光のプロバイダに関する以下の質問を紹介していきます。

  • プロバイダAとBの違いは何ですか?
  • ゲームでも十分な速度が出るプロバイダはどこですか?
  • マンションでおすすめのプロバイダはどこですか?

では上記の質問について詳しく見ていきましょう。

プロバイダAとBの違いは何ですか?

プロバイダAとBの違いは以下の2つです。

  • 月額料金
  • 選べるプロバイダの種類

プロバイダBの方が月額220円高く、選べる業者も少ないです。

料金が高く、利用できるプロバイダが少ないとその代わりにスペックが良いと思いがちですが、実はプロバイダAと変わりません。

通信速度を見ても大きな差はなく、プロバイダによってはプロバイダAの方が速いこともあります。

プロバイダBは卸値の問題で料金が高くなっているだけなので気を付けましょう。

ゲームでも十分な速度が出るプロバイダはどこですか?

そもそもオンラインゲームでは下りのスピードが20Mbps、快適に遊ぶなら30Mbpsが必要です。

ドコモ光のプロバイダは「@ちゃんぷるネット」以外ならクリアしています。

そのため基本的にどのプロバイダでもゲームを快適にプレイすることが可能です。

ただ、より快適に遊びたいなら回線が混雑しづらい「v6プラス」に対応したプロバイダを選びましょう。

  • タイプA:GMOとくとくBB、ドコモnet、plala、@nifty、DTI、ANDLINE、BIGLOBE、SIS、hi-ho、ic-net、Tigers-net.com、エディオンネット、SYNAPSE、BB.excite、TiKiTiKi
  • タイプB:OCN、@TCOM、@ちゃんぷるネット、WAKWAK

v6プラスなら速度が安定していて、スピードも早いので基本的にどの時間帯でもスムーズに繋がります。

マンションでおすすめのプロバイダはどこですか?

マンションにおすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBなら月額4,400円で利用できます。

さらに、戸建てと同じでv6プラスに対応したルーターをレンタルしたり、セキュリティソフトを12か月無料で利用したりできます。

ネットナビ経由で登録すれば最大20,000円のキャッシュバックを得られるので、マンションにもGMOとくとくBBがおすすめです。

\20,000円キャッシュバック中!/

ドコモ光のキャンペーン詳細をチェックする

>>ドコモ光キャンペーンサイト

おすすめのドコモ光プロバイダ まとめ

ドコモ光のプロバイダは20社以上ありますが、その中でも特におすすめなのがGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは数あるプロバイダの中でもトップクラスの通信速度を誇ります(平均300Mbps程度)。

そのうえ、v6プラスに対応したルーターをレンタルできるので、余計な初期費用も発生しません。

GMOとくとくBBはお得さやスペックなど総合的に優れたプロバイダなので、特にこだわりがないならGMOとくとくBBを選びましょう。

\20,000円キャッシュバック中!/

ドコモ光のキャンペーン詳細をチェックする

>>ドコモ光キャンペーンサイト

The following two tabs change content below.
Broad WiMAX通信編集部

Broad WiMAX通信編集部

WiMAXやスマホなどのモバイル情報を発信するBroad WiMAX通信のなかの人です。