大学生の一人暮らしの費用の平均相場を解説!生活費を節約する方法や裏ワザも紹介

免責事項
情報の更新を心がけておりますが、最新情報と異なる可能性がございます。最新情報は各サイトにてご確認ください。このページはアフィリエイトにより収益を得る場合があります。広告を含む商品・サービスには「PR」と表示します。

大学進学を機に一人暮らしを検討している学生さんや親御さんは、費用面で何がいくらかかるのか気になることでしょう。

今回は大学生の一人暮らしにまつわる費用や平均相場をくわしく紹介していきます。

編集部

大学生の一人暮らしに必要な費用一覧をまずはご覧ください!

費用一覧平均相場
大学生の一人暮らしのトータル費用2,151,000円
(内訳)大学生の学費1,042,600円
(内訳)大学生の生活費1,108,400円
令和2年度学生生活調査報告(詳細版)A-1表参照

ただし、上記の金額は大学が国立・公立・私立かによっても異なるので、記事内ではさらにくわしく紹介します。

大学生の一人暮らしに必要な費用気になる収入面と仕送りの割合などを解説するので、新生活を始める目安としてぜひ参考にしてください。

大学生の一人暮らしで費用を抑えるための節約術もお教えしますので、工夫しながらお得に準備しましょう。

新生活をスタートするなら!おトクモール

家電とネットがお得に揃う!

  • セット割引で人気家電が最安0円!
  • 自分にぴったりのインターネット回線見つかる
  • 購入価格の1%分をポイント還元
  • 支払い方法が豊富に選べる

公式サイトはこちら>

目次

大学生の一人暮らしに必要な費用と内訳は?平均相場も紹介

大学生が一人暮らしをする場合、1年間で平均いくら費用がかかるのかまずは確認してみましょう。

入学する大学の種類平均相場
大学生全体2,151,000円
国立大学1,721,800円
公立大学1,689,000円
私立大学2,414300円
令和2年度学生生活調査報告(詳細版)A-1表参照

大学生の一人暮らし費用は、大きく学費と生活費にわかれます。

学費は国立大学・公立大学・私立大学でそれぞれ相場が異なるので、一人暮らしのトータル費用にも違いがでます。

編集部

大学生の一人暮らしでかかる費用を、さらにくわしくチェックしていきましょう!

大学の学費の平均相場は104万円

大学生の一人暮らし費用を考える上で、必要不可欠なのが大学の授業費や通学代などを含めた「学費」です。

編集部

学費には主に以下の項目が含まれます。

大学生の学費項目一覧
  • 授業料
  • その他の学校納付金
  • 修学費
  • 課外活動費
  • 通学費

では、大学生の総合的な学費と国立大学・公立大学・私立大学ごとの平均相場の違いをみてみましょう。

【大学生の一人暮らしの学費相場】

スクロールできます
一人暮らしの
大学生全体の相場
国立大学公立大学私立大学
授業料853,100円487,700円486,500円1,073,500円
その他の学校納付金105,400円8.900円17,500円162,500円
修学費46,100円47,000円46,500円45,700円
課外活動費23,500円26,900円13,100円23,300円
通学費14,500円8,500円12,100円17,700円
合計費用1,042,600円579,000円575,700円1,322,700円
令和2年度学生生活調査報告(詳細版)A-1表参照

大学の学費は国立・公立の相場が年間57万円前後ですが、私立大学は年間130万円以上が平均相場です。

総合的な学費相場でみると年間100万円ですが、大学の種類によって2~3倍近く学費が変わることも理解しておきましょう。

ちなみに、自宅から大学へ通う人の通学費の平均は年間で約65,000円でしたが、一人暮らしの場合は学校から近い場所で物件を選ぶ人も多いので通学費が年間で平均14,500円に抑えられているのも大きな特徴です。

大学生の生活費の平均相場は110万円

大学生で一人暮らしをする場合、学費以外に費用割合が大きいのが「生活費」です。

大学生の生活費項目一覧
  • 食費
  • 住居・光熱費
  • 保健衛生費
  • 娯楽・し好費
  • その他の日常費

生活費に関しては大学が国立・公立・私立のうちどこに通っていても、大きな違いはありません。

【大学生の一人暮らしの生活費相場】

スクロールできます
一人暮らしの
大学生全体の相場
国立大学公立大学私立大学
食費273,400円288,400円265,600円267,400円
住居・光熱費497,700円530,400円493,000円483,000円
保健衛生費42,300円40,200円43,900円43,100円
娯楽・し好費136,200円136,900円137,400円135,700円
その他の日常費158,800円146,900円173,400円162,400円
合計費用1,108,400円1,142,800円1,113,300円1,091,600円
令和2年度学生生活調査報告(詳細版)A-1表参照

大学生の生活費の平均相場は、年間110万円前後で月にすると9万円程度です。

文部科学省管轄の「独立行政法人日本学生支援機構」が調査した結果をまとめた令和2年度学生生活調査報告によると、一人暮らしの大学生の食費は月に2万2千円前後で、家賃と光熱費の合計相場は月に4万円前後だとわかります。

編集部

ちなみに実家から大学に通う人の生活費相場は年間386,500円、月にすると3万円ほどと1/3に抑えられます!

一人暮らしを始める初期費用も必要

大学入学後に年間かかる費用も重要ですが、まず一人暮らしを始める際に発生する初期費用についても考えておきましょう。

大学生が一人暮らしをする際には、一般的に以下の費用がかかります。

【大学生の一人暮らしの初期費用】

かかる費用具体的な用途平均相場
アパートやマンションの敷金・礼金一人暮らしをする物件の管理会社や
大家に支払う初期費用
家賃の1~2ヶ月分
※物件による
家具家電購入費一人暮らしをするために必要な
家具や家電の購入代金
0円~200,000円ほど
引越し費用引っ越し業者への委託料・
トラック等レンタカーの利用料
0円~100,000円

一人暮らしのために借りたアパートやマンションは、入居時の初期費用として敷金や礼金が設定されていることがあります。

編集部

敷金は退居時の部屋の原状回復や家賃の滞納時などに使われる費用で、何もなければ返却される場合があります!礼金は管理会社や大家さんへの謝礼です!

また、一人で暮らすためには調理家電や洗濯機、寝具などの生活必需品を用意しなくてはいけませんが、新品で揃えるのではなく、実家で使っているものを持っていったり中古品やフリマアプリを利用するなどの工夫で費用は抑えられるでしょう。

さらに、引っ越しの荷物を運ぶために引っ越し業者を頼んだり、軽トラックなどをレンタルしたりする場合は費用がかかります。

引っ越し業者に依頼する場合は、大学入学や就職などで引っ越しが多くなる3~4月に料金が高くなる傾向があるので比較しながら安いところを探すか、家族で協力して引っ越し作業ができないか検討してみましょう。

大学生の一人暮らし費用をまかなう収入事情は?

大学生が一人暮らしをするうえで、費用をまかなうための収入状況についても調べてみましょう。

編集部

大学生は勉学が仕事なので、自力で収入を確保するのが難しい場合は親御さんの仕送りも必要です!

令和2年度学生生活調査報告によると、家庭からの仕送りが大学生の収入全体の約6割を占めるという結果が出ています。

令和2年度学生生活調査報告(詳細版)A-1表からBroad WiMAX編集部が作成

大学生の一人暮らしで収入の内訳や平均相場をくわしくみてみましょう。

【大学生の一人暮らしの収入相場】

スクロールできます
一人暮らしの
大学生全体の相場
国立大学公立大学私立大学
家庭からの仕送り1,444,200円1,164,800円981,300円1,637,100円
奨学金419,500円317,400円436,600円464,900円
アルバイト333,300円320,800円367,000円334,600円
定職収入・その他55,700円50,000円40,500円60,400円
合計費用2,252,700円1,853,000円1,825,400円2,497,000円
令和2年度学生生活調査報告(詳細版)A-1表参照

大学生の一人暮らしの収入の半分以上を占める家庭からの仕送り額は、平均すると月額12万円ほどです。

大学生の一人暮らしに必要な費用総額は平均月額18万円前後で、生活を維持するために親御さんの援助が必要な場合が多いようです。

大学生の一人暮らしで費用を節約するポイント

大学生の一人暮らしには学費含めて毎月18万円前後、生活費だけなら月間9万円程度の費用がかかるとわかりました。

大学生の一人暮らしの費用をさらに抑えたいと考える方に向けて、節約できるポイントを解説します。

学費については私立と国立・公立によって金額は半額以上違う場合があるので、費用を抑えるなら希望校の選定から意識しておかなくてはいけません。

編集部

学費を抑えるために、奨学金や授業料免除などの制度を利用することも考えましょう!

ただし、生活費については安く抑えるための工夫がいくつもあるので、ぜひ参考にしてください。

奨学金や授業料免除などの制度を利用する

学費は大学生活を送るうえで何より大切な費用ですが、大学によっては奨学金や一定の条件で授業料が免除される制度を用意しています。

編集部

大学生が利用できる奨学金や免除制度の代表例を紹介します!


【大学生が利用できる主な学費制度】

制度名運営元
貸与奨学金文部科学省
(日本学生支援機構)
第一種奨学金(無利子)または第二種奨学金(利子あり)
を借りて学費に充当する。卒業後に返却の必要がある。
給付奨学金文部科学省
(日本学生支援機構)
適用条件に当てはまる学生の学費を免除する。
生活費として奨学金が支給される。
※2025年度以降に条件拡大の予定
地方公共団体等が
行う奨学金
地方自治体や団体等運営元によって奨学金の支給が受けられる。
※金額や内容、条件は運営元で異なる
大学が行う学費免除進学先の大学成績優秀者や所定の条件を満たす学生の入学金や
授業料を免除する。
※金額や内容、条件は大学で異なる

奨学金や学費免除制度にもさまざまな種類や条件があるので、志望校などが決まったら調べてみましょう。

家賃が安い物件を探す

大学生が一人暮らしするために住む物件の家賃相場は、平均して光熱費を含めて4万円程度でした。

もし家賃をさらに安く抑えられれば、生活費の節約にもつながります。

編集部

家賃は大学周辺の場所柄や町によっても相場が違いますが、以下のポイントを踏まえて探すと比較的安い物件が見つかりやすいです!

家賃が安い物件探しのポイント
  • ワンルームで探す
  • トイレとバスが一体型で探す
  • 駅近より大学の近くで探す
  • シェアハウスを含めて探す
  • 光熱費や通信費込みの物件を探す

家賃が安い物件を選ぶなら、ワンルームでトイレとバスが一緒になっているお部屋がおすすめです。

また、広い敷地が必要な大学は比較的郊外にキャンパスを設けていることも多く、家賃相場は都市部より郊外の方が安くなる傾向にあるので、駅の近くではなく学校の近くで探すといいでしょう。

編集部

駅から遠いと不便に思えますが、学校の近くであれば駅から遠くても通学しやすく、徒歩や自転車で通えるので交通費もかかりません!

もし共同生活に抵抗がないのであればシェアハウスもお部屋探しの条件に含めて探すのも、家賃を節約するひとつの方法です。

物件によっては光熱費やインターネット料金が家賃に含まれている場合もあり、不動産会社がまとめて契約しているので固定の金額で安く抑えられるうえに手続きなども不要になる可能性があります。

大学生の物件探しは間取りやデザインだけでなく、より安くお得に住める物件を重視して選びましょう。

食費を抑える工夫をする

大学生が一人暮らしする費用で節約しやすいのが、食事のための金額です。

大学生の食費の相場は1か月22,000円ほどでしたが。自炊が面倒だったり苦手だったりと1日3食を外食でまかなえば、1回500円に抑えたとしてもあっという間に足りなくなってしまいます。

少しでも食費を抑えるために、以下の工夫を行いましょう。

大学生が食費を抑えるための工夫
  • 大学内の学食を利用する
  • 米を炊いたり料理をしたりする時は多めに作って冷凍する
  • 都度買い物に行かずまとめ買いをする
  • 1か月の外食の回数を決めておく

食費を抑える工夫でとくにおすすめなのが、自炊をする際に多めに作っておいて保存しておく方法です。

米や冷凍保存可能な料理をストックしておけば、光熱費の節約にもなりますし勉強やアルバイトで忙しい時も栄養のある食事をかんたんに済ませられます。

また、どうしても作るのが面倒な時は学生向けに安く食事を提供している学食を利用しましょう。

光熱費や通信費はセットでまとめるとお得

大学生が一人で暮らしていくために必要な電気やガスといった光熱費は、インターネット回線やスマホキャリアと提携している会社を選ぶことでセット割引が利用できることがあります。

電気・ガスと通信会社のセット割引は毎月数百円の割引が受けられることもあるので、大学生活4年間の総額にすると大きな節約になります。

編集部

光熱費とのセット割が利用できる通信会社をいくつかまとめたので、ぜひチェックしてみてください!

通信サービス電気・ガス・水道月間割引額
ドコモドコモでんき電気料金:最大6%のdポイント還元
ソフトバンク
ソフトバンク光
ソフトバンクAir
ソフトバンクでんき
ソフトバンクガス
携帯電話料金:最大110円/1回線
電気料金:最大284円57銭
(ソフトバンクでんき+ガスの場合)
au
UQモバイル
auでんき携帯電話料金:最大1,100円/1回線
eo光ネットeo電気電気基本料金:110円
ガス料金:3%
(eo電気+eoガスの場合)
コミュファ光中部電力
中部電力ミライズ(ガス)
電気料金:153円+100pt
ガス料金:2%+100pt
(中部電力+ガスの場合)
さすガネット大阪ガスインターネット料金:330円

大学生の一人暮らしで費用を抑えたいならおトクモールを利用しよう!

大学生活に向けて一人暮らしを始める際は、家電がお得に購入できるサイト「おトクモール」を利用するのがおすすめです。

おトクモールはインターネット回線とセットで契約することで、人気の家電が最大40,000円引きで購入できます。

おトクモールをおすすめしたい理由を4つピックアップしたので、インターネット環境と欲しかった家電を安く手に入れたい方はぜひ読んでみてください。

有名メーカーの人気商品が0円から購入できる

引用:おトクモール

おトクモールは家電製品の通販サイトとして単体での購入ももちろんできますが、指定のインターネット回線と同時に申込めば購入価格から最大40,000円の割引が受けられます。

有名メーカーの人気家電が最安0円から手に入れられるので、引越し時の初期費用を大幅に安くできるでしょう。

編集部

たとえば、おトクモールなら以下の家電製品が最安0円で購入できますよ!

製品名メーカー通常販売価格最安価格
(40,000円割引時)
スチームトースター PROバルミューダ37,800円0円
4K対応液晶テレビ レグザ東芝39,800円0円
Nintendo Swich 有機ELモデル任天堂38,830円0円
圧力IHジャー炊飯器 5.5合タイガー39,800円0円
掃除機 コードレス サイクロンアイリスオーヤマ37,800円0円
完全ワイヤレスイヤホン LinkBudsSONY25,800円0円
※価格は税込

最大割引額の適用で0円購入できる家電製品は上記以外にも多数あるので、ぜひおトクモールの公式サイトから確認してみましょう。

自分にあったインターネット回線選びをサポートしてもらえる

引用:おトクモール

最近では大学でもオンライン授業が行われたり、レポートの提出や調べ物などでパソコンが必要だったりすることもあります。

大学生の一人暮らしでインターネット環境は生活に必要な要素のひとつになりつつありますが、いくつもある契約先から自分にあった回線やサービスを選ぶ自信がないという方にもおトクモールはおすすめです。

おトクモールでは専門のオペレーターと無料で電話相談ができ、条件や目的にあったインターネット回線を見つけてもらえます。

編集部

おトクモールならおすすめのインターネット回線をそのまま契約までサポートしてもらえるので安心です!

購入価格の1%分をポイント還元してもらえる

おトクモールでは家電の購入価格の1%がポイント還元されます。

インターネット回線との同時契約で受けられる最大40,000円の割引とあわせてポイントももらえるので、お得に一人暮らしの準備ができます。

支払い方法が豊富に選べる

おトクモールでは家電の購入時に支払い方法として、以下の選択肢が用意されています。

おトクモールの支払方法
  • クレジット決済
  • 代金引換
  • AmazonPay
  • PayPay

もしクレジットカードをお持ちでない場合でも、代金引換や電子マネーが使えるので安心してお買い物ができます。

大学生の一人暮らしで費用がお得なインターネット回線は?

オトクモールで契約できるインターネット回線の中から、とくに割引やキャッシュバックによる還元が大きいものを紹介しましょう。

大学生の一人暮らしで費用がお得なインターネット回線
  • auひかり|光回線
  • ソフトバンク光|光回線
  • ソフトバンクAir|ホームルーター
  • Broad WiMAX|ホームルーター・ポケット型WiFi

高速通信が期待できる光回線から、賃貸物件でも安心の工事不要のホームルーターやポケット型WiFiまで大学生の一人暮らしにおすすめの契約先が揃っているので、ぜひ参考にしてください。

編集部

それぞれスマホとのセット割も利用できるので、通信費が節約できますよ!

【光回線】家電が40,000円引き&最大30,000円還元!auひかり

※引用:おトクモール
提供エリア戸建て:関西・東海・沖縄県以外
マンション:沖縄県以外
初期費用事務手数料:3,300円
開通工事費:キャンペーンで実質無料!
月額料金マンション:4,180円~
戸建て:5,610円~
スマホとのセット割au・UQモバイル
おトクモール特典・家電最大40,000円割引
・30,000円キャッシュバック
※価格は税込

auひかりは速度に評判が高いのが特徴オンラインゲームや動画配信を行いたい大学生におすすめです。

auやUQモバイルとのスマホともセット割が利用できるので、通信費やお買い物をとにかくお得にしたい方にイチオシです。

【光回線】家電が15,000円引き&15,000円キャッシュバック!ソフトバンク光

※引用:おトクモール
提供エリア全国
初期費用事務手数料:3,300円
開通工事費:キャンペーンで実質無料!
月額料金マンション:4,180円~
戸建て:5,720円~
スマホとのセット割ソフトバンク・ワイモバイル
おトクモール特典・家電15,000円割引
・15,000円キャッシュバック
※価格は税込

ソフトバンク光は日本全国広いエリアで契約可能な光回線でアパートやマンションでもかんたんに導入可能なのが魅力です。

スマホとのセット割もお得で、ソフトバンクなら最大1,100円、ワイモバイルなら最大1,650円もの割引が受けられます。

【ホームルーター】家電が5,000円引き&25,000円キャッシュバック!ソフトバンクAir

※引用:おトクモール
提供エリア全国
初期費用事務手数料:3,300円
端末価格:キャンペーンで実質無料!
月額料金0~6ヶ月目:1,980円
7か月目~:5,368円
スマホとのセット割ソフトバンク・ワイモバイル
おトクモール特典・家電5,000円割引
・25,000円キャッシュバック
※価格は税込

自宅で光回線の工事ができなかった場合は、アパートやマンションのコンセントに電源プラグを挿すだけで使えるホームルーターのソフトバンクAirがおすすめです。

端末代金も実質無料なうえに、家電価格の5,000円割引や25,000円キャッシュバックも受けられるので気軽にインターネット環境を用意できます。

【ポケット型WiFi】家電が5,000円引き!Broad WiMAX

※引用:おトクモール
提供エリア全国
初期費用事務手数料:3,300円
端末価格:31,680円
月額料金0ヶ月目:1,397円
1~36ヶ月目:3,773円
37ヶ月目~:4,818円
スマホとのセット割au・UQモバイル
おトクモール特典・家電5,000円割引
※価格は税込

自宅だけでなく大学やアルバイト先などでも持ち運んでインターネットをしたいなら、ポケット型WiFi端末を購入できるBroad WiMAXがおすすめです。

Broad WiMAXのポケット型WiFiは5G回線に対応しており速いので、一人暮らしの方なら自宅でも外でも快適に利用できます。

まとめ

大学生が一人暮らしをするために必要な費用を紹介しましたが、結論として具体的に以下の金額がかかるとわかりました。

費用一覧平均相場
大学生の一人暮らしのトータル費用2,151,000円
(内訳)大学生の学費1,042,600円
(内訳)大学生の生活費1,108,400円
令和2年度学生生活調査報告(詳細版)A-1表参照

また、大学生が一人暮らしをするために必要な費用のうち、全体の6割程度を親御さんからの仕送りでまかなっている人が多いというデータが出ています。

大学生の一人暮らしでかかる費用を少しでも節約するために、以下のポイントも紹介しました。

新生活の準備としてインターネット回線や家電製品などを用意する際は、おトクモールを利用するとさらにお得に一人暮らしを始められるのでぜひチェックしてみてください。

新生活をスタートするなら!おトクモール

家電とネットがお得に揃う!

  • セット割引で人気家電が最安0円!
  • 自分にぴったりのインターネット回線見つかる
  • 購入価格の1%分をポイント還元
  • 支払い方法が豊富に選べる

公式サイトはこちら>

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次