WiMAX

【WiMAXが遅い7つの原因・対策まとめ】速度が速くなる方法も紹介

【WiMAXが遅い7つの原因・対策まとめ】速度が速くなる方法も紹介

「WiMAXを使用しているが、速度が遅い」
そう感じるときには、さまざまな原因があります。原因を特定し対処することで、WiMAXの通信が速くなりストレスがなくなります。

こちらの記事では、WiMAXが遅い7つの原因と対処法をまとめています。WiMAXの速度を速くする方法もあわせてご紹介しますので、WiMAXが遅いと感じた方は、こちらの記事を読んで原因を特定しましょう。

本記事は2022年4月12日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください

WiMAXが遅い原因と対策方法

WiMAXの速度が遅いと感じるときは、速度制限・ルーターの初期設定などさまざまな原因が考えられます。考えられる7つの原因と対策について解説していきます。

●①速度制限がかかっている

WiMAXをはじめとしたWiFi対応端末はプランによって、通信量が制限されることがあります。その月の通信量が上限になると速度制限がかかり、WiMAXの速度は遅くなってしまいます。WiMAXを利用している方は速度制限になるとメールで通知がきます。

速度制限にかかってしまったら、プランの見直しをおすすめします。

●②データの送受信量が多い閲覧をしている

動画サイトなど動作の重いサイトを閲覧していると、WiMAXの速度が遅くなることがあります。動画サイトの場合、動画の画質を落とすなどして通信量を減らすことも対策として挙げられます。

また「Google Public DNS」を設定するという対策も有効です。Google Public DNSとは誰でも利用できるDNSサーバーのことで、Google Public DNS設定することで通信の高速化・セキュリティ強化などのメリットがあります。

●③WiFiルーターの初期設定に問題がある

WiFiルーターからWiMAXの電波を受信している場合、WiFiルーターの初期設定を確認してみましょう。初期設定が接続優先ではなく速さ優先になっていると、頻繁に通信が途切れることがあります。

初期設定を接続優先に変更することで、WiMAXへの接続がスムーズになります。

●④ほかの電波が干渉している

WiMAX以外の電波が干渉していると、通信速度が遅くなることがあります。電波の干渉を防ぐためには、干渉が少ない周波数帯「5.0GHz」に変更することをおすすめします。5.0GHzはWiFi専用の電波なので、ほかの電波が干渉しにくいという特徴があります。

●⑤接続状況に一時的なエラーが発生している

回線の混雑や不具合により、接続状況に一時的なエラーが発生することがあります。そのときは一度電源をオフにして、接続しなおしましょう。再接続することで、通信がよくなることがあります。

●⑥WiMAXのエリア外である

WiMAXは広範囲で使用できるサービスですが、場所によっては接続できないエリアもあります。WiMAXのエリア外ではWiFiに接続できないので、WiMAXのエリア内に移動しましょう。サービスエリアマップ・住所検索・ピンポイント判定などWiMAXのエリア内かどうか確認できるサービスを使用してみてください。

●⑦WiMAX基地局で障害が発生している

まれではありますが、WiMAX基地局で障害が発生している場合があります。原因がどうしてもわからない場合、UQコミュニケーションズのサイトなどで障害が発生していないか確認してみましょう。必要であればWiMAXのサポートセンターに問い合わせをして、状況を確認することをおすすめします。

遅いWiMAXの通信速度を速くする方法

遅いWiMAXの通信速度を速くする方法

ここまでWiMAXの通信速度が遅い原因と対策を紹介しました。しかしWiMAXを使用している環境によっては、以上の対策をしてもどうしても通信速度が速くならないことがあります。ここからはそんな状況でもWiMAXの通信速度を速くするための方法をご紹介します。どうしてもWiMAXの速度が速くならないという方は、以下の方法を試してみてください。

●有線接続をする

WiFiルーターを使用している方は、一度有線接続をしてみましょう。無線接続よりも有線接続の方が通信速度は速くなります。LANケーブルを差し込める「LANポート」が付いているWiFi対応端末であれば有線接続もできるので、LANポートの有無を確認しましょう。

●クレードルを使う

WiMAXの速度を速くしたいという方は、クレードルの使用を検討してみてはいかがでしょうか。クレードルはWiFi対応端末の関連機器で、WiFi対応端末を置くだけで充電ができるものです。Speed Wi-Fi 5G X11という機種であれば、クレードルに対応しています。またクレードルの裏面にはLANポートがあり、その差込口にケーブルをつないで使うことで有線接続にも対応しています。

クレードルを介してWiMAXの電波を有線LAN化することで、WiMAXの通信を高速化することができます。自宅でクレードルを使用すれば、有線回線速度の電波を送れるので、通信が高速化して安定もしますよ。

●高速通信できるWiMAXの機種に買い替える

WiMAXはルーターの種類によって、通信速度が異なります。より高速通信ができるWiMAXに買い替えることも、通信速度を速くする方法の1つです。WiMAXをはじめとしたWiFi通信は、通信量が多いほど速度は遅くなってしまいます。

そのため動画編集など通信量が多い作業をする方であれば、高速通信ができるWiMAXの機種に買い替えたほうがストレスなく通信ができるようになります。

高速通信したいなら「Broad WiMAX」がおすすめ

高速通信ができるWiMAXの契約を検討している方であれば、「Broad WiMAX」がおすすめです。「Speed Wi-Fi 5G X11」という機種では、下り最大2.7Gbps(※)で通信できます。

「Broad WiMAX」には据え置きタイプのホームルーターと、持ち運びができるモバイルルーターがあり、用途に応じた適切なWiFi対応端末の選択が可能です。

月額2,090円税込(※2)から契約できるギガ放題プラスDXプランなら、データ量制限なし(※3)で、たっぷりインターネットを使用できます。月額料金が業界最安級(※4)で通信速度も速い「Broad WiMAX」と契約して、快適なWiMAXライフを送りましょう。

(※1)記載の速度は5G通信時の技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。また、5G提供エリアは限定されています。
(※2) データ容量制限なしのギガ放題プラスDXプランの最大3ヶ月間の金額です。
(※3)ネットワーク混雑回避のため、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、ネットワークが混雑する時間帯に通信速度を制限する場合があります。
(※4)各通信事業者のHPで公表されているWiMAX +5Gサービス15社の月額基本料の比較において。自社調べ(2022年3月時点)。

WiMAXが遅いと感じたら原因を特定し対処しよう

ここまでWiMAXが遅い原因と対策を紹介しました。WiMAXが遅い原因はいくつかあるので、まずは原因を特定し適切な対処をしましょう。ただし毎日のように通信が遅いと感じるのであれば、WiMAX対応機種の買い替えをおすすめします。

WiMAXは商品によって通信速度が異なるので、古い商品を使っているとどうしても通信速度には限界があります。「Broad WiMAX」のような高速通信ができるサービスを使用すれば、日々の通信環境が快適になります。

The following two tabs change content below.
Broad WiMAX通信編集部

Broad WiMAX通信編集部

WiMAXやスマホなどのモバイル情報を発信するBroad WiMAX通信のなかの人です。