WiFi , ポケット型WiFi

ポケット型WiFiが遅いのはなぜ?考えられる原因と対処法を解説

ポケットWiFiが遅いのはなぜ?
本記事は2022年03月08日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

ポケット型WiFiを使用していると、「昨日までなんともなかったのに、急に通信速度が遅くなった」ということがあるかもしれません。通信速度が遅くなるとインターネット使用に支障をきたすので、早く原因を突き止めて改善したいですよね。

そこで本記事では、ポケット型WiFiが遅くなったときに考えられる原因とそれぞれの対処法を解説します。

本記事は2021年4月27日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

ポケット型WiFiの通信速度が遅い原因と対処法

ポケット型WiFiの通信速度が遅い場合は、いくつかの原因が考えられます。以下では、考えられる原因と、それぞれの対処法について解説しています。

ポケット型WiFiが遅いことにお悩みの方は、どの原因に該当しているかを見つけたうえで、対処法を実践してみましょう。

●エリア外で使用している

1つめに考えられる原因は、エリア外で使用しているからです。ポケット型WiFiにはインターネットに接続できるエリアが定められており、エリアはポケット型WiFiを提供する通信業者によっても異なります。

エリア外で使用しているとポケット型WiFiは電波をうまく受信することができないため、通信速度が遅くなったり繋がらなくなったりすることがあります。

【対処法】ポケット型WiFiのエリアを確認する

上記への対処法は、ポケット型WiFiのエリアを確認することです。ポケット型WiFiのエリアは、公式ホームページで確認できるようになっています。

どこがエリア内でどこかエリア外かを把握しておくことで、「使えると思っていたのに使えない…」と外出先などで困ってしまうことを防止できます。

●ポケット型WiFiに不具合が発生している

2つめに考えられる原因は、ポケット型WiFiに何らかの不具合が発生している可能性があるからです。特に大きな原因が見当たらない…という場合は、まずは不具合を疑ってみるようにしましょう。

【対処法】再起動やアップデートを行う

上記への対処法は、再起動やアップデートを行うことです。ポケット型WiFi本体の再起動やアップデート、もしくはポケット型WiFiに接続しているパソコンやスマートフォンを再起動することで、不具合が改善する場合があります。

ポケット型WiFiのアップデートの方法は製品によって異なるため、ポケット型WiFiの公式ホームページや説明書などで確認しましょう。

●ポケット型WiFiの設定に問題がある

3つめに考えられる原因は、ポケット型WiFiの設定に問題があるからです。ポケット型WiFiのなかには、「速度優先モード」、「バッテリー優先モード」などといったように、稼働するモードを切り替えられる製品があります。

「バッテリー優先モード」のようなバッテリーの減りを抑えるモードになっている場合は、通信速度を下げて稼働するため、これがポケット型WiFiが遅い原因になっている可能性があります。

【対処法】ポケット型WiFiのモードを「速度優先」にする

上記への対処法は、ポケット型WiFiのモードを「速度優先」にすることです。持っているポケット型WiFiにモード設定機能がある場合はモード設定を確認しましょう。

「バッテリー優先モード」、「省電力モード」などに設定されていた場合は、バッテリーではなく通信速度を優先して稼働する「速度優先モード」に変更することで、通信速度が改善する場合があります。

●電波干渉が発生している

4つめに考えられる原因は、電波干渉が発生しているからです。電子機器(電子レンジやBluetooth)が近くにあると、電子機器同士による電波干渉が発生することがあります。

なぜなら、ポケット型WiFiや上記の電子機器が使用している周波数帯は2.4GHzだからです。近くにある複数の電子機器が2.4GHzを重複使用していると、電波が干渉しあって通信速度が遅くなってしまいます。

【対処法】周波数帯を5GHzに変更する

上記への対処法は、周波数帯を5GHzに変更することです。ポケット型WiFiの周波数帯は、2.4GHzだけではなく5GHzにも切り替えることができます。5GHzに切り替えることで、電子レンジやBluetoothなどとの電波干渉を防止できる可能性があるので、おすすめです。

ただし、5GHzは2.4GHzに比べて障害物に弱いというデメリットがあるので、ポケット型WiFiの置き場所とインターネットを使用する場所に距離がある場合、通信速度が改善しない可能性もあるので注意が必要です。

●障害物によって電波が遮られている

5つめに考えられる原因は、障害物によって電波が遮られているからです。ポケット型WiFiの電波は、障害物に遮られると強度が弱くなってしまいます。特に上記で述べたように、周波数帯を5GHzに設定している場合は、電波が遮られやすくなります。

ビルが密集しているエリアや自宅のなかでも壁やドアに遮られやすい場所で使用すると、電波がうまく届かず、通信速度が遅くなってしまう可能性があります。

【対処法】障害物が少ない場所で使用する

上記への対処法は、障害物が少ない場所で使用することです。ポケット型WiFiの置き場所を工夫する場合は、基地局からの電波が届き易くなるように窓際に置くのがおすすめです。

部屋の構造上、障害物を避けるのが難しい場合、WiMAXならハイスピードプラスエリアモードへの切り替えがおすすめです。ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAXの回線とauのLTE回線を組み合わせて使用できるモードのことです。

LTE回線は、WiMAX回線よりも障害物に比較的強いため、電波が届きやすい場所でも安定する可能性が高いので、1度試してみると良いでしょう。

●速度制限がかかっている

6つめに考えられる原因は、速度制限がかかっているからです。ポケット型WiFiは、一定のデータ通信量に達すると速度制限がかかるのが一般的です。速度制限がかかる条件は、ポケット型WiFiを提供する通信業者が料金プランごとに定めています。

【対処法】速度制限の条件と解除方法を確認する

上記への対処法は、速度制限の条件と解除方法を確認することです。現在契約しているポケット型WiFiの料金プランにおける速度制限の条件と、今どのくらいデータ通信量を消費しているのかを確認することで、すでに速度制限がかかっているのかを知ることができます。

データ通信量が条件に達していた場合は速度制限にかかっているので、速度制限が解除されるまで待つ必要があります。

ポケット型WiFiによっては、有料でデータ通信量を購入して速度制限を解除することができることがあるので、どうしても通信速度を戻したい場合はそのように対処するのもおすすめです。

ポケット型WiFiが遅い…改善されない場合は?

「ポケット型WiFiが遅い原因を突き止めて対処法を実践してみたけど、それでも改善しない…」という場合は、ポケット型WiFi本体が故障している可能性があります。その場合は自力で通信速度を改善させることは難しいでしょう。

今後安定した通信を楽しむためにも、ポケット型WiFiサービスの乗り換えを検討するのがおすすめです。こちらでは、おすすめ機種である「Speed Wi-Fi NEXT WX06」をご紹介します。

現在Broad WiMAXでは乗り換えキャンペーンを実施しており、契約解除料最大19,000円(非課税)までBroad WiMAXが還元(※1)、初期費用0円(※2)でBroad WiMAXに乗り換えることができます!

Speed Wi-Fi NEXT WX06は、Broad WiMAXのモバイルルーターで初めて、2.4 GHz /5GHz(最大16台まで)の同時接続ができる製品として誕生しました。

iPhoneやiPad、Androidデバイスでインターネットを使用したい場合は、製品画面に表示されたQRコードをデバイスのカメラで読み取るだけで簡単に接続できるのが魅力です。

製品のホーム画面には、日次(3日間)データ通信量と月次データ通信量が数字とグラフで表示されているので、現時点でどれくらい消費したかを把握することもできます。

Broad WiMAXでは、混雑回避のために3日間で10GB以上使用すると速度制限がかかりますが、ホーム画面で日次のデータ通信量が確認しながら使用することで、10GBを超えないようにインターネットの使用量を調整できるのでおすすめです。

気になる料金は、ギガ放題プランとライトプランのどちらかを選ぶかで変わります。月間データ通信量に上限がないギガ放題プラン(※3)は、最大3ヶ月は月額2,999円(税込)で、3ヶ月目以降は3,753円(税込)、25ヶ月目以降は4,413円(税込)になります(※4)。

一方で、月間データ通信量に7GBの上限があるライトプランは。最大25ヶ月は月額2,999円(税込)で、25ヶ月目以降は3,659円(税込)になります(※4)。

動画や音楽をたっぷり楽しみたい方はギガ放題プラン、メールやWebサイト閲覧などがメインで毎月使用するデータ通信量があまり多くない方はライトプランがおすすめです。

(※1)諸条件があります。詳しくはこちら(https://wimax-broad.jp/campaign/norikae.php)をご確認ください。
(※2)諸条件があります。詳しくはこちら(https://wimax-broad.jp/campaign/web-discount.php)をご確認ください。
(※3) 月間のデータ通信量に上限がなく、通信速度制限(月間7GB超)が適用されません。ただし、LTEオプション対応機種の場合、ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。また、ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間でWiMAX 2+およびLTE方式の通信量の合計が10GB以上となった場合、ネットワーク混雑時間帯(翌日18時頃から翌々日2時頃(2017年2月時点)にかけてWiMAX 2+およびLTE方式の通信速度を概ね1Mbpsに制限されます(送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下となることがあります)。
(※4)3年契約した場合の料金になります。

ポケット型WiFiを乗り換えるならBroad WiMAX!

本記事では、ポケット型WiFiが遅い原因やその対処法1つずつ詳しく解説しました。ポケット型WiFiが遅いことにお悩みの方は、原因を突き止めて対処するときの参考にしてみてください。

何度も同じような不具合が起きたりして使いづらくなってきたという場合には、ポケット型WiFiの乗り換えを検討してもよいかもしれません。Broad WiMAXでは乗り換えキャンペーンを実施しているので、契約解除料の負担を避けたいという方でも気軽にポケット型WiFiを乗り換えることができます。

The following two tabs change content below.
WiMAXサービスに関して、ご不明な点があれば下記Broad WiMAX受付窓口へどうぞ
電話相談受付
オペレーターに電話で相談する
Webフォームなら24時間受付中