ポケット型WiFi

安いポケット型WiFiの比較!おすすめベスト3をランキング!

安いポケット型WiFiの比較!おすすめベスト3をランキング!

モバイル回線を使ったコンパクトなWiFiルーター、ポケット型WiFi。ポケットに入るコンパクトさとバッテリー内蔵で、持ち歩けばどこでも手軽にインターネットに接続できます。

ポケット型WiFiはメガブランドからベンチャー系まで、たくさんの会社が参入しています。そのなかで、どんな会社のサービスが安い値段で使えるか。データ容量や端末の特徴なども含めて、ランキング形式で徹底解説します。

本記事は2022年4月1日に作成されました。
現在の状況とは異なる可能性があることを予めご了承ください。

ポケット型WiFiの料金とは?

ポケット型WiFiの料金は、どのように算出されるのでしょうか。各サイトを見ると、いろいろな情報があり過ぎて「結局、どこが安いのかよく分からない…」というのが正直なところではないでしょうか。

まず、ポケット型WiFiの料金には、どのような要素が含まれているのかを整理しましょう。

ポケット型WiFiの料金要素

ポケット型WiFiの料金要素を、シンプルに表記すれば

(1)初期費用
(2)月額料金
(3)端末料金
(4)キャンペーン
(5)解約コスト

の、5つに集約できます。

そして、この5つの要素を合計したものを、契約月で割れば、毎月負担する実際の金額が出てきます。

それぞれを、もう少し詳しく見ていきましょう。

(1)初期費用

ポケット型WiFiを新規契約したり、機種変更や乗り換えをしたりする時に必要な費用です。初期費用として設定されている金額や、契約時の事務手数料などが該当します。

初期費用は、キャンペーンで割引や無料になることもあります。

(2)月額料金

文字どおり、契約したプランにおける毎月の使用料金です。一般的に、料金が安いプランほどデータ通信量が少なかったりします。また、“縛り期間”によっても月額料金が変わったりすることもあります。

プランによっては、「初月○○円」など、期間限定でおトクな料金が設定されている場合もあり、単純計算できないケースが多いです。

(3)端末料金

ポケット型WiFi端末の本体価格です。買取の場合やレンタルの場合などさまざまなパターンがあります。

買取の場合、多くは分割払い(24回や36回など)で毎月の料金に上乗せされます。

(4)キャンペーン

乗り換えや新規契約時のキャンペーン特典として、割引やキャッシュバックなどが受けられる場合があります。

(5)解約コスト

意外と見落とされがちなのが解約コストで、解約時にかかる解約料や、機種代の残債などが必要になります。

乗り換え先が解約料を負担してくれる場合もあるので、解約時にはそれを利用すると、解約コストを軽減できます。

料金から選ぶおすすめのポケット型WiFiは?

料金から選ぶおすすめのポケット型WiFiは?

ポケット型WiFiを選ぶにあたって、やはり気になるのは料金(コスト)です。誰だって料金は安い方が良いに決まっています。

とはいえ、「安かろう悪かろう」では困ります。

格安SIM・レンタルWiFiは除外

ポケット型WiFiをもっとも安く使う方法は、中古などで安く入手したポケット型WiFiに、格安SIMを差し込んで使うことです。

その方法なら、毎月1,000円、980円とかの料金でポケット型WiFiを使うことができます。

しかし、動作確認やSIMロック解除など、ある程度のITスキルがないと使えない場合もあります。今回は記事の趣旨から外れるので除外します。

また、レンタルのポケット型WiFiなら、1日500円程度で使えるサービスも存在しますが、こちらも記事の趣旨から外れるので除外します。

当サイトが選ぶ「料金から選ぶおすすめのポケット型WiFi」は、以下の3つのプロバイダです。

料金から選ぶおすすめのポケット型WiFiランキング

ランキングプロバイダ名プラン名月額料金(税込)データ月間利用量契約期間回線
1楽天モバイルRakuten UN-LIMIT VI0円~3.278円
(データ使用量ごとの段階制)
無制限(楽天回線エリア)
パートナー回線エリアでは5GB
なし楽天回線、パートナー回線
(どちらも4G LTE)
2ZEUS WiFiスタンダードプラン980円~
(キャンペーン)
20GB~100GB24ヶ月クラウドSIM
(docomo、au、SoftBank 4G LTE)
3Broad WiMAXギガ放題プラスDX(3年)プラン2,079円~
(キャンペーン)
無制限3年WiMAX2+
au 5G / 4G LTE

第1位 Rakuten Pocket 2B(楽天モバイル)

・「Rakuten UN-LIMIT VI」初めての申し込みで、Rakuten Pocket 2B本体代を「1円」で提供。また、楽天ポイントが5,000ポイント還元されます。
・料金はデータ通信の利用料で決まり、1GBまでなら0円/月で利用できます。20GB超過後は、3,280円(税込)/月となります。
・最低利用期間の設定がないので、いつでも解約できます。
・回線は無制限の使い放題です。ただし、楽天独自の回線の圏外はパートナー回線となり、毎月5GBまで(超過後は最大速度1Mbps)(※1)(※2)。
・ポケット型WiFiの回線は、楽天の独自回線、パートナー回線とも4G LTEで、下り最大速度は150Mbpsとなっています(※1)。
・ポケット型WiFiのサービスでは、5Gはまだ導入されていません。

(※1)速度制御がかかる場合があります。
(※2)記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。

楽天モバイル

第2位 ZEUS WiFi

・スタンダードプランは現在キャンペーン中で、契約月から3ヶ月の使用料金を割引中。20GBプランは通常月額2,178円(税込)ですが、3ヶ月月額980円(税込)で提供されています。
・端末は無料でレンタルできるので「0円」です。
・SIMはdocomo、au、SoftBankの3回線でいちばん繋がりやすい回線に自動接続する「クラウドSIM」を採用しています。
・データ容量はプランにより「20GB」「40GB」「100GB」から選ぶことができます。
・1日あたりのデータ制限はありません。
・海外でも使用できます。
・契約期間は2年(24ヶ月)で、それ以降はいつ解約しても解約事務手数料0円です。
・クラウドSIMで使われる回線は、いずれも4G LTEです。下り最大速度 は150Mbpsとなっています(※1)。ただし、当月のデータ通信容量を超えた場合、128kbpsの通信となります。

(※1)記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。

ZEUS WiFi

第3位 Broad WiMAX

・現在はキャンペーン中で、ギガ放題プラスDX(3年)プランは最大3ヶ月月額2,090円(税込)で利用できます(※1)。
・初期費用は通常、20,743円(税込)がかかりますが、現在Webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込み、指定オプションサービスに初回加入いただいたお客様に対して、初期費用が0円になります。
・高速モバイルインターネットのWiMAX2+を始め、au 4GLTE、au5Gの3回線を自動切り替えし、常に最適な通信環境を提供してくれます(※2)。
・回線速度は、下り最大速度2.7Gbpsを達成しています(※3)。
・データ使用量は実質無制限です(※4)。

(※1)契約時には別途、機種代金と事務手数料3,300円(税込)が必要です。
(※2)5Gは一部地域での提供となります。
(※3)接続機器使用時の通信速度は、通信環境等により異なります。下り最大速度2.7Gbpsは一部地域(5G地域)での提供となります。
本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は機器の能力に依存します。
通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。
(※4)エリア混雑状況やネットワークの継続的な高負荷などが発生した場合、状況が改善するまでの間、サービス安定提供のための速度制限を行う場合があります。

Broad WiMAX

データ容量から選ぶおすすめのポケット型WiFiは?

「いつでも、どこでもインターネットに繋げたい」という快適性を優先してポケット型WiFiを選ぶなら、データ容量は外せないポイントです。

たっぷりのデータ容量を確保していて、しかも利用料金が安いポケット型WiFiのサービスでランキングを作りました。

データ容量から選ぶおすすめのポケット型WiFiランキング

ランキングプロバイダ名プラン名月額料金(税込)データ月間容量契約期間回線
1Broad WiMAXギガ放題プラスDX(3年)プラン2,090円~
(キャンペーン)
無制限(※1)3年WiMAX2+
au 5G/4G LTE
2カシモWiMAX3年プラン初月1,408円
翌月以降4,455円
無制限(※1)3年WiMAX2+
au 5G/4G LTE
3THE Wi-Fi100GBプラン3,480円
(4ヶ月0円キャンペーンあり)
100GB(※2)24ヶ月クラウドSIM
(docomo、au、SoftBank 4G)

(※1)エリア混雑状況やネットワークの継続的な高負荷などが発生した場合、状況が改善するまでの間、サービス安定提供のための速度制限を行う場合があります。
(※2)日本時間の毎月1日の午前0時00分00秒~当月末日の午後23時59分59秒までを1ヵ月とし、1ヵ月間のデータ通信量の合計が100GBを超えた場合のみ、超過時点から最初に到来する1日の午前0時までの間、送受信速度が最大128kbpsになります。

第1位 Broad WiMAX

・現在はキャンペーン中で、ギガ放題プラスDX(3年)プランは最大3ヶ月月額2,090円(税込)で利用できます(※1)。
・初期費用は通常、20,743円(税込)がかかりますが、Webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込み、指定オプションサービスに初回加入いただいたお客様に対して、初期費用が0円になります。
・高速モバイルインターネットのWiMAX2+を始め、au 4GLTE、au5Gの3回線を自動切り替えし、常に最適な通信環境を提供してくれます(※2)。
・回線速度は、下り最大速度2.7Gbpsを達成しています(※3)。
・データ使用量は実質無制限です(※4)。

(※1)契約時には別途、機種代金と事務手数料3,300円(税込)が必要です。
(※2)5Gは一部地域での提供となります。
(※3)接続機器使用時の通信速度は、通信環境等により異なります。下り最大速度2.7Gbpsは一部地域(5G地域)での提供となります。
本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は機器の能力に依存します。
通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。
(※4)エリア混雑状況やネットワークの継続的な高負荷などが発生した場合、状況が改善するまでの間、サービス安定提供のための速度制限を行う場合があります。

Broad WiMAX

第2位 カシモWiMAX

・3年プランでは初月の月額1,408円(税込)で、翌月以降は月額4,455円(税込)の一定料金となります(※1)。
・端末は「0円」で提供されます。
・高速モバイルインターネットのWiMAX2+を始め、au 4GLTE、au5Gの3回線を自動切り替えして提供(※2)。
・回線速度は、下り最大速度2.7Gbps(※3)。
・データ使用量は実質無制限です(※4)。

(※1)契約時には別途、機種代金と事務手数料3,300円(税込)が必要です。
(※2)5Gは一部地域での提供となります。
(※3)接続機器使用時の通信速度は、通信環境等により異なります。下り最大速度2.7Gbpsは一部地域(5G地域)での提供となります。
本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は機器の能力に依存します。
通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。
(※4)エリア混雑状況やネットワークの継続的な高負荷などが発生した場合、状況が改善するまでの間、サービス安定提供のための速度制限を行う場合があります。

カシモ WiMAX

第3位 THE Wi-Fi

・「100GBプラン」では、月額基本料金3,480円が4ヶ月まで「0円」になるキャンペーンを開催中。また、登録事務手数料が1,000円割引になります。(※1)
・端末は無料でレンタルできるので「0円」です。
・SIMはdocomo、au、SoftBankの3回線でいちばん繋がりやすい回線に自動接続する「クラウドSIM」を採用しています。
・1日あたりのデータ制限はありません。
・海外でも使用できます。
・「30日無料お試し体験」を実施中です。
・契約期間は2年(24ヶ月)で、それ以降はいつ解約しても解約事務手数料0円です。
・クラウドSIMで使われる回線は、いずれも4G LTEです。下り最大速度は150Mbpsとなっています(※2)。ただし、当月のデータ通信容量を超えた場合、128kbpsの通信となります。5Gは今後の導入予定です。

(※1)別途登録事務手数料2,000円(税抜)/2,200円(税込)、ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料、オプションサービス月額料金が発生します。
(※2)記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。

THE Wi-Fi

ルーターから選ぶおすすめのポケット型WiFiは?

ポケット型WiFiの選択ポイントの一つは、WiFiの端末であるルーターの性能です。ルーターの性能次第で、使い勝手も大きく変わります。

使いやすいポケット型WiFiのルーターをランキングにしました。

ルーターから選ぶおすすめのポケット型WiFiランキング

ランキング123
機種Speed Wi-Fi 5G X11Galaxy 5G Mobile Wi-FiRakuten WiFi Pocket 2
メーカーNECプラットフォームズ株式会社Samsung不明
重さ約174g約203g約106g
対応ネットワーク・5G(※1)
・4G LTE
・WiMAX2+
・5G(※1)
・4G LTE
・WiMAX2+
・4G LTE
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
IEEE802.11a/n/ac(5GHz)
IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
IEEE802.11(b/g/n)
(2.4GHz)
バッテリー容量約4,000mAh約5,000mAh約2,520mAh
通信速度下り最大2.7Gbps(※2)下り最大2.2Gbps(※2)下り最大150Mbps(※2)
同時接続最大16台最大10台最大16台
連続待受時間約400時間約790時間約300時間
連続通話時間約490分約1,000分約10時間

(※1)5Gは一部地域での提供となります。
(※2)接続機器使用時の通信速度は、通信環境等により異なります。下り最大速度2.7Gbps、2.2Gbpsは一部地域(5G地域)での提供となります。
本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。
通信速度は機器の能力に依存します。通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。

第1位 Speed Wi-Fi 5G X11

WiMAX系列のプロバイダで取り扱っているポケット型WiFiです。

WiMAXは、高速モバイルインターネットのWiMAX2+を始め、au 4GLTE、au5Gの3回線を自動切り替えし、常に最適な通信環境を提供してくれます(※1)。

回線速度は、下り最大速度2.7Gbpsを達成しています(※2)。

WiFiは、802.11a/b/g/n/ac/axと幅広く対応しているので、どんなデバイスでも WiFiと接続できます。周波数帯は2.4GHzと5GHzの両対応なので、デバイス側で2.4GHzと5GHzを使い分けることができます。

約174gと軽量で、持ち運びに大変便利。4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、連続待受時間は490時間を達成しています。

最大同時接続台数は16台と、ガジェットを複数接続してもまったく問題ありません。

(※1)5Gは一部地域での提供となります。
(※2)接続機器使用時の通信速度は、通信環境等により異なります。下り最大速度2.7Gbpsは一部地域(5G地域)での提供となります。
本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は機器の能力に依存します。
通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。

第2位 Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

Galaxy初のポケット型WiFiで、WiMAX系列のプロバイダで取り扱っています。

5.3インチの大画面で、視認性が抜群で操作がしやすいことが特徴です。

WiMAXは、高速モバイルインターネットのWiMAX2+を始め、au 4GLTE、au5Gの3回線を自動切り替えし、常に最適な通信環境を提供してくれます(※1)。

回線速度は、下り最大速度2.2Gbpsを達成しています(※2)。

WiFiは、802.11a/b/g/n/ac/と幅広く対応。最新のaxには未対応ですが、実用には全く問題ありません。周波数帯は2.4GHzと5GHzの両対応なので、デバイス側で2.4GHzと5GHzを使い分けることができます。

約203gと軽量で、持ち運びに大変便利。5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、連続待受時間は790時間を達成しています。

最大同時接続台数は10台と、複数のガジェットを接続してもまったく問題ありません。

(※1)5Gは一部地域での提供となります。
(※2)接続機器使用時の通信速度は、通信環境等により異なります。下り最大速度2.2Gbpsは一部地域(5G地域)での提供となります。
本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は機器の能力に依存します。
通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。

第3位 Rakuten WiFi Pocket 2

楽天モバイルのポケット型WiFiで提供される端末です。

回線は、楽天の独自回線、パートナー回線とも4G LTEで、下り最大速度は150Mbpsとなっています(※1)。5Gはまだ導入されていません。

QRコードでスマートフォンと簡単接続できるなど、使い勝手に工夫がされています。

最大16台まで同時接続可能です。連続待受時間は約300時間です。

(※1)記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。

安いポケット型WiFiはBroad WiMAXがおすすめ!

料金やデータ容量、ルーター(端末)の性能など、さまざまな角度から、どんなポケット型WiFiがベストなのかを検証してきました。

検証の結果、当サイトでは、Broad WiMAXのポケット型WiFiをおすすめします。

Broad WiMAXのポケット型WiFiには、さまざまなメリットがあります。

Broad WiMAXのメリット(1) 工事が不要

ポケット型WiFi全般に言えることですが、ポケット型WiFiは、モバイル回線なので光回線と違って、引き込み工事をする必要がありません。

また、Broad WiMAXの申し込みはネットで完結し、機器が届いたその日から利用が可能です。光通信のように「申し込んでも工事待ちで時間がかかる」というタイムラグもありません。

Broad WiMAXのメリット(2) 高速回線

Broad WiMAXは、高速モバイルインターネットのWiMAX2+を始め、au 4GLTE、au5Gの3回線を自動切り替えし、常に最適な通信環境を提供してくれます(※1)。

回線速度は、下り最大速度2.7Gbpsを達成しています(Speed Wi-Fi 5G X11の場合)(※2)。

Broad WiMAXのメリット(3) 料金プランがリーズナブル

Broad WiMAXの料金プランは、ギガ放題プラスDX(3年)プラン、ギガ放題プラス(2年)プラン、そしてギガ放題プランの3プランから選べます。

現在はキャンペーン中で、ギガ放題プラスDX(3年)プランは最大3ヶ月月額2,090円(税込)で利用できます。WiMAX陣営の中でも“月額最安級”のリーズナブルさです(各通信事業者のHPで公表されているWiMAX+5Gサービス15社の月額基本料の比較において。自社調べ(2022年3月時点))。(※3)

初期費用は通常時20,743円ですが、現在はWeb割キャンペーンが適用されて「0円」となることも魅力です。

また「他社からの乗り換えキャンペーン」、「2台同時お申し込みキャンペーン」などのキャンペーンを行なっている場合もあるので、随時チェックしてみましょう。

Broad WiMAXのメリット(4) 通信速度制限の変更で、より快適な「実質無制限」に

Broad WiMAXのデータ容量は、これまで直近3日間の通信量が合計15GB以上の場合、通信速度が一律に制限されていました。

しかし、昨今のコンテンツの大容量化、リモートワーク需要等に合わせ、より快適に利用できるよう通信速度制限方法が2022年2月1日に変更されました(※4)。

コロナ禍以降、リモート授業やリモートワークの機会が多くなりましたが、速度制限を気にせずに安心してネットに接続できます。

Broad WiMAXのメリット(5) 5G対応のポケット型WiFiを選べる

Broad WiMAXでは、前項で紹介した5G(※1)対応のポケット型WiFiである「Speed Wi-Fi 5G X11」と「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」の両機種から端末を選ぶことができます。

  • より軽量で下り最大2.7Gbps(※2)の「Speed Wi-Fi 5G X11」か?
  • 大画面・大容量バッテリーの「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」」か?

どちらを選ぶかは、あなた次第です。

(※1)5Gは一部地域での提供となります。
(※2)接続機器使用時の通信速度は、通信環境等により異なります。下り最大速度2.7Gbps、2.2Gbpsは一部地域(5G地域)での提供となります。
本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、利用環境、回線の状況等により大幅に低下する場合があります。通信速度は機器の能力に依存します。
通信速度は、今後、速度低下も含め、変更になる可能性があります。
(※3)契約時には別途、機種代金と事務手数料3,300円(税込)が必要です。
(※4)エリア混雑状況やネットワークの継続的な高負荷などが発生した場合、状況が改善するまでの間、サービス安定提供のための速度制限を行う場合があります。

まとめ

小型軽量で、持ち運べばどこでもインターネットに接続できるポケット型WiFi。

料金が安いに越したことはありませんが、ただ安さだけを求めると、すぐデータが干上がったり、通信が不安定になったりと、本末転倒になりかねません。

データ通信量や速度、使い勝手の良さなど、トータルな目線で十分に吟味しましょう。

Broad WiMAX

【監修者】
坂倉 泰之(さかくら・やすゆき)

株式会社ビットリンク代表。
名古屋を拠点にエンジニアとして活躍。高い知見と旺盛な好奇心でIT業界全般に詳しい。

The following two tabs change content below.
WiMAXやスマホなどのモバイル情報を発信するBroad WiMAX通信のなかの人です。
WiMAXサービスに関して、ご不明な点があれば下記Broad WiMAX受付窓口へどうぞ
電話相談受付
オペレーターに電話で相談する
Webフォームなら24時間受付中