2015.06.17タブレット , モバイル

タブレットを購入検討している方必見!タブレット端末のメリット&デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPadの販売開始を皮切りに、タブレット端末の存在が急速に一般化しています。最近では、個人での利用だけでなく、ビジネスシーンや教育現場において活用される機会も増えました。タブレット端末を持っていない方でも、一度は手に取ったことがあるのではないでしょうか。
今回は、話題のタブレット端末のメリットとデメリットをご紹介します。特に、現在タブレットの購入を検討している方は、しっかりチェックしておきましょう

タブレット端末のメリットとは?

タブレット端末のメリットとは?タブレット端末ならではのメリットといえば、何といっても簡単に持ち運びができる点です。薄くて軽いボディはバッグにすっぽりと収まり、女性でも無理なく持ち運ぶことができます。加えて、消費電力が少ないため充電器を携帯する必要がないことも、持ち運びやすさを叶える要因の1つです。数日間充電しなくても使い続けられるタブレット端末も珍しくありません。
さらに、パソコンと違って起動が早いことも大きなメリットです。タブレット端末は、パソコンでいうところのスリープモードが基本的な状態となっているため、スイッチを押して画面をタップするだけですぐ起動できます。時間に制約がある商談などの場面でもスマートに使うことができるでしょう。
また、タッチパネルで直感的に操作できることも大きな魅力です。デジタル機器の操作に慣れていない方でも、大抵は触っているうちに使いこなせるようになります。例えばドキュメントに注釈をつける作業も、タブレット端末上ではペンと付箋を使用するかのように容易に行うことができます。

タブレット端末のデメリットとは?

タブレット端末のデメリットとは?操作面のデメリットとしては、キーボードがないため、まとまった量のテキスト入力に向かないことが挙げられます。いくら操作に慣れたとしても、ソフトウェアのキーボードはやはり、ハードウェアのキーボードの操作性には及びません。Bluetoothなどを用いてハードウェアのキーボードを使用することも可能ですが、「容易に持ち運べる」メリットが失われてしまうことは避けたいものです。
また、高度なドキュメント編集ができなかったり、一部のウェブサイトの閲覧に支障があったりと、機能性の面でもパソコンには及ばない部分があります。業務用ソフトウェアに対応していない場合も多いため、現状ではタブレット端末だけであらゆる業務をまかない切ることは現実的ではありません。
加えて、USBポートがないことにも注意利用用途を明確にして選ぶことが大切

利用用途を明確にして選ぶことが大切このように、タブレット端末はメリットもデメリットも持っています。しかし、メリットとデメリットを併せ持つ点はパソコンも同様です。状況に応じて、利用目的に合った方を選ぶことが必要だといえるでしょう。また、タブレット端末の中にもさまざまな種類があります。メーカーによって、価格や性能は異なります。購入する前に、スペックをよく確認しておきましょう。画面サイズも、机に置いて使用しやすい大きめのものから、片手で持てるものまであります。使用しやすいものを選んでください。

おわにり

タブレット端末のメリットとデメリットをご紹介しました。ただし、タブレット端末は今急速に普及しつつあり、機能性もどんどん拡張しています。今回挙げたデメリットを解消した新製品が登場する可能性も十分にあります。今後もタブレット端末の進化からは目が離せません。目的に合ったタブレット端末を購入して、ぜひ今よりさらに便利な毎日を手に入れてください

The following two tabs change content below.
Broad WiMAX通信編集部

Broad WiMAX通信編集部

WiMAXやスマホなどのモバイル情報を発信するBroad WiMAX通信のなかの人です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WiMAXサービスに関して、ご不明な点があれば下記Broad WiMAX受付窓口へどうぞ
相談受付フリーダイヤル
0120-299-963
受付時間:平日/10:00~22:00 土日祝/10:00~22:00
Webフォームなら24時間受付中